映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

皆様ご無沙汰しております。お久しぶりの旅行ブログです。時は遡りますが、ゴールデンウィークの前週香港に旅行に行ってきました。4/24に香港の沙田(シャティン)競馬場で行われた国際GⅠレース、クイーンエリザベスII世カップの観戦が目的です。22日に香港入りしましたが、かなりの蒸し暑さに驚きました。4月下旬で30度近くあり、湿度は90%!さらに驚いたのはホテルへ向かうバスから見た風景です。40~50階のマンションがたくさん建ち並びすごい迫力です。ベランダがないので窓の格子に洗濯物が掛けてありました。ガイドさんの話だと香港では地震が無く、建築物の規制が日本より緩いのと近年人口が急激に増えているので、高いマンションをどんどん建てているそうです。
香港 街並み1 香港 街並み2

ガイドさんに案内され、まずは100万ドルといわれる夜景を見に行きます。尖沙咀(チムサーチョイ)の駅から徒歩で海岸沿いに移動、対岸の香港島の超高層ビルの夜景を観賞しました。そごうやホテルなどのビルが建ち並ぶ脇を抜け進むと、いきなり眼前に夜景が現れます。写真でみるのとは違う迫力、海面に映る明かり、形容し難い美しさです。そして楽しい演出があります。毎晩20:00になると13分間、海岸沿いに音楽が流れ、音楽に合わせて対岸のビルの屋上から上空へ緑色のレーザーが発射されたり、ビルの明かりがカラフルに彩られます。
香港 夜景1 香港 夜景2
ひとしきり鑑賞した後、お次はオープントップバスに乗って移動しながら街の夜景の鑑賞です。街のネオンも綺麗ですが、お店の看板が2階のバスの席からとても近くてぶつかりそうです。しかも郊外の道は結構なスピードで飛ばすので、ジェットコースターに乗っている気分でした。
香港 オープントップバス 香港 オープントップバス 景色6 香港 オープントップバス 景色5 香港 オープントップバス 景色4

最後に女人街でバスを降りて香港の街の様子を堪能して1日目が終了します。
香港 女人街5 香港 女人街6

次回は2日目、競馬は開催していませんでしたが、ハッピーバレー競馬場を見物して、さらにフェリーに乗ってマカオに向かいます。

午後出社を利用して通勤ランならぬ通勤ハイクをしてきました。昔、二回ほど山で寝てから会社に行ったことがあるんですが(明神山御前山です)お風呂が問題になりますよね。頭洗えないのは気持ち悪いです。

でも、ありました!温泉入って山で寝てから出社できる場所がありました!東京都最高峰である雲取山のお膝元にある「三条の湯」です。標高1,103mにある良質天然温泉の山小屋です。

それではアクセスから。いろんな行き方がありますが今回は歩く時間が短い楽なコースをご紹介します。JR奥多摩駅前から丹波行きのバスに乗り、終点の丹波で下車します。ちょうどお昼ごろに着いたのでまずはバス停近くの食事処で腹ごしらえ。

丹波バス停 食事
うどんと肉豆腐がいい味出してました。

三条の湯 登山口
今回はこんな格好で歩いてきました。会社でも家でも毎日履いているアクシーズクインのパンツが調子良いです。色違いも買っちゃいました。

1日目の地図上のコースタイムは3時間50分です。サオラ峠までが登りでけっこうしんどいです。それ以降は高低差の少ない道でした。

三条の湯 三条の湯 三条の湯

三条の湯 三条の湯 三条の湯
霧が出てきて幻想的な道を歩いていきます。期待がどんどん膨らんでいきます。

三条の湯
着きました!三条の湯です。山の中に佇む姿が美しいです。

ファイントラック ツエルト
まずは受付(1人900円)をして寝床の確保です。テン場は小屋から下ったとこにある川沿いにあります。風呂上りに飲むための缶ビールを冷やしておきます。

そして念願の温泉へ。
三条の湯
今日は男性しかいないのでずっと男湯です。普段は時間制だそうです。夜の20時半まで入りたい放題です。トロトロのお湯に身も心もほぐれていきます。「あぁ、明日会社行きたくないなぁ」と心の声が聞こえます(笑)。

お風呂でさっぱりした後は小屋の食堂で夕飯です。
三条の湯 食堂 三条の湯 食堂 三条の湯 食堂
鹿肉の燻製とカレーを注文しました。お会計は900円です。山小屋なのにすごく安い。そして味はどちらとも素晴らしかったです!

翌朝は4時に目が覚めました。6時に出発すれば間に合うのでのんびりします。
IMG_1766 三条の湯 テン場
アルコールストーブでお湯を沸かして目覚めのほうじ茶。自家製タイベックパンツは保温性抜群。超軽量なので荷物には必ずしのばせてます。

お祭りのバス停まで下山します。コースタイムは2時間45分です。ほとんどが車も通れる林道でした。そこから奥多摩駅までバスです。奥多摩駅に着いたら早朝から日帰り入浴ができる(僕は電話で連絡して特別に入浴させていただきました)玉翠荘に向かいます。

奥多摩 玉翠荘 奥多摩 玉翠荘
料金は750円。ドバドバとお湯が出る浴槽で気持ち良かったです。

あとは電車に乗って出社するだけです。
通勤ハイク
無事に会社に到着しましたー。

1日休みがあるだけで山で遊ぶことができます。毎日暑いですが、みなさまも良い夏をお過ごしください。

荒川ほどランニングに適した場所は他にあるでしょうか?広くて平らで人がいない、水道があるので水分補給もできてしまう。
事実、荒川ではたくさんマラソン大会が開催されています。僕も通勤ランのときは荒川を走ってきてます。そんな荒川上流に温泉があるのを発見したので、二回に分けて走ってみました。

荒川ランニングコース_川
スタート地点は赤羽と川口の間にかかる新荒川大橋としました。ここへのアクセスは赤羽駅、川口駅から共に歩いて15分ぐらいです。※写真はこれから走る上流の方を撮影しています。

まずは右岸(下流の方を見て右側)から。
荒川ランニングコース7 荒川ランニングコース4 荒川ランニングコース6 荒川ランニングコース5
とにかく平らなロードが続くのが特徴です。延々と続きます。途中から田んぼが現れ田園風景に癒されます。

川越はつかりおんせん
右岸のゴールは「小江戸はつかり温泉」です。

つづいて左岸の紹介です。
荒川ランニングコース 荒川ランニングコース2 荒川ランニングコース8 荒川ランニングコース3
こちらはオフロードありの変化に富んだコースです。途中、秋ヶ瀬公園を通ります。

大宮湯けむり横丁2
左岸のゴールは「湯けむり横丁おおみや」です。

汗をたっぷりかいた後の温泉は最高です。是非みなさんも走ってみてください!

紙おむつを使うのが当たり前の昨今、我が家では布おむつを使用して幼い息子を育てています。紙も布も両方使ってみた感想をまとめてみました。

紙おむつの【メリット】
1.ごみ箱に捨てれるので、外出時に交換するとき楽。
2.吸水率が良いので、数回分の使用に耐えれる。
⇒寝るとき、公共交通機関を使っての外出時は使用しています。

紙おむつの【デメリット】
1.ごみが大量に出る。
2.お金がかかる。
3.無くなったとき買いに行くのが手間。
⇒びっくりするぐらいのゴミが毎日出ました。

布おむつの【メリット】
1.経済的。
2.通気性が良い。
3.おむつ離れが早い(紙おむつに比べて格段に不快なためです)
⇒紙おむつ使用時のおむつかぶれが一発で治りました。最近は便意を教えてくれるのでオマルで用を足すことも多いです。

布おむつの【デメリット】
1.就寝時、朝まで変えないと漏れて大惨事に。
2.旅行などには不向き。
3.洗濯して干す手間がある。
⇒洗濯はやってみると意外に楽です。重曹水をいれたバケツにつけおきしておけば臭いも汚れもスッキリ取れます。そのまま大人の衣類と一緒に洗濯してOKです。

少しでも「布おむつ」に興味がある人は是非試してみてください。昔の人はみんなそうだったし、別段難しいこともありません。

前置きが長くなりましたけど、布おむつカバーについてです。
布おむつはいろんな素材や柄のおむつカバーが売っています。市販のものを選ぶ楽しさもありますが、自分で好みのものを作る楽しさもあります。まず、おむつカバーで重要としたことは「すぐに乾くこと」「蒸れないこと」「漏れないこと」です。

布おむつ自作
用意したのは着古したパタゴニアの化繊速乾Tシャツ。

布おむつ自作
蒸れと漏れに関しては透湿防水性のあるソフトタイベックをインナーに使用しました。

布おむつ自作
縫っていきます。

布おむつ自作 布おむつ自作
背中と足回りにギャザーを縫込み、びりびりテープを付けて完成です。

布おむつ自作
実際に履かせてみました。息子も大満足です。

寒い冬もとっくに過ぎて、気が付けば梅雨入りしていました。冬に活躍したダウンを洗濯しました。クリーニングとかに出すよりもきれいに、フカフカになるので僕はいつも家で洗っています。用意するのはダウン専用の洗剤とテニスボール。それでは説明していきます。

今回洗うのはダウンジャケット、ダウンベスト、ダウンパンツの3点。皮脂汚れがけっこうついていますね。襟首や袖はかなり汚れが目立つし臭います。

ダウン_洗濯_ニクワックス01
お風呂にお湯を入れて、一着につきふた一杯分の洗剤を入れます。

ダウン_洗濯_ニクワックス02
よくかき混ぜてください。

ダウン_洗濯_ニクワックス03
それではダウンを入れていきます。浮いてしまうので足や手を使って沈めてよく洗ってください。

ダウン_洗濯_ニクワックス04
最低二回はすすぎます。すすぎは大事です。とことんやってください。

気が済むまですすいだらネットに入れて洗濯機で脱水します。その後、近所のコインランドリーで乾燥機にテニスボールと一緒に投入。テニスボールがぶつかって中の羽毛がほぐれます。一着につき最低10分は必要です。今回は余裕をもって40分やりました。

最後に裏返してベランダで天日干し。これですべての工程が終わりです。半日あれば余裕でできます。

ダウン_洗濯_ニクワックス05
出来上がりは以前よりもフカフカモコモコの仕上がりで大満足です。今度の冬にも活躍してもらいましょう!