映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

妻の親戚が福島に住んでいるので、お盆休みは帰省してキャンプを楽しんできました。今回お世話になったのは「猪苗代湖モビレージ」という猪苗代湖畔にあるオートキャンプ場です。


湖畔にきれいな虹がかかりました。虹を見たのはすごい久しぶりな気がします。


息子は水際を行ったり来たり。他の子供たちは沖の方に泳ぎに行ってしまいました。湖水浴は水が冷たそうなイメージがありましたけど、海より水温は高かったです。実際泳いでみると、水がしょっぱくなくて不思議な感じでした。


総勢17名で行ったのでバンガロー組とテントサイト組に分かれます。フェールラーベンとケルティで5~7名分確保。


BBQ会場はバンガローの前としました。人数が多いので肉と野菜を焼きまくりです。ビールもすごいスピードで消費されていきました。


夜は星を見ながらまったりしました。流れ星も観れてラッキーです。ここでもヘリノックスの椅子が調子よいです。ほんと買って良かったです。


今回、私の寝床はこんな感じでした。タープの下に蚊帳を張って寝ました。


夜に雨が吹き込んできたので傘を枕元に置きました。


気温がそんなに下がらなかったのでシュラフカバーのみで大丈夫でした。新調したニーモの枕が寝心地最高でした。


外で寝るのがよほど気持ちよいのか、なかなか起きない息子でした。

ここのキャンプ場は客層もファミリーメインでとても落ち着いています。湖は水も綺麗で遠浅で子供だけでも遊びやすいです。キャンプだけでは物足りない皆様に是非おすすめな場所です。

芦川オートキャンプ場」に行ってきました。

山梨県笛吹市にありまして、中央道の甲府南インターからわりとすぐです。到着したらまずは受付。どうやら泊り客はうちだけのようです。ここの管理人のおじさんは気さくで楽しく素敵な人でした。夕方には「留守番頼んだよ~」と言って帰っていきました。

同じ山梨県でも「ほったらかしキャンプ場」と迷ったのですが、川があって水遊びができるというので、こちらに決めました。

それにしても子供は本当に水遊びが好きですよね。梅雨明け前の水はものすごく冷たいのですが、服が濡れてもへっちゃらです。ほどほどでやめさせないと風邪ひいちゃいますね。


夜はMSRのハバハバに妻と子供が寝ました。サーマレストのマットを2枚ひいて、その上にブランケットを置く気合の入れようです。フカフカでさぞ寝心地が良かったでしょう。


私はモンベルタープの下で雑魚寝です。夜中に雨が吹き込んだら嫌だなと思い、Rabのシュラフカバーを使いました。おかげさまで朝までぐっすりでした。(妻が言うには)夜中雨は少し降ったようですが、寝ていて気が付きませんでした。


ここで、毎回必ずキャンプ場に持っていくギアをご紹介。
ユニフレームのネイチャーストーブとモノラルの焚火台です。我が家はキャンプ場にはガス缶を持っていかないので炭と薪がフル活動です。ご飯を炊いたりフライパンで焼いたりするときは主に焚火台を使用して、ネイチャーストーブは炭火で網焼き、あとは味噌汁やコーヒーのお湯を沸かすのに使っています。


朝ごはんを食べた後はまた川で遊びます。水がものすごく綺麗です。カエルもいました。

梅雨が明けたら本格的なキャンプシーズン到来ですね。みなさんも自然豊かなところでキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

福島県にある「聖ヶ岩ふるさとの森」でキャンプしてきました。初めての子連れキャンプでしたが何事もなく楽しく過ごせました。

聖ヶ岩ふるさとの森
整備された林の中にあるキャンプサイトです。お盆でしたが人も少なく静かに過ごせました。

聖ヶ岩ふるさとの森
子どもを寝かせるためにタイベックタープを張ります。

聖ヶ岩ふるさとの森
アブがたくさんいたので蚊帳を張って万全です。

聖ヶ岩ふるさとの森
ボルダリング施設もあります。大人2時間200円と格安です。(シューズ代が別途200円かかります)

朝はアルミ缶で作ったアルコールストーブでお湯を沸かしてコーヒーを入れました。キャンプで飲むコーヒーは格別です。
MUNIEQ テトラドリップ

MUNIEQ テトラドリップ MUNIEQ テトラドリップ MUNIEQ テトラドリップ
MUNIEQのテトラドリップを使用してます。分解して重ねると薄くて軽いので持ち運びに重宝します。家でも使っていますが、もう他のものは使えませんね。

美味しいご飯と美味しいお酒。日暮れ後の花火と焚火。寒いぐらい涼しい夜明け。心も体もリフレッシュできましたー。

毎年恒例の南信州“下條村”旅行が今年も7月に行われました。去年の記事はコチラ

昨年は新宿からの高速バスで行きましたが、今年はレンタカーを借りて北千住から出発しました。慣れない首都高をやり過ごしてお馴染みの中央道に出たら一安心。笑いの絶えない道中でした。
南信州旅行 南信州旅行 南信州旅行

なんといっても楽しみなのは庭でのBBQです。先輩のご両親が大事に育てた“採れたて鮮度抜群の野菜”を焼きます。とにかく美味しいんです。他では味わえません。
庭でBBQ
プロは素手で鉄板の熱さを測ります。

五平餅
お肉ももちろんですが、〆に出てくる五平餅。これが本命です。お母さんの特製“胡桃味噌”を存分に塗って炭火で焼きます。味噌が焦げるにおいだけでビールがすすみます。

翌日は先輩を見送った後、妻と二人でキャンプをしてきました。場所は矢筈公園キャンプ場です。川があってダムがあって河原の好きなところにテントを張れます。そしてなんと無料です。これが一番うれしい。

矢筈公園キャンプ場
僕は自作したタイベックタープを、妻はマーモットEOS1を、それぞれ張りました。夏は蚊がいるのでバグネットは必須です。

矢筈公園キャンプ場
頂いた野菜を焼いて食べました。もちろん五平餅も。ユニフレームのネイチャーストーブはずっと使っていますがとても便利です。少し重いのが難点ですが、二人でBBQするには最適の大きさです。

焚火をしながら、夜はゆっくりと更けていきました。

花粉で目がものすごく痒いですが、徐々に暖かい日も増えてきました。そろそろキャンプがしたくなる季節ですよね。キャンプと言えば焚き火とBBQは外せない。でも直火OKな所って意外と少ないんですよ…。ですが、「大岳キャンプ場」は直火OK。場所もそこまで遠くない。帰りに温泉にも入れる。これは行ってみなければ!ということで行ってきました。

アクセスはJR武蔵五日市駅よりバスに乗って30分「大岳鍾乳洞入口」で下車。そこから歩いて30分ぐらいで着きます。薪と炭は現地で買えますが、管理人さんが不在の場合もあるので、前もって到着時刻を伝えておくのがベターです。

大岳山キャンプ場でテント
テントを立てたらビールを飲みながらまったりしました。

川で冷やすビール 大岳山キャンプ場_直火OK
川でビールが冷やせるのでクーラーボックス要らずです。

大岳山キャンプ場
今回のBBQのメインディッシュ。南信州名物「遠山のジンギス・とりじん」です。一度食べたら病み付きになりますよ、ほんとに。

大岳山キャンプ場 (4) 大岳山キャンプ場 (6)
ナスの丸焼きも最近のお気に入りです。醤油と七味で美味しく食べました。

大岳山焚火 大岳山焚火
寒くなってきたので焚き火で暖をとります。ビールから焼酎のお湯割りへ。

瀬音の湯
次の日は午前中から「瀬音の湯」にて昨夜の煙臭を洗い流しました。キャンプ場からもバスに乗ればすぐです。歩こうと思えば歩けます(健脚の方に限りますが…)。ここの温泉はアルカリ性なのでお湯はヌルヌルです。角質落ちまくりで肌すべすべになりました。

武蔵五日市駅蕎麦
〆は武蔵五日市駅にある名店「寿庵忠左衛門」でお昼ご飯を頂きました。とても上品なお味で大満足でした。お近くにお寄りの際は是非行ってほしいお店です。

1 / 3123