映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。


9月に一泊二日で北アルプスの鹿島槍ヶ岳に登ってきました。お天気にも恵まれ、素晴らしい山行になりました。そのときの記録です。どうぞご覧ください。

*


扇沢へのアクセスはJR長野駅からバスが出ています。長野駅までは新幹線を利用するとあっと言う間です。
新幹線はえきねっと限定のおトクな割引きっぷを利用しました。最大で半額になる区間もあるので利用してみてください。


柏原新道の入り口です。ここで登山届を出しましょう。


特に急ぐこともなく、淡々と登れば二時間半くらいで種池山荘が見えてきます。後述しますが、ここはピザが有名です。


標高が高くなると、もう秋が始まっていました。


本日の目的地、冷池山荘が山肌に見えてきました。午後になって少しガスってきました。


テント泊の受付をして、水を購入してからテン場に向かいます。小屋からは少し離れています。5分くらい登る感じでした。


端のほうに張りました。平日なので空いていますね。


張れる所は多いですが、平らなところが少ない印象です。


会社近くのコーヒーショップ「豆香房」のドリップパックです。水道橋・神保町で珈琲といえば「豆香房」抜きには語れません。


夕方にはガスも晴れました。剣岳と立山の間に沈む夕日が荘厳でした。


月の光が明るい夜でした。明日に備えて早寝しましょう。

*


夜明け前です。周りのテントの方たちも起きだしました。星が綺麗でした。


いよいよ夜明けです。私はこの時間が大好きです。


最高の一日が始まる予感です。雲海を横目に鹿島槍ヶ岳を目指しましょう。


振り返ればずっと遠くの山まで見えます。


気が付けば山頂(南峰)に着いていました。ずっと景色に見とれていたので、そんなに長く感じませんでした。


時間があるので北峰へも足を延ばしました。北峰から見る鹿島槍ヶ岳(南峰)です。


前回は天気が悪かった五竜岳方面の景色が見事です。


雲上のトレイルを歩いて戻ります。


テン場に戻り荷物をまとめて、昨日来た道を戻ります。


標高を下げると見事に雲の中。あたりは真っ白です。


こういう幻想的な雰囲気の道も好きです。歩いていて気持ちよいですね。


チングルマの綿毛が咲き乱れていました。秋ですね~。


何事もなく種池山荘まで戻ってきました。


小腹も空いてきたので、名物の焼きたてピザを頂きました。1枚ペロッと食べちゃいました。熱々でとても美味しかったです。

最後は、扇沢まで下ってバスに乗って長野駅に戻ります。お風呂は、長野駅近くの「アルプス温泉」という銭湯がおすすめです。ちなみに、途中にあるスーパー「西友」でお土産を買うのが定番となっております。

*

普段はワンウェイ登山が多いのですが、今回は久しぶりのピストンでした。ピストンだと、帰り道が想像できるのでタイムが予想しやすく安心感がありましたね。たまにはピストンも良いかもしれません。


それではまた、次の登山で。

まずはこちらをご覧ください。

エステー「消臭力」のロケ地として有名な場所です。

実際に行ってみました。


三崎口駅から歩きます。
三戸浜から海岸線沿いに歩いてきている人も結構いました。(※満潮時は濡れずには通れないルートなので要注意です)


畑の一本道をひたすら真っすぐ進みましょう。


行き止まりに「野菜捨て場」があります。その脇の茂みをかき分けて進みます。


茂みを抜けると海岸がありました。


誰もいません。とてもプライベート感が強いですね。


小さいですけど砂浜もあります。シーグラスや貝殻拾いも楽しめます。


タイドプールがたくさんあるので磯遊びにも向いています。


満潮時なら入江でのシュノーケルも楽しめます。波の影響を受けないので安心です。
(この日は条件が揃ったのか水の透明度が半端なかったです。魚の種類も豊富です!)


小高い丘に登って見下ろしてみました。とにかく説明は要らないくらい良い場所です。

海に入らなくても一日飽きずにゆっくりできる場所です。
この日は、たまたま新郎新婦がタキシードとウェディングドレスで撮影してました。
他にもファッション雑誌の撮影のようなことも行われていました。
フォトスポットとしても秀逸な場所です。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

このコロナ禍において、セミナーや研修会にリモートで参加する機会が増えています。


ビズバレーでもセミナーの撮影・配信の仕事の依頼がお陰様で増えております。

セミナーの撮影・配信をご希望のお客様は是非弊社までご連絡くださいませ。

詳細はこちらのページからご覧くださいませ。
どうぞよろしくお願い致します。


日本百名山の「高妻山」に登るべくして戸隠に向かいました。

アクセスはJR長野駅まで新幹線、そこからは路線バスで行きました。初日は時間もあるので五社巡りをしました。


荘厳な雰囲気が漂います。


登山の安全を祈願して。


戸隠神社の奥社へと続く参道には樹齢約400年を超える杉並木が続き、神々しい空気を漂わせています。


歩くだけでも不思議とパワーが湧いてきます。時の流れを感じます。歩いているだけで、身も心も清められていくような時間でした。


今宵の宿(キャンプ場)まで歩いて来ました。


この日は夏休み前の平日なので貸し切りでした。


受付で氷が売っているので、持参したビールを冷やして、、、それでは早速。


どちらの銘柄もすごく美味しかったです。


明日に備えておやすみなさい。




朝食はパンとトレイルバターでサクッと済ませました。トレイルバターは腹持ちが良いのでお薦めです。


戸隠牧場の横を通って登山口に向かいます。(チェックアウトが16時だったので、テントは張ったままで大丈夫でした)


こちらは向かいにある戸隠キャンプ場です。雰囲気がだいぶ違います。天気はなんだか良さそうな予感。


ここがスタート地点になります。


滝のような川の横を登ります。滑らないように注意しましょう。


名水『氷清水』が最後の水場です。キンキンに冷えていてすきっとした飲み心地です。


この水を使ってコーヒーを淹れるツアーがあるくらい有名な水です。


サルがいました。威嚇してくる個体もいたので怖かったです。


無事に登頂しました~。




キャンプ場に戻って、テントを片付けます。今回の装備です。


バスで戸隠中社下車まで移動して(フリーパスがお得なのでぜひ利用してください)、戸隠蕎麦を堪能してから、


神告げ温泉で汗を流して、今回の旅もそろそろ終わりです。バスで長野駅に戻りましょう。

いかがでしたでしょうか?戸隠の独特の雰囲気を楽しめるコースなのでお薦めです。

仙台に行ったら是非立ち寄ってもらいたい海水浴場があります。


東松島市にある『月浜海水浴場』です。トイレもシャワーも海の家もあります。


場所はこちらになります。仙台から車で1時間くらいです。


日差しが強いので、タープ・パラソル必須です。前日にタイベックタープが寿命で破れてしまい、代わりにオールウエザーブランケットを使用しました。


どんな用途にも使えるのでお勧めです。もう15年くらい使用しています。そろそろ買い替えようかなと思っていますが…


シュノーケルしてヒトデをたくさん捕まえました。


フグもいました。


プライベート感たっぷりの小さいビーチもあります。


帰りは松島を観光してキャンプ場に戻りました。



水の森公園キャンプ場(宮城県仙台市泉区)公式HP
こちらのキャンプ場は一区画、半日500円で利用できます。オートキャンプ場ではないので、駐車場から荷物を運ぶ手間はありますが台車を借りれるので問題ないです。


各区画にテーブルとベンチが備え付けられています。破れる前のタイベックタープです。


熱帯夜だったので二日目は息子も蚊帳で寝ました。蚊帳は夏のキャンプでは必須アイテムですよね。

以上、仙台に行った際の記録でした。