映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

 eラーニングの新しい規格TinCanについてお話いたします。

 現在、eラーニングの規格には、SCORM(スコーム)という標準規格があります。この規格に対応した学習コンテンツは、SCORMに対応したLMSならば、どこのベンダーであっても、オープンソースLMSであっても、基本的に動作いたします。

 eラーニング初期の時代、ベンダーが開発したLMSは、独自のコンテンツ仕様が要求されるものが多くありました。どのLMSでも動作するという相互運用性の面では、低く、これを解決するための、SCORMは比較的うまく機能していました。

 しかし、SCORMの学習コンテンツには、「こう作らなければいけない」という制約があり、時代とともにマッチしなくなってきました。現在の学習コンテンツは、PCだけでなく、スマホやタブレットといった形態もあり、ブラウザ上で表示動作するものだけでなく、アプリケーションの形態もありSCORMでは対処できないものがでてきました。

 そのため、eラーニングベンダーは、こういった状況に対処するため、SCORMより独自仕様に逆に戻りつつあるような感じです。今度どのように進むかはわかりませんが、このような状況の中で、ADLは、2013年 4月26日に新しい規格を正式にリリースしました。これがExperience APIです。もともと、この規格の開発中は、TinCanと呼んでいたため、その名称で慣れ親しんだ方は、TinCan(ブリキ缶)と呼んでいます。ADLからの正式名称はExperience APIで、現在、名称が2つあるような感じです。

 TinCanを利用することで、SCORMでできなかったこと、やりずらかったことが簡単にできるようになります。今後のeラーニングのイノベーションを進めるきっかけになる可能性がありますので、今後 注目する技術になるでしょう。

20130524-1
TinCanのWebサイト