映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

息子も1歳過ぎて、よちよち歩くようになったのでハイキングにでも行ってみようと思ってる今日この頃です。背負子を買おうと思い立ったのですが、さてどれを買ったらよいのやら。そこで、さかいやスポーツ、エルブレス、好日山荘などでいろいろ背負ってきました。比べた点は以下です。

1、バック自体の重さ。
やはり軽いものが良いですよね。子供を乗せるとたださえ重くなるので。

2、バックの容量。
基本は日帰りの荷物が入ればよいかなと。いつかテント泊もしたいものですが。

3、耐荷重。
何歳まで乗るか正直分らないです。いつになったら自分の足で歩いてくれるのか。

他にもサンルーフが内蔵なのか別売りなのかとか、色や値段など見るべきところを見てきました。それでは候補に挙がったものを見ていきましょう。




①オスプレー POCO AG PLUS

重さ3.48キロ、容量26リットル、耐荷重22キロ
候補の中で一番重たくて、一番荷物も積めます。

-

オスプレー POCO AG

重さ3.13キロ、容量20リットル、耐荷重22キロ
いきなり本命に出会った感じがしました。サンルーフ内蔵なのも嬉しい。

-

ドイター Kid Comfort2

重さ3.25キロ、容量16リットル、耐荷重22キロ
ポコに比べると容量が少ないですね。背面がフカフカで背負い心地は良いです。

-

ファウデ Shuttle Comfort

重さ3.13キロ、容量25リットル、耐荷重22キロ
ポコと同じ重さで容量がこちらの方が多いです。サンルーフが別売りなのが残念。

-

ファウデ Shuttle Base

重さ2.56キロ、容量20リットル、耐荷重22キロ
ポコと同じ容量で本体重量が2キロ台。これはとても良いです!

-

マックパック Possum

重さ3.38キロ、容量13リットル、耐荷重約20キロ
容量が少ないですね。クッションに絵が書いてあって遊び心がナイスです。

-

スーリー Sapling

重さ3.3キロ、容量13リットル、耐荷重22キロ
とても洒落てます。自立させる足が他と違いました。少し安定が悪かったです。

-

モンベル ベビーキャリア

重さ2.24キロ、容量16リットル、耐荷重16キロ
候補の中で最軽量です。その分作りも簡易的な感じです。耐荷重も一番少ない。




いかがでしたでしょうか?

どこに重きを置くかは人それぞれなので難しいですね。用途によってベストな選択が変わっていきそうです。荷物をたくさん入れたければ「オスプレー・ポコ・プラス」や「ファウデ・シャトル・コンフォート」だし、軽く歩きたいなら「モンベル・ベビーキャリア」という選択になるのでしょう。

私はどれを買うべきか、、、、次回に続く。


「インディ・ジョーンズ」(三部作)1981年~1989年
監督:スティーヴン・スピルバーグ 主演:ハリソン・フォード
みんな大好きインディ・ジョーンズ。回を重ねるごとに面白くなります。




「トッツィー」1982年
監督:シドニー・ポラック 主演:ダスティン・ホフマン
ダスティン・ホフマンが本物の女性に見えてくるから不思議です。




「愛と追憶の日々」1983年
監督:ジェームズ・L・ブルックス 主演:シャーリー・マクレーン
人間ドラマのすべてが詰まっています。良い映画の代名詞では。




「バック・トゥ・ザ・フューチャー」1985年
監督:ロバート・ゼメキス 主演:マイケル・J・フォックス
いつかこんな世界が来るのでしょうか。とても夢のある映画です。




「月の輝く夜に」1987年
監督:ノーマン・ジュイソン 主演:シェール
ニコラス・ケイジがとぼけた演技で光ります。これこそ隠れた名作。




「フルメタル・ジャケット」1987年
監督:スタンリー・キューブリック 主演:マシュー・モディーン
前半のしごきがすごいです。戦場に行くまえから壮絶な戦争映画の傑作。




「フィールド・オブ・ドリームス」1989年
監督:フィル・アルデン・ロビンソン 主演:ケビン・コスナー
心の名作ベストワン。高校のときボストンの球場まで行きました。




「ドゥ・ザ・ライト・シング」1989年
監督:スパイク・リー 主演:スパイク・リー
スパイク・リーの最高傑作。これを見ずして何を見ますか。




「恋人たちの予感」1989年
監督:ロブ・ライナー 主演:メグ・ライアン
ラブコメのはしりです。男女の友情は永遠のテーマですね。




「7月4日に生まれて」1989年
監督:オリバー・ストーン 主演:トム・クルーズ
本作でトム・クルーズにアカデミー主演男優賞をあげるべきでした。

ビズバレー周辺には美味しいカレー屋さんがたくさんあります。私はカレーといえばナンという感覚の持ち主なので、インドカレーと言えばあのドロッと濃厚なものを思い浮かべます。

インドカレーでも北と南で全く違うことを最近知りました。北はドロッとしており、こってり・まったり。南はサラサラで、シャープな辛さです。北は乾燥しているので小麦栽培に適し、南は水が豊かなのでお米の生育に好都合。そうすると北はナン・南はライスになるんですね。


今回ご紹介するのは雑誌「dancyu」2017年6月号に載っていたお店です。すごい面白い特集なのでカレー好きの方は是非読んでみてください。カレー関係ないですが、東十条の「埼玉屋」って店もすごく気になります!あと、目次のイラストは版画家の保立葉菜が担当してます。詳しくは紙面をご覧ください。話が脱線しましたが、カレーに戻ります。それではお店のご紹介。


「桃の実 水道橋店」
千代田区三崎町1-1-14 三崎町大島ビル1F

 
外観とランチメニューです。

チキンカレーを注文しました。ルーはサラサラです。普段食べないジャンルなのでとても新鮮でした。スパイスが効いていてとても美味しかったです。


「ビストロべっぴん舍」
千代田区神田小川町3-10-1 駿台ビル 2F


外観とメニューです。

エビカレー(辛さ3)を注文しました。こちらのルーもサラサラです。パクチー好きなのでたまりません。辛さ3でも結構辛かったですー(汗)

今回食べてみて思ったのは「いつもより胃もたれしなかったなぁ」ということです。北インド料理は油・バターを盛大に使うので、同じ量を食べても南インド料理の方が胃への負担は少ないそうですよ。あと、日本には圧倒的に「北インド系料理店」の方が多いらしいです。知らなかったです。インドカレー奥が深そうです。

その名も「バテレ」です。雲取山からここを目指して下りてきました。

場所は奥多摩駅前です。

路地を入っていきます。


ありました。とても趣のある古民家です。


入口です。靴を脱ぎそうになりますがそのままで大丈夫でした。


外光が入る店内はとても雰囲気が良いです。お庭にも出れます。


メニューです。どれも美味しそうで迷ってしまいます。


それではいただきます!

普段飲んでる缶ビールとは別もんです。とても癖があってハマっちゃいそうです。ちなみに食事のメニューもあります。お昼を食べてから行ったので食べれませんでしたが、次回は食事込みで楽しみたいと思います。

もしも奥多摩方面にトレランやハイキングに出かける方は立ち寄ってみてください。

みなさまゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?私はお休みの間にビズバレー映像制作部の先輩であり、トレイルランナーの橋本さんと雲取山に行ってきました。今回はその1泊2日の道中について書きます。

待ち合わせは西武秩父駅です。三峰神社までバスで行くのですが、さすがゴールデンウィーク!行列でした。結果バスは2台出ましたが、それでも乗り切れない人は次のバスに乗ることとなりました。ちなみにこの三峰神社は毎月1日白いお守りを販売することで有名ですよね。1日はそのお守りを求める人たちで壊滅的な渋滞が起こるそうです。


苔むした雰囲気の登山道です。残雪も少し見られました。


何事もなく頂上です。2017年の今年に合わせてできた石碑があります。思っていたより小さかったです。


今回使用したバックパックです。左が橋本さんのOMM クラシック25、右が私のGRANITE GEAR ヴァーガ26です。荷物の軽量化に伴い、バックパックも20リットル台の小さなものでも1泊2日のテント泊に対応できるようになりました。


遠くに本日の寝場所奥多摩小屋のテントが見えます。


到着後にさっそく缶ビールを飲んでいる橋本さん。燃え尽きたようです。いろいろなテントがあって興味深かったです。白いやつはSix Moon Designsだったような気がします。良さそうでした。


橋本さんのテントはモンベルのU.L.ドームシェルター1型です。自立式は風に強くて安心です。僕のツェルトは強風により倒壊しました(涙)


日が暮れる間に夕飯を済ませます。疲れた体にビールが沁みます。


夜は月が明るくて、星もきれいに見えました。次の日に備えて早めの就寝です。夜は風がとても強かったです。


翌朝も快晴。カップ片手に画になる男です。


奥多摩駅まではなかなかハードな道のりでした。途中で失道してしまい、林道を延々と歩きました。あれはなかなかつらい経験でした。途中から雨も降ってきました。温泉で汗を流した頃には雨も止んだので、〆のビールを飲みに行きます。次回は美味しいクラフトビールが飲めるお店のご紹介です。