映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saitou
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

先日ビズバレーの忘年会が盛大に執り行われました。場所は神保町の「謝謝」です。メニューにあるものがすべて食べ放題&飲み放題でした。美味しい食事とお酒でみんな日頃の疲れを癒せたと思います。


来年も誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。

尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。

〔年末年始休業期間〕 12月29日~1月3日

来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。 みなさま良いお年をお迎えください。

交通機関が発達した現代でも、歩いてしか行けない一軒の温泉宿があります。栃木県の奥鬼怒温泉郷にある「日光沢温泉」のご紹介です。

アクセスですが、公共の交通機関で行く場合は鬼怒川温泉駅が起点になります。鬼怒川にもたくさんの温泉宿がありますが、さらにバスで山道を1時間40分。終点の女夫渕温泉で下車。ここから山道を歩きます。


雪が積もって美しく幻想的な景色です。冬季に行く方は寒さ対策万全でお願いします。


途中でお昼休憩をとりました。雪上ピクニックです。これも冬ならでは楽しみです。


肉まんとあんまんを蒸かして食べました。寒い季節に蒸し物がお奨めです。身体が温まりますよ。私は鍋の底に100均で買った網をひいて蒸し器にしています。


道は上り下りは少ししかなく、平坦な所が多いので雪道初心者でも大丈夫だと思います。靴は登山靴・スノーブーツ・長靴が良いと思います。


ようやく到着です。木造の趣のある宿です。歴史を感じます。女夫渕から日光沢まで山地図のコースタイムだと2時間ですが、今回は子供がいたので3時間以上かかりました。余裕を持って出発しましょう。


さっそくお風呂に向かいます。男性内湯です。冷えた体に温泉が沁みます。うっすらと硫黄の香りがします。芯から温まります。ため息が何度も出ました。お風呂は24時間いつでも入れます。
※日帰り入浴の方は内湯には入れませんのでご注意ください。


静かな雪山の夜です。雪が音を吸収するみたいです。外は氷点下8度まで下がりました。窓の外でビールを冷やして、こたつでぬくぬく飲むのが最高です。


朝食前に雪見風呂です。頭はキンキンに冷えて身体はポカポカ。すごく気持ち良いです。露天には泉質の違う(透明なお湯)お風呂がもうひとつあるので好みによって楽しめます。私は硫黄泉が好きなのでそちらには入りませんでした。
※露天風呂は混浴ですが、女性限定の時間もあります。


宿泊者は薪ストーブの横で食事をします。ものすごく暖かいので薄着でも大丈夫です。濡れた手ぬぐいもすぐに乾きます。


そして日光沢温泉といえば柴犬!フレンドリーなサンボがとても可愛いです。誰にでも懐きます。他にもチャング、わらびと愛くるしいのが二匹います。

今回、私は二回目の日光沢温泉でしたが、二度とも最高に贅沢な時間が過ごせました。山小屋なので部屋も食事も質素ですが、それが丁度良いのです。贅沢とは過度なものをそぎ落とした先にあるものなのだと思いました。冬しか行ったことないので、新緑か紅葉の時期にもまた訪れてみたいです。

来月、東急池上線「御嶽駅」の近くのアトリエで面白そうな展示会があるのでご紹介します。クリスマスプレゼントに「これ!」というこだわりの一点モノをお探しの方にピッタリです。


誰でも誰かのサンタクロースになれるんです。


陶芸/中尾雅昭、
陶人形/高橋安子、
手作り腕時計/明・衣、
がま口小物/関 理沙
木版画/保立葉菜
草木染めのストール/筒井美津子
七宝と陶のアクセサリー/チュマルト
フルーツケーキ、クッキー/リュッカ

アトリエ木里
145-0072 大田区田園調布本町2-10/1階

ぜひ、お近くにお寄りの際は行ってみてください~。

映像制作スタッフの橋本です。
久しぶりのブログ更新です。

週末の3連休で、奥多摩にバイクパッキングに行ってきました。

まずバイクパッキングですが、自転車のフレームにバックを
取り付け、その中にテントやシュラフを入れ旅行をするというものです。
私はそこまで装備が整っていないので、写真のように、
ハイクなどで使用するザックを使用しました。
自転車はFujiBikesのFujifeather CXです。



3日(金曜日)8時頃家を出発し、ひたすら新青梅街道を進みました。
最初は公道を走っていたのですが、交通量が多いので、
途中で歩道を走りながら、のんびり行く事に決めました。
結果13時半頃奥多摩に到着。
しかし、その日宿泊する予定だった氷川キャンプ場に行くと、
テント場が一杯との事で断られてしまいました。

その日寝る場所があるのか、最悪帰る事も考えましたが、
近くの観光案内所に聞くと、別のキャンプ場を紹介していただき、
境渓谷キャンプ場に寝床を確保する事ができました。





他のスタッフも試していたビバークレーションを
私も試してました。
私はホッター・ザン・カレー味と海苔茶漬け味を食べましたが、
胃もたれはなく、おいしく味わえました。



夜はやる事もなく、疲労もあったので、
お酒でも飲んですぐ休もうと思ったのですが、
隣のテントの方がギターを弾き始めたりして、
全く寝れなくなってしまいました。


(汚い写真ですいません。)

そうこうしている内に朝になり、昼過ぎに家に
戻る事になっていたので、朝ごはんを食べ、
早速片付けに入ります。



帰り、奥多摩の紅葉を見ながら、帰りは行きとは
違う道で帰ろうと思い、奥多摩サイクリングロードで
ゆっくり帰りました。

2日で約130km走ったので、途中腰がとても痛かったですが、
苦労した分、きれいな景色が見れた時の達成感は
何事にもかえがたいものでした。
バイクパッキング是非おすすめです。

まずは最近SNSなどでよく目にするようになってきたトレイルバター(Trail Butter)とビバークレーション(BIVOUAC RATION)についての感想から。


良質な脂質をたっぷり含んだアーモンドなどのナッツ類とココナッツオイルをベースとしたエナジーフードです。低糖質、オールナチュラル、グルテンフリーというのがウリです。三種類の味の中から「クランベリー&ひまわりの種」を買ってみました。一つ1,296円です。760キロカロリーあるので費用対効果はそこまで悪くないと思います。

実際に登山中にクラッカーに付けて食べてみました。気温が低かったので絞り出すのが少し大変です。味は思っていたほど甘すぎず、くどすぎません。気温のせいかオイルっぽさはなくボソボソします。食後の胃もたれは等はなかったです。総じて好印象です。他の味も試してみたいです。



次はこちら。1食あたり400キロカロリー超えのビバークレーションです。 「トマトキック」と「ホッター・ザン・カレー」を頂きました。他にも「ポルチーニクリーム」と「海苔茶漬け」があります。4食パックで1,944円です。


器に出して、熱湯をかけます。すごいところは2分で食べられるところです。これはありがたい。温かいうちに食べられます。


味はどちらも香辛料が効いていて美味しかったです。少し味が濃いのが気になりました。これをおかずにご飯が食べられそうです。

ただ、残念なのは食後の胃もたれがすごかったです。カップラーメンなどのジャンク料理を食べた後と同じ胃もたれです。正直に言うと、もう登山には持っていかないでしょうね。(※保立個人の感想です)





これは先日のウルトラマラソンを走った時に持参したエネルギー源です。各エイドでも補給できますが、それ以外に持参しました。

13時間以上走っていると消費エネルギーはものすごい量になります(単純計算で体重60kgの人が100km走ると6000キロカロリー消費します)。足の筋肉と同時に実は胃腸も酷使しているんです。なので僕は太田胃酸を飲みながら走りました。

半日走りながらいろんなものを口に入れてきましたが、一番パワーがついて(精神的な意味でも)走る活力になったのは「おにぎり」「味噌汁」「梅干し」「果物」そして「水」でした。

軽量でかさばらないジェルやアミプ酸サプリ、大麦若粉末などの粉末、スポーツドリンクは最初のうちは良いですが、途中から生理的に受け付けなくなりました。人間も極限まで追い込まれると、身体に良いものを自然と欲するんだなと実感しました。

スポーツショップに行くとものすごい数のジェルやサプリが売っています。今まさに流行っているんだなという感じです。自分も今まではいろんなメーカーの物を興味本位で試してきました。

でも最近は、自然豊かな山を登って(走って)、ジャンクなものを口にするのは本末転倒な気がしてきました。子供も生まれて食事の大切さを考えることが増えてきた今、登山やランニングの行動食はおにぎりと果物を中心としていきたいと強く思いました。