映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

前回のピアノ編に引き続き、今回はサックス編になります。

サックスと一言にいっても9種類もあるので、今回はアルトとテナーでまとめてみました。


ソニー・ロリンズ "Saxophone Colossus"
今もなを存命する最後のジャズジャイアントではないでしょうか。1曲目の"St. Thomas"はいつまでも耳に残るド定番です。




アート・ペッパー "Art Pepper Meets The Rhythm Section"
ウエスト・コースト・ジャズの中心的人物として活躍しました。日本人の耳にも馴染みやすい音です。




ユセフ・ラティーフ "Eastern Sounds"
キューブリック監督の『スパルタカス』でお馴染みの「スパルタカス 愛のテーマ」という曲が有名ですよね。




スタン・ゲッツ "Stan Getz Plays"
白人テナーの王様であり、ジャズ界におけるボサノヴァ奏者の第一人者でもあります。テナージャズ入門編に最適。




ジョン・コルトレーン "Ballads"
コルトレーンらしくないのが好きです。まさにバラード。ゆったりとした音色が最高です。ピアノがマッコイ・タイナーなのも嬉しいです




キャノンボール・アダレイ "Somethin' Else"
ジャケットが素晴らしいですよね~、そして面子も豪華です。「枯葉」をジャズの世界に持ってきた一枚として有名です。

次回はトランペット編です。ご期待ください~。