映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

こんにちは、田口です、趣味で写真を撮っているのですが、特定の人に写真を公開するとき、使い勝手の良い写真置き場はないかと探していました。スタイルとしては、URLを送りスマホで見てもらうというコンセプトです。

要件は
・広告、不必要なものは表示されないこと
・タイル状にサムネイル一覧が表示されること
・スマートフォンでスムーズ・直感的に操作できること
・その写真をダウンロードできること
・URLの限定公開ができること
・写真劣化がないこと
・有料でも構わない

と、比較的ハードルを上げています。試したサイトは下記となります。オンラインストレージ系とオンラインアルバムサイト系に分かれます。

Flickr
Picasa
Bitcasa
Box
Adobe Revel
OneDrive
Dropbox
Teraクラウド

Flickr
無料で1Tバイト利用できるため、個人的に画像置き場として利用していますが、ブラウザでの閲覧はやや難があります。専用アプリの利用を促されますが、日本からは直接ダウンロードできません。※ Android OSは、Amazonアプリストア経由だと公式アプリをダウンロードすることができます。

20150125-1 20150125-2 20150125-3

Picasa
Googleの写真アルバムサイトで、単純な写真置き場としてはFlickrかPicasaかよく候補になります。ですが、スマートフォンで見てみると意外と洗練されていません。UIの画面サイズが合っていませんし、一世代昔のUIを感じさせるデザインです。

20150125-4 20150125-5

Bitcasa
一昔は、容量無制限で話題になりましたが、廃止されてから陰に隠れてしまった印象です。画像の一覧はリスト形式がデフォルトで、操作によりサムネイルが大きくなった表示に切り替わります。ただ上部が固定されてるためフレーム分割されたような操作感です。画像表示では、前後移動の操作ボタンが上部に配置されているため、スマホのインチサイズによって、指が届きにくいと思います。

20150125-6 20150125-7 20150125-8

Box
日本では馴染みがあまり無いですが、オンラインファイル共有サイトとしては2005年に設立された老舗サイトです。Bitcasa同様に画像だけでなくさまざまなファイルを置くことがでいますが、スマホで画像閲覧を主とする場合は、どのように見えるか。まずリスト状に画像が表示されます。1つ選択すると、その画像を閲覧できますが、前後の画像に直接移動することはできません。いったんリスト画面に戻り、次の画像を選択することになります。画像ビューアとしては、ちょっと厳しいですね。

20150125-9 <20150125-10

Adobe Revel
Adobeが提供するオンラインアルバムサイトです。月額500円(年間5200円)でディスク容量無制限という太っ腹なサイトです。容量無制限と聞くとどうしても、ホントに大丈夫なのか?とBitcasaの二の舞を考えてしましますが。それを抜きとして考えても、月額500円は安いですね。以前は、Jpeg形式しかアップロードできませんでしたが、現在はNEFなどのRAWファイルも置くことができます。スマートフォン上での使い勝手は、非常に良くタイル状に表示される一覧から、画像を選択して、スワイプにより前後の画像に移動できます。残念なのが、スマホ上では画像のダウンロードができません。また、画像の一括削除ができないため管理面ではもう一歩の印象です。また、Exif情報が表示されないのが非常に残念なところです。

20150125-11 20150125-12 20150125-13

OneDrive
OneDriveは、マイクロソフトが運営するオンラインストーレジです。画像一覧は、タイル状に表示され、各画像はスワイプによって切り替えることができます。画像の表示はAdobe Revelによく似ています。OneDriveは、上部の「・・・」ボタンのプルダウンメニューから、ダウンロードを選ぶことで画像を保存することができます。ただちょっと、ボタンが分かりずらいのが残念です。画像長押しでダウンロードできればとても便利ではないかと思います。全体的に要件はすべて満たしています。

20150125-20 20150125-21 20150125-22

Dropbox
Dropbox はオンラインストレージとして、画像以外にもさまざまなファイルを置くことができます。画像の一覧はタイル状に表示されます。個別の画像も画像左右にリンクがついて、前後の移動することができます。Revelのようなスワイプで移動することができません。ピンチ操作をすると1024x768の画像になり、画像を直接ブラウザに表示する感じで、「戻る」操作をしないと復帰しません。また、たまにプレビューに失敗することがあります。全体的に要件はすべて満たしています。2Gバイトまで無料で、1Tバイトの費用は1200円です。

20150125-14 20150125-15 Screenshot_2015-01-25-23-53-21

Teraクラウド
Teraクラウドは、オープンソースのOwnCloudをベースにしたもので、ジャストプレイヤーが運営をしています。この手のクラウド型のストレージは、Linuxが多いのでは?と想像しますが、ここはOracleのSolaris OSを利用して、国内にサーバーがあります。オープンソースならば自分で構築することもできますが、1Tバイト月額980円(年間9800円)のプラン設定は、VPSで自分で構築するよりはるかに安いです。ファイル共有機能を使うには有料プランのみ利用できます。指定される共有リンクのアドレスに、service=files が含まれると、画像はリストで表示されます。service=gallery に書き換えるとタイル状に表示されます。画像の移動は、画面をタップもしくはDropbox同様に左右のリンクで前後移動ができます。画像を長押しで保存することもできます。残念なのが、表示している画像が全体の何枚目なのか、そして最後の画像から最初の画像に戻るため終わりがどこか分かりにくい点です。このあたりは、Dropboxのほうが使い勝手は良いです。全体的に要件はすべて満たしています。

20150125-17 20150125-18 20150125-19

というわけで、今回は、OneDrive、Dropbox、Teraクラウドの3つが候補に残りました。いかがでしたでしょうか?ただこの分野は進歩が激しいので1年後は、また違う結果になるかもしれません。用途に応じてベストなサービスを使い分けるのが良さそうです。