映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

2014年10月18日、福島県南会津で行われた100キロマラソンの大会に参加してきました。初めてのウルトラマラソンでしたが、終始楽しく走れました!その要因の一つにギアの選定もあったかと思います。実力のあるランナーなら何を履こうが何を着ようが簡単に走り切ってしまうでしょうけど、僕みたいに制限時間ギリギリを目標にしているランナーにはギアの一つ一つが意外と重要でした。装備による安心感が自信にも繋がるのかもしれません。

それでは下記が装備リストです。参考までにご覧ください。

<頭・首>
伊南川100kmウルトラマラソン
・アークテリクス「フェイザートーク」
寒い時は耳まで被れて大変重宝しました。妻曰く、目立つ色なので見つけやすかったとのこと。

・オークリー「フラックジャケット」
信頼の紫外線100%カットです。かけていることを忘れるぐらいのかけ心地です。

・ブラックダイヤモンド「ギズモヘッドランプ」
遅いランナーは途中で日が暮れるので必須です。街灯ないの山道は真っ暗です。

・マウンテンハードウェア「マイクロネックゲイター」
スタートから着用、夜も使いました。あるとないとでは安心感が違います。
 

<上半身>
伊南川100kmウルトラマラソン
・ファイントラック「フラッドラッシュスキンメッシュT」
休憩時の汗冷えが全くありませんでした。これは本当にオススメです。

・ラブ「イオンロングスリーブ」
スタートから77キロまで着用。日中はけっこう暑かったのでこの軽さと汗抜け感が最高でした。

・パタゴニア「キャプリーン2」
77キロからゴールまで着用。日が暮れてからは気温もかなり下がったので着替えて正解でした。

・アークテリクス「スコーミッシュフーディー」
スタートから暑くなるまで着用。朝は気温が1℃前後だったのでフード被って寒さをしのぎました。
 

<下半身>
伊南川100kmウルトラマラソン
・ノースフェイス「フライウエイトトランクス」
蒸れ感や股ズレ感がなかったのが嬉しい。前が開けば言うことなしです。

・ファイントラック「トラウドセンサーパンツ」
調子良かったですね。暑くも寒くもなく快適そのものでした。
 

<足>
伊南川100kmウルトラマラソン
・ドライマックス「ランミニクルー」
マメがほとんどできなかったです。ワセリンをこまめに塗ったのも効果があったみたいです。

・アルトラ「トーリン」
今回一番の立役者です。ナチュラルランニングで膝の痛みゼロ!
 

<その他>
伊南川100kmウルトラマラソン
・ウルトラスパイア「サージ」
会社からの帰宅ランで使っているバッグ。もう少し小さいサイズでも問題なかったです。

・スント「アンビット2R」
主に経過時間の確認に。距離表示は5キロごとあるので大丈夫でした。

・サロモン「ソフトフラスク500ml」
エイドがない区間で活躍しました。空になれば小さくたためるのも嬉しいです。

・アークテリクス「フェーズライナーグローブ」
この時期、手先はかなり冷えるので必須です。大体の時間着用していました。

・ジェントス「パトリオ8」
単三電池1本です。80ルーメンです。ヘッドランプだけでは暗かったので助かりました。
 

次回は当日の様子を詳しくお伝えします。