映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

私は、普段 仕事ではコンタクトレンズを付けていますが、自宅や近所に出るときは、いつもメガネを掛けています。最近、ふともう一つメガネが欲しいと、そして、ちょうど良いと思い、PC用に加工されたメガネを作ってもらいました。PC用メガネは、目が疲れにくいそうで、実際、掛けてみると目につき刺さるようなモニタの光が、緩和されます。ただ、レンズに「色」が付いていたので、そう感じるのかもしれません。

PC用メガネには、レンズに「色付き」と「色なし」があるようです。説明を受けたときは、色が少し入りますと「だけ」案内されて、「そういうものなんだ」という認識でしたが、後から調べてみると、種類があるようで、、ちょっと失敗したかなと、お店によって違うのかもしれません。

実際、どの程度違うか、通常のメガネと、色付きPC用メガネを比べると、このような感じです。
上がPC用メガネで、下が普通のメガネです。

PC用メガネと普通のメガネ

結構、違いますよね。少しブラウンがかった色が付いて、色ズレを気にするグラフィックスをやる方は、少し考えてしまうかもしれませんが、個人的には使いやすいと思います。プログラムを書く人には、特にお勧めです。

そういえば、話は変わりますが、色ズレで1つ思い出しました。Mac OSX 10.5(Leopard)までは、Windowsとのガンマ値が2.2(win)、1.8(mac)と異なっていました、知っていましたか?。どういうことかと言うと、Mac上のモニタで色を合わせると、Windowsでは色が薄暗くなり、逆にするとMacでは明るすぎるという、Webデザインをする人にとっては、困った状態がずっと続いていました。つまるところ、MacとWindowsで共通の色を表現できなかったんですね。Mac OSX 10.6(Snow Leopard)からは、Macもガンマ値がデフォルトで2.2となり、問題はなくなりましたが、色ってなかなか難しいものです。

PC用メガネは、色がついている方が、体感して違うことが分かるので、気になる方は、実際に見比べてみるといいかもしれません。