映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

私は2008年からテント泊登山を始めました。ウルトラライトという言葉も巷では浸透していなく、ギアは家にあるものと近場のモンベルでそろえていました。
当時はモンベルのエアマットを使っていました。嵩張るし、そこそこ重かったです。寝心地に関しては悪くなかったんですが、朝になると空気が抜けているんです。これマットの意味あんのかよ!?と内心不満でした

その頃ハイカーズデポの存在を知り、三鷹まで行きました。土屋さんからエアマットのデメリット(当時はまだ土屋さんが心から薦められるエアマットは無かったようです)を説明され、絶対クローズドセルにしておけばよいと言われました。その場でリッジレストを即買いし、今はエバニューのマットを使用しています。
ちなみに、一緒に縦走登山をしていた妻はマットなしで寝ていました。それを聞いた土屋さんの驚いた(呆れた)顔は今でも覚えています。妻は必要ないものは持って行かないというシンプルなパッキングでした。僕が最新のエアマットを買いたいと言うと、「私はマットなしでも問題なかった、ギアに頼るな!」というありがたいお言葉が返ってきます(笑)。

20代30代は固いマットで大丈夫だったのですが、40代に突入してからは「ふかふかなエアーマットで寝たい」という気持ちが湧き上がってきました。そこでエアマットの購入候補を出してみました。選ぶ基準として重さは350g以下としました。缶ビール1本分くらいが許容範囲かと。

それではご覧ください。


①サーマレスト ネオエアーXライト

・サイズ51×183cm
・重さ350g
・素材30デニール
・厚さ6.4cm
・収納サイズ23×10cm
・R値4.2

--------------------------------------------------------------------------------

②エクスペド AirMat HL M

・サイズ52(35)×183cm
・重さ310g+45g(ポンプ)
・素材20Dデニール
・厚さ7cm
・収納サイズ18×7cm
・R値1.9

--------------------------------------------------------------------------------

③ニーモ テンサー

・サイズ51×183cm
・重さ345g
・素材20デニール
・厚さ8cm
・収納サイズ20×7.5cm
・R値1.6

--------------------------------------------------------------------------------

④シィートゥーサミット ウルトラライトマット

・サイズ55×168cm
・重さ345g
・素材40デニール
・厚さ5cm
・収納サイズ17×7cm
・R値1.1

--------------------------------------------------------------------------------

ほとんどの点において素晴らしいのですが、各社微妙に違うのが悩ましいです。雪山とかでは使わないのでR値は度外視します。
過去に穴をあけている経験があるので強度には着目しています。20デニールのやつとか実際に触ってみるとかなり薄いですよね。すぐに穴あきそうです(個人的な感想です)。
収納サイズも小さいに越したことはありません。そうなるとシートゥーサミットが第一候補なのかなと思います。まぁ、あとは実際に寝てみないと分かりませんが…


2020年、2021年とOSJ主催の“KOUMI100”の応援に行きました。このトレイルランニングの大会は35キロの周回コースを5周します。
トータル175kmという途方もない距離を制限時間36時間で完走を目指します。


去年も今年も友人が出走したので、その雄姿を観に行ってきました。


スタート(ゴール)地点の近くにある「松原湖オートキャンプ場」でキャンプしながらの応援がとても便利で楽しいです。


いつ来ても空いていて広々と利用できます。おすすめは一番奥の『第4サイト』です。


開催時期は10月なので夜間はそこそこ寒いです。焚火が嬉しいですね。


空気も澄んでいるので晴れていれば満天の星空が楽しめます。


日が落ちると、このサイトは本当に真っ暗になります。テントの中で自分の手が見えません。最近のキャンプ場は明るい所が多いので、こういった点でも嬉しいです。

夜中にフクロウの鳴き声で起きました。すごく近くで鳴いていました。ホーホーゴロスケホーホー


朝、早起きすれば雲海も見られます。※八峰の湯から撮影


キャンプ場のすぐそばに「八峰の湯」という温泉施設もありますが、車でちょっと走ったところに山の温泉宿「稲子湯」があります。ここで極上温泉を楽しむのもオススメです。


レースの次の日、一部試走してみました。いつか走ってみたいような、みたくないような…(笑)


9月に一泊二日で北アルプスの鹿島槍ヶ岳に登ってきました。お天気にも恵まれ、素晴らしい山行になりました。そのときの記録です。どうぞご覧ください。

*


扇沢へのアクセスはJR長野駅からバスが出ています。長野駅までは新幹線を利用するとあっと言う間です。
新幹線はえきねっと限定のおトクな割引きっぷを利用しました。最大で半額になる区間もあるので利用してみてください。


柏原新道の入り口です。ここで登山届を出しましょう。


特に急ぐこともなく、淡々と登れば二時間半くらいで種池山荘が見えてきます。後述しますが、ここはピザが有名です。


標高が高くなると、もう秋が始まっていました。


本日の目的地、冷池山荘が山肌に見えてきました。午後になって少しガスってきました。


テント泊の受付をして、水を購入してからテン場に向かいます。小屋からは少し離れています。5分くらい登る感じでした。


端のほうに張りました。平日なので空いていますね。


張れる所は多いですが、平らなところが少ない印象です。


会社近くのコーヒーショップ「豆香房」のドリップパックです。水道橋・神保町で珈琲といえば「豆香房」抜きには語れません。


夕方にはガスも晴れました。剣岳と立山の間に沈む夕日が荘厳でした。


月の光が明るい夜でした。明日に備えて早寝しましょう。

*


夜明け前です。周りのテントの方たちも起きだしました。星が綺麗でした。


いよいよ夜明けです。私はこの時間が大好きです。


最高の一日が始まる予感です。雲海を横目に鹿島槍ヶ岳を目指しましょう。


振り返ればずっと遠くの山まで見えます。


気が付けば山頂(南峰)に着いていました。ずっと景色に見とれていたので、そんなに長く感じませんでした。


時間があるので北峰へも足を延ばしました。北峰から見る鹿島槍ヶ岳(南峰)です。


前回は天気が悪かった五竜岳方面の景色が見事です。


雲上のトレイルを歩いて戻ります。


テン場に戻り荷物をまとめて、昨日来た道を戻ります。


標高を下げると見事に雲の中。あたりは真っ白です。


こういう幻想的な雰囲気の道も好きです。歩いていて気持ちよいですね。


チングルマの綿毛が咲き乱れていました。秋ですね~。


何事もなく種池山荘まで戻ってきました。


小腹も空いてきたので、名物の焼きたてピザを頂きました。1枚ペロッと食べちゃいました。熱々でとても美味しかったです。

最後は、扇沢まで下ってバスに乗って長野駅に戻ります。お風呂は、長野駅近くの「アルプス温泉」という銭湯がおすすめです。ちなみに、途中にあるスーパー「西友」でお土産を買うのが定番となっております。

*

普段はワンウェイ登山が多いのですが、今回は久しぶりのピストンでした。ピストンだと、帰り道が想像できるのでタイムが予想しやすく安心感がありましたね。たまにはピストンも良いかもしれません。


それではまた、次の登山で。

まずはこちらをご覧ください。

エステー「消臭力」のロケ地として有名な場所です。

実際に行ってみました。


三崎口駅から歩きます。
三戸浜から海岸線沿いに歩いてきている人も結構いました。(※満潮時は濡れずには通れないルートなので要注意です)


畑の一本道をひたすら真っすぐ進みましょう。


行き止まりに「野菜捨て場」があります。その脇の茂みをかき分けて進みます。


茂みを抜けると海岸がありました。


誰もいません。とてもプライベート感が強いですね。


小さいですけど砂浜もあります。シーグラスや貝殻拾いも楽しめます。


タイドプールがたくさんあるので磯遊びにも向いています。


満潮時なら入江でのシュノーケルも楽しめます。波の影響を受けないので安心です。
(この日は条件が揃ったのか水の透明度が半端なかったです。魚の種類も豊富です!)


小高い丘に登って見下ろしてみました。とにかく説明は要らないくらい良い場所です。

海に入らなくても一日飽きずにゆっくりできる場所です。
この日は、たまたま新郎新婦がタキシードとウェディングドレスで撮影してました。
他にもファッション雑誌の撮影のようなことも行われていました。
フォトスポットとしても秀逸な場所です。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

このコロナ禍において、セミナーや研修会にリモートで参加する機会が増えています。


ビズバレーでもセミナーの撮影・配信の仕事の依頼がお陰様で増えております。

セミナーの撮影・配信をご希望のお客様は是非弊社までご連絡くださいませ。

詳細はこちらのページからご覧くださいませ。
どうぞよろしくお願い致します。