映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

今回は、Flashで古典的なプログレッシブダウンロードストリーミングについて見てみようと思います。

Webサーバーに動画を置いて、再生する場合、通常プログレッシブダウンロードの形式になります。これは、ブラウザのキャッシュ内に動画データをダウンロードしながら再生を行います。それ以前の方式では、全部ダウンロードしきってから再生をしていたため、なかなか再生されないということがありました。

プログレッシブダウンロードで肝となるのが、通信ダウンロードの速度ですが、遅い場合、映像再生がダウンロードに追いついてしまい、止まりがちになります。また、ダウンロードされていない映像位置にシーク移動することはできないため、長尺の映像はどちらかというと不向きです。

ここではまず、FLV動画を再生して、どのくらいの通信速度でデータをダウンロードしているか見てみましょう。映像のビットレートは、1Mでエンコードしてあります。



試した環境では、平均して3.5Mbpsの速度がでており、瞬間的に10Mbpsを超えていることもあります。別のところでは、平均40Mbpsも速度がでました。

今度はMP4の動画を見てみましょう。



再生ボタンを押しても、動画はスタートしませんでした。ただ、ネットワーク上の通信はFLVのときと同様に、ダウンロードが進んでいることがわかります。これはなぜでしょうか?

原因は、FAST STARTが機能していないため起きた現象です。
FAST STARTとは、すべての動画データをダウンロードしなくても、動画を再生することができる機能のことで、MP4のエンコードは、エンコーダーによって、FAST STARTの設定があり、オンオフの設定ができます。この場合は、オフでエンコードしたため、すぐにスタートしませんでした。


これをオンにして、もう一度エンコードすると、ダウンロードしながら再生をすることができます。Adobe Media Encoderなど、エンコーダーの種類によって、元からFAST STARTはオンで設定自体ないものもあります。



今回の要点は、

  • 古典的なプログレッシブダウンロードストリーミングは、ブラウザのキャッシュ内(メモリorHDD)に動画データをダウンロードします。
  • ダウンロードされていない映像位置にシーク移動することはできません。
  • クライアント、サーバー側の通信帯域を、全力に使い映像をダウンロードします。エンコードビットレートを1Mbpsにしたからといって、1Mbpsを上限に通信するわけではありません。
  • ダウンロードが進んでいても、映像が始まらない場合、FAST STARTの設定を確認する。