映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

こんにちは、田口です、今回はスマートフォンのiOS、Androidアプリを作るにあたって、どのような開発言語があるのかを見てみようと思います。
まず、それぞれの純正の開発言語は、次のようになります。

ベンダー OS言語
Apple iOSObjective-C
Apple iOSSwift
Google AndroidJava
※6/9 追記 Swiftを追加

書店にいくと溢れるほど、書籍が出回っていますよね。言語選択で一番に思いつくところです。
ただし「とはいっても・・」という条件が付くことで、さまざまな開発言語がほかにもあります。
理由としては、
「iOS、Androidの異なるプラットフォームであっても開発言語を1つにして楽をしたい」
「既に習得している言語で作れるなら、それを使いたい」
といったところでしょうか。
では、ほかにどのようなものがあるのか、いくつかピックアップしてみると。

ベンダー 名称 OS 言語
Adobe PhoneGap iOS/Android

HTML5、JavaScript

Adobe Flash iOS/Android ActionScript
エンバカデロ・テクノロジーズ C++Builder iOS/Android C++
エンバカデロ・テクノロジーズ Delphi iOS/Android Delphi
Trillian Mobile AB RoboVM iOS Java
Xamarin Xamarin iOS/Android C#、.NET
Appcelerator Titanium Mobile iOS/Android JavaScript
Sencha Sencha Touch iOS/Android HTML5、JavaScript

さらに知っておきたいことは、Delphi、RoboVMなどはネイティブコードにコンパイルされます。しかし、Flashでは、iOSはネイティブにコンパイルされますが、Androidではアプリケーションに埋め込まれたFlashのVM上で動作します。そして、PhoneGap、Senchaはアプリケーションに埋め込まれたブラウザ上で動作するものです。それぞれ、スマートフォン独自の機能を使うことができるようですが、完全ではないため一長一短があると見て良いでしょう。