映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

今回は、プログレッシブダウンロードのキャッシュについて考えてみようと思います。

プログレッシブダウンロードは、1つの動画ファイルをダウンロードしながら再生を行いますが、PC内に一時的にファイルを保存する(キャッシュファイル)としてファイルを残すことがあります。配信する立場からすると、キャッシュに溜まることでサーバー側の配信負荷を下げられるメリットがありますが、一方でそこからコピーされるのではないか?という不安も残ります。

ビデオカメラでパソコンモニタ画面を直接撮影されてしまえば、そもそも防ぎようがありませんが、再生可能なオリジナル動画をコピーされること、そして第三者から容易にWeb上の動画にアクセスされることは、未然に防ぎたいところです。

そこで今回は、まずブラウザキャッシュについて調べてみます。
調べたいことは2つ。
・ ブラウザキャッシュされるファイル形式
・ キャッシュされるファイルサイズに差があるのかどうか
 ※ 全体のキャッシュサイズでなく、ファイル単位の上限

20140125-0
Flash Media Playback Setup のサイトで検証してみました。

まず、3種類のファイル形式(MP4、FLV、F4V)をターゲットにして検証したところ、意外なことにキャッシュされないファイル形式があり、MP4形式はSafari以外はキャッシュされず、FLV、F4V形式はファイルサイズの違いによりキャッシュされました。

○ キャッシュされる
× キャッシュされない

Windows7
ファイル形式 Internet Explorer 10 Chrome 32 Firefox 26
MP4 × × ×
F4V
FLV

OS X 10.8.5
ファイル形式 Safari 6.1.1 Chrome 32 Firefox 26
MP4 × ×
F4V
FLV

つぎに、キャッシュ化される上限のファイルサイズを調べました。

キャッシュ化される上限
ファイル形式 Internet Explorer 10 Chrome 32 Firefox 26 Safari 6.1.1
Windows7 制限なし 約26M 約43M -
OS X 10.8.5 - 約39M 約50M 約9M

なかなか中途半端なサイズになりました。もしかしたらOSやブラウザのバージョンなど環境により変わってくるかもしれませんので「違いがある」という程度に留めたほうが良いかも知れません。IEは450MB程度のサイズがキャッシュされたことで制限なしと判断しました。ただしインターネット一時ファイルの指定が最大1024MBのため、完全に無制限という訳ではありません。

次回は、このことを踏まえて、キャッシュさせないように制御をしてみようと思います。

関連記事
FLV、MP4をFlash使いプログレッシブで再生するときの要点