映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

Googleドライブは、ドキュメントの作成や管理などに利用されるオンラインストレージです。もともとは、Googleドキュメントと呼ばれ、文書、スプレッドシート、プレゼンテーションを作成するサービスでしたが、現在は、画像など、どんなファイルでもアップロードして管理することができます。

ここで意外と、知られていない?機能に、動画ファイルもアップロードできて、しかも、インターネット上に公開することができます。今回は、実際に動画をアップロードしてみて、どのような感じかを見てみましょう。

Googleドライブで、動画ファイルをアップロードすると「マイドライブ」の中にファイルが置かれます。

Googleドライブ

ここで、ファイルを選択して、「その他」のメニューから「共有」を選ぶと、自分だけでなく、インターネット上に公開することができます。

「共有するリンク」に表示される長いアドレスが、ほかの閲覧者がアクセスするときのアドレスになります。そして、そのアドレスに対して、アクセスできる共有設定を行います。

URLの取得

検索エンジンに登録されても良い場合は、「ウェブ上で一般公開」を選択して、登録されたくない場合は、「リンクを知っている全員」を指定します。閲覧者が特定されて、Googleのアカウントを持っている場合は、「限定公開」になります。自分で共有設定をしない場合は、この設定がデフォルトとなり自分のアカウントのみが閲覧できる状態になります。

20130111_2

ここでは、「ウェブ上で一般公開」の設定で検索エンジンにも登録されても良い。という設定にしました。アクセスは、閲覧者がコメントを残せるかを指定できます。

Googleドライブ上のファイルは、何人かで共同作業をするためのツールとして考えられているため、ドキュメントにコメントを付けたり、リビジョン管理で変更前の状態に戻すことができます。

公開すると、このような感じで動画を見ることができます。

Googleドライブから再生
https://docs.google.com/file/d/0B0EVjOw7_HKEOWo2T3RqNU12bEk/edit

また動画の埋め込み機能もついていて、ブログなどに埋め込むことができます。

20130111_5

実際に、YouTubeと埋め込みの動画の比較のために、サンプルを作り並べてみました。下のリンク先を見てみてください。

20130111_6 http://bizvalley.co.jp/asset/01/youtube_google_drive.html


よく似ていますが、YouTubeとの違いをざっくり挙げると

  • YouTubeへのリンクが付かない
  • 共有動画サイトに動画をアップロードしなくてよい、安心感
  • Googleドライブのディスク容量を気にする必要がある
  • 最大1GBまでの動画をアップロード公開することができる
  • 自動再生など、パラメータを付けた再生制御などカスタマイズすることはできない
  • YouTubeではアップロード拒否される、著作権的にアレな動画もアップロードできる
  • 再生ボタンなどのツールバーが常に表示される
  • ページ埋め込みにすると、自動的に画面中央に動画を表示(スクロール)しようとする
また共有の制限に関しては、下記リンクを参照してみてください。
http://support.google.com/drive/bin/answer.py?hl=ja&answer=2494827

YouTubeなど動画共有サイトを利用せず、一部の方に動画の確認してもらう方法として、オンラインストレージを利用する方法は、知っておくと良いかもしれません。また、Googleドライブだけでなく、Dropboxなどほかのオンラインストレージでも、動画公開できるものがありますので、いろいろ違いを見てみるのもいいかもしれません。