映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

映像制作スタッフの橋本です。

弊社ではランニングが趣味なスタッフが多いです。
普段パソコンに向かってるから、たまに体を動かしたくなるのでしょうか。
私も休日にそんなに長距離ではありませんが、
自分のペースで楽しんでおります。

そんな中、昨日東京マラソン2016が行われました。
テレビで観戦したり、街で見かけた方も多いのではないのでしょうか?
3万6000人のランナーが東京を駆け抜け、観衆は160万を越えるそうです。
そんな東京マラソンを昨日観戦、応援してきました。

新宿を9時10分にスタート。
招待選手はあっという間に目の前を通過。
その後、少しずつ市民ランナーが通過していきます。その様は圧巻。
また沿道の方々も思い思いに声援を送ります。

1

2

新宿の後は、銀座へ行きました。
デパートの和光やアップルストアなど見慣れた景色も、
ランナーで埋め尽くされると、とても新鮮な景色でした。

3

銀座の後はゴールの有明へ。
途中豊洲で電車の乗り換えのため、外へ出ましたが、
そこも多くのランナーで賑わってました。

ゴールでは家族や友人などが出迎えます。
まだフルマラソンは走ったことがないので、42.195kmを
走れるだけで尊敬してしまいます。

ランナーやその家族、友人、沿道の観衆、ボランティアの方々など
みんなで作り上げるという雰囲気がとても好感が持てました。
また来年も観戦、贅沢を言えばランナーで参加してみたいと思いました。

4

映像制作スタッフの橋本です。

今更ながらかも知れませんが、最近インスタグラムという
写真共有サイトにはまっています。

全世界で3億人もの人が利用しているそうで、
芸能人やアスリートなどもやっていて、そういう人たちの
プライベートな写真が見られるのも人気の一つのようです。
自分はサーフィンが趣味なので、世界中のサーフィンや
海の写真を見ながら、旅行気分を味わっています。

また最近映像もアップできるようになったので、
ナイキやティファニーの映像をよく見かけます。
15秒という制限があるので、商品をじっくりというより、
ナイキでいうとモデルが最新のランニングシューズを履き、
都会を颯爽と走り抜けるといったようなブランドのイメージを
全面に押し出したものになっています。

映像制作会社もスタッフが撮影した写真や短尺の映像を
アップすることで、会社のカラーやイメージをアピールするのに
向いているかも知れません。

ただ、今のところスマホなどでしかアップできないので、
そこが不便なんですよね。

インスタ1

インスタ2

インスタ4

インスタ5

インスタ6

映像制作スタッフの橋本です。
最近春めいて、トレイルランニングを始め、先日鎌倉に行ってきました。

まずはアシックスのGEL-FujiAttack3でしっかりと足元をかため、
早速鎌倉の山へ入ります。 この日は天気も良く、富士山も見えました。

1653257_519652808156432_830479593_n 1376622_519652841489762_1558946504_n

このように岩場の中を走り抜けます。下りなどはすごくスピードも出るので、テンションも上がります。
所々植物も咲いていて、木々の隙間から差し込む木漏れ日は とてもきれいでした。

1911841_519652931489753_98609768_n
1964824_519652864823093_1097344281_n 1948238_519652904823089_457561886_n

また最近トレランの脚力を付けるため、会社帰りにランニングもしています。
会社から10km圏内には皇居や大手町のオフィス街、はたまた新宿、渋谷もアクセスできます。

3-22

下の写真は同僚とランセッション後の打ち上げです。
これから夏までランニングするには最高のシーズンだと思います。
みなさまも健康管理や最高ののど越しをゲットするためランニングはどうですか?

IMG_4490

「ハセツネ」こと長谷川恒男さんの名前を冠にした山岳レースがあります。それは10月13、14日の二日間にわたり奥多摩の山奥で繰り広げられました。
その名も日本山岳耐久レース、通称ハセツネ。制限時間24時間で71.5キロのコースを走ります。この日本を代表する過酷なレースの大会名にもなった長谷川恒男さんとはどんな人物なのでしょうか。

ハセツネ
長谷川さんは1947年生まれの登山家で、世界初「アルプス三大北壁冬季単独登攀」成功という輝かしい記録を作っています。1991年雪崩に巻き込まれて遭難死。享年43歳でした。ものすごい才能の持ち主で、天才肌だったと本で読んだことがあります。


話はトレランレースのハセツネに戻ります。今年の大会はスピードレースだったようで、コースレコードが更新されました。男子総合優勝は東徹さん(38才)で7時間19分13秒、女子総合優勝は大石由美子(43才)で9時間26分55秒でした。

ハセツネ2

東さんは普段からロードで練習していて山では練習しないし、トレラン用の靴も持ってないとのことです。今回もロードのジョギングシューズで見事1位になりました。これはとても素晴らしいことだと思います。
今のアウトドア業界ではギア先行の風潮がありますが、これを機にいろいろと考え直してみてはどうでしょうか。
結局のところ、最後は生身の人間本来の力がものをいいます。大事なのは性能の良い高価なギアではなく、日頃の鍛錬だということがよく分かりました。

自分も日々精進していきたいと思います。

こんにちは、映像制作部の保立です。いやはや毎日暑いですね~。最近は暑くてぜんぜん走れていません…。

まだ涼しかった5月にトレランの大会に初参加しました。自分は30キロのビギナー向けにエントリーしました。普通のマラソン大会は出たことがあるんですが、トレランの大会はこれまた勝手が違って面白かったです。
トレラン大会
スタート前の緊張感。

トレラン大会
林の中を爽快に走ります。

トレラン大会
エイドで補給。お稲荷さんはうれしい。

スタート前の混雑もほとんどなく、トイレも空いていて全体的にランナーが少ない印象でした。山の中を走っていて前後に他のランナーの姿が見えないこともありました。そのために何度か道を間違えたりもしました。登山客の人に指摘されて気がついてあわてて戻りました。
30キロという長さですが、高低差がかなりあり、ほとんど登山と変わらない箇所もあったのでフルマラソンよりもきつかったです。そして走り終えた爽快感はフルマラソンより以上でした。最高の気分です。
しかし、普通の登山を愛好している身としてはゆっくり山の中で過ごせないのは少し物足りない気がしました。景観の良いところも走り抜けてしまうからです。

僕には普通のマラソンの方が向いているかもしれません。いつかはウルトラマラソン(100km)に挑戦できたらと思ってます。

1 / 212