映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

HTTP Live Streaming は、特別なサーバーアプリケーションを必要とせず、MIME設定を行えば簡単に配信できることを、HTTP Live Streaming 動画配信のやり方 (実践)で、説明しましたが、そのとき、Webサーバーは、Apacheをベースにしていたので、今回は、Windows ServerのIISから配信を試してみようと思います。

とはいっても、MIME設定するだけです。

サーバーを用意する
Windows Serverは、AmazonEC2のクラウドを利用しました。数時間程度の利用なら数百円程度で高スペックなサーバーを利用できるので、とても便利です。

20130210-05
IISでMIMEを設定する
IISは、インストール済みであることを前提として、MIMEの設定を追加します。サーバーマネージャーから、Webサイトの設定を行います。いくつか設定項目がある中から「MIMEの種類」を選択します。

20130210-01

MIMEタイプを追加する
「追加」を選択すると、種類を追加することができます。

20130210-02

ここで、下記2つを追加します。

ファイルの拡張子 .m3u8
MIMEの種類 application/x-mpegURL

ファイルの拡張子 .ts
MIMEの種類 video/MP2T

20130210-03

これで設定は完了です、あらかじめ動画用意すると、このような感じで再生できます。



サーバー側のネットワーク負荷をみると、常に負荷が掛かっている訳でなく、断面化された動画のセグメントファイルを、定期的に送信しているように見えます。このあたり、プログレッシブダウンロードと比べてみると面白いかもしれません。

20130210-04