映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

映像制作スタッフの高橋です。

前回に引き続き、
「MotionMonkey」を使ってみたときのことを覚書したいと思います。

基本的には、この「MotionMonkey」を使うと、
ランダム(初期)設定でいい感じのアニメーションになるのですが、
(初期設定から)細かく設定を変えることにより表現の幅が広がります。

ただ、設定画面の言語が英語のため、ちょっと、とっつきにくい一面もありました。

今回は、個人的にパッと見で、わからなかった項目設定を抜粋し、
適用すればどのような効果が得られるのか覚書したいと思います。

まず「Spin」項目の「CW」と「CCW」ですが、
「CW」はオブジェクト(レイヤー)を時計回り(英: clockwise)させることができ、
「CCW」はオブジェクト(レイヤー)を反時計回り(英: counterclockwise)させることができました。
CW CCW

つぎに「interpolation」ですが、
補間法という意味で、出発点から終止点の間をどのようにアニメーションさせるかを設定できます。

以下の動画は、画面上から中央に「BizValley」というテキストレイヤーが
スライドするアニメーションに「interpolation」の各設定項目を適用してみました。


いかがでしょうか?
文字で説明するのは非常に難しいのですが、

「EZ GO」は、出発点の速度はゆっくりで、
ある一定時間過ぎると等速するアニメーションができました。

「EZ STOP」は、アニメーションの終止点付近になると、
速度がゆっくりにすることができました。

「inertia」は、和訳すると 慣性,惰性,惰力という意味なのですが、
これも文字通り終止点を一回通り過ぎて、惰性でもどるイメージでしょうか。

「Bounce」は、終止点で「BizValley」のレイヤーをバウンドすることができました。

「Spring」は、バネで「BizValley」のレイヤーを「ビヨ~ン」と吊っているような
アニメーションをすることができました。

今回はこれにて、失礼します。