映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

映像制作スタッフの高橋です。

前回に引き続き、
aescripts + aeplugins社のスクリプト「Rubberize It!」のことを
覚書したいと思います。

「Rubberize It!」では、
Materialという項目の中にあるプリセットを設定して
アニメーションさせるほか、Custom設定することにより、
「Freq」・「Decay」・「Amp」といったパラメータを変更でき、
任意にアニメーションさせることもできました。
Rubberize It-custom

今回は、「Rubberize It!」をインストールした際、
格納されていたサンプル画像(ウサギの人形)を使用して、
各設定を試してみました。

まず、
「Freq」というパラメータでは、
1秒あたりの震える回数を変更できました。
このように

値を増やせば、ブルブルと震え、
値を減らせば、ゆっくり震え(揺れ)ました。

「Decay」というパラメータでは、
振動がどのくらいの速さで止まるかを変更できました。
このように

数値を増やすと早く振動が止まり、
数値を低くするとゆっくり振動が止まりました。

「Amp」というパラメータでは、
動作の振れ幅を変更できました。
このように

数値を大きくすると振れ幅が大きくなり、
数値を小さくすると振れ幅がが小さくなりました。

次回は、
プリセットについて一家言ありますので、
次回そのことについて書きたいと思います。

では、今回はこれにて失礼します。