映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

こんにちは、田口です、先日、一眼レフカメラを持ち井の頭自然文化園に行き、リスの写真を撮ってきましたので、またご紹介したいと思います。ここには「リスの小径」という木々や小川が流れる中にリスが自由に放された空間があり、その中の小道を楽しむことができます。

今回は、天気も良く、木々や足元を走り回るリスが多く、写真を撮るのは大変ですが、じっとした瞬間を狙い撮っていきます。小径は比較的小さなところですが、1時間ぐらい居たでしょうか。

20140915-2
少しピンボケ気味ですがカリカリにするよりは良いかもしれません

木の上にいるリスを撮るには、300mmの望遠レンズでも、十分に近寄れないことがあります。ニコンのフルサイズカメラ(FX)の場合DXモードというAPS-Cカメラと同じような見栄えにトリミングする機能があります。こうすることで、解像度は落ちますが300mmのレンズでも実質450mm相当の画にすることができます。とはいっても、トリミングしているだけですから、Lightroomで後処理でトリミングをするのも一手でしょう。撮影後PCで後処理する時間があればトリミングのほうが、いいかもしれません。

写真を撮るときは、構図と、被写体の位置、背景を気にしながら撮ります。被写体のリスのピントを合わせるときは「目」に合わせていきます。人物のポートレートでも同じですね。そして小動物の場合は、特に下からの見上げるような構図は、かわいく見える生きた写真が撮れます。

20140915-1 20140915-3 20140915-4
瞳に映る光景がいい感じです。