映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

こんにちは、田口です、今回はNikon D610にWifi機能を付けて試してみようと思います。D610は、基本スペックは高いのですが、D5300やCanon EOS 6Dに付いているようなwifi機能は標準で付いていません。

個人的には、なくても構わない機能ですが、リアルタイムにスマホやiPadに画像ファイルを転送して確認できるんでは?と思いつつ、ちょっと購入して試してみました。今までは、SDカードを取り出してiPadにApple iPad Camera Connection Kitを繋げて画像を取り込んでいました。

20140119-02
ワイヤレスモバイルアダプター WU-1b

取り付けると、このような感じになります。
20140119-01

Androidから使うには、クライアントアプリをダウンロードして、wifi設定を開くと、Nikon_WUの表示がでてきます。
20140119-06
20141901-00
接続フリーになってますが、認証をかける事もできます。

さて、ここで準備が整いましたので、まずアプリを立ち上げると、写真を撮るか・見るかで選ぶことができます。撮るの方を選びます。
20140119-05

そうするとカメラのファインダー越しから見えるものが、スマホ画面に映りだします。この機能でちょっと面白いのが、スマホの画面からフォーカスを当てる箇所をタップすると、そのポイントにピントを合わせることができます。
20140119-07

そしてスマホからシャッターを切ると遠隔でカメラが動作して、スマホにサムネイル画像が転送されます。(約10~15秒)
20140119-08

スマホ内で画像をみてみる。
20140119-09

カメラ内のSDカードに入っている画像も表示することができますが、表示はサムネイルサイズと簡易的(推奨サイズ/640x480サイズ)なため画質は良くないです、きちんと取り込むには、画像を選択して取り込みボタンを押す必要があります。iPadでは、アプリケーションがiPadに最適化されておらず、iphone用のアプリをダウンロードして利用することなります。
20140119-10
iPadで表示してみる、残念・・・。

ちなみにMacからwifi接続できるかと試してみましたが、案の定できず。そして、オリジナルサイズの画像の取り込むこともできますが、リアルタイムに取り込みはできず、選択して取り込むというスタイルです。ちょいちょいwifiの接続が切れることもあり、iPadでオリジナルサイズで確認する場合、Apple iPad Camera Connectionとどちらが良いかと言えば、一枚ちょっと取り込むならwifi接続、まとめて取り込むならCamera Connectionという感じでしょうか。