映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

アウトドアシーズン到来ですね。今回は「キャンプしてみたい。テントで寝てみたい」という人に向けた記事です。ギアを揃えるところから、実際のテント泊までを細かく丁寧にフォローしていきたいと思います。それでは、はじまりはじまり。

まずはテントを買うところから始めてみましょう。円安傾向で海外通販のお得感は薄れてきましたが、それでも日本で買うより安いと思うので今回は海外通販を使ってみることにします。選んだサイトは400ドル以上で日本への送料無料のCAMPSAVERです。
CAMPSAVER
まずはじめに決めなければいけないことは「どこで使うか」「誰と使うか」です。背負って行って山で使うか、車で行ってキャンプ場で使うか、一人で使うか、ファミリーで使うか。これはすごく重要になります。テントは併用するのがなかなか難しいので、用途ごとに買うのが無難です。

それではまず「車で行ってキャンプ場に張る場合」から考えてみましょう。これはもう正直なところ何でも大丈夫です。ドンキホーテやホームセンターで売っている5000円そこそこのものでも十分楽しめます。ですが、海外ブランドの素敵なテントが欲しいという人もいますから、参考程度に紹介します。
夏場のキャンプなどで使う場合(とくに大人の男性のみの場合)は狭いとすごく暑いので、収容人数引く1が快適な目安だと考えてください。女性や、子供なら収容人数そのままで大丈夫です。

おすすめはKELTY "Salida 4"です。総重量は3.26キロとけっこう重いですが、2人用のテントが2キロ前後だと考えれば納得の数値かと。そしてお財布にも優しい。定価は220ドルです。フロア面積は254cm×203cmです。これで公称4人用ですが、男性4人は正直きついです。3人用と考えてください。ちいさいお子さん2人の4人家族とかならちょうど良いかもしれませんが。高さは145cmありますので閉塞感はそんなに感じません。
僕が実際に使用した感想として、プラス点は設営がとても楽だということ。ポールを四つ角に止め交差させてフックで吊り下げる、その上にフライシートを被せてペグダウンして完成。初めての方でも簡単にできると思います。マイナス点は前室(テントの土間にあたる部分。ここに靴やらサンダルなどを置ける)がとても狭いです。ここで煮炊きするのは難しいと思います。
KELTY

カップルで使うならMOUNTAIN HARDWEAR "LightWedge 3"なんていかがでしょう。フロア面積は244cm×188cmで3人用ですが、ゆったりとキャンプを楽しむなら2人用と考えてください。高さは119 cmで、広い前室がついています。これは便利そうですね。定価は285ドルです。
MHW
詳しい設営方法はこちら


今回はキャンプ用のテントを買うことから始めてみましたが、まだまだ必要なものがあります。それはまた来週に。
でもアウトドアってほんとにお金かかりますね。ビズバレーのある神保町にはアウトドアショップがたくさん軒を連ねています。なのでついつい衝動買いをしてしまいます。困ったものです(笑)。みなさんも冷やかしがてらお店でテントを手に取って実際に広げて見てみるのもいいかもしれませんね。