映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

旅行2日目、いよいよメインの雪の大谷へ。雪の大谷は長野と富山を結ぶ北アルプスの観光コース、立山黒部アルペンルートの室堂という場所にあります。まずは友人の車で立山駅まで行きケーブルカーに乗ります。立山駅は山に囲まれたのどかな駅で、周辺の景色はほぼ緑一色。ただ当日は日曜日のせいか駅の回りは人で溢れ、賑やかでした。

ケーブルカーで美女平の駅で乗り換えバスで山道を登っていくと、だんだん道にも雪が見られ、頂上付近では、写真で見たような真っ白な雪の壁が続き、その間をバスが走っていきます。景色を楽しみつつ、バスに揺られて50分、室堂に到着。

バスを降りるとあたりだだっ広い平面があり、雪景色が広がっていました。その向こうには前日水族館の屋上から眺めた雪を被った山々が目の前に迫り、すごい迫力です。


山と逆側は、積もった雪を切り開いた道がたくさんあり、道を作るため雪を掘るとその回りが雪の壁になります。その壁は最大20m、私が訪れた時期はシーズンぎりぎりでしたが高さは14mほど。バスの窓からは気付きませんでしたが、こちらもすごい迫力です。壁の前にはたくさんの人が写真を撮ったり、見上げたり、雪の壁に字を掘ったりしていました。壁の高さに圧倒されつつしばらく道をたどります。

ホテルからここまで待ち時間も入れると、3時間以上かかりましたが、その時間を忘れさせる絶景でした。ここで今後雪の大谷を訪れる方にアドバイスです。この雪の大谷、サングラスが必須です。雪でとても眩しく、目を開けていられませんでした。さらに5月や6月だと上着はいらないと思います。歩き回るので逆に邪魔になってしまいます。

この雪の大谷行くのに苦労するだけあって、かなりおススメの観光スポットです。旅行で富山県もしくは長野県北部に行かれる方は是非ご一考下さい。