映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saitou
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。


今週末、浅草で面白そうなイベントがあるので紹介します。

「つくり手の街」に浸る3日間。革製品の町工場や問屋が集積する奥浅草エリアで、モノづくりを身近に感じよう!普段は非公開の工房が、この3日間だけみなさまをお迎えします。職人の実演、クリエイターマーケット、もちろん下町グルメも満載です。

公式フェイスブックはこちらです。


さらに、革とものづくりの祭典A-ROUNDの新企画として今年より始まる「LOOP
奥浅草の10店舗が期間限定のギャラリーに!既存のカフェや革製品のお店が作家とコラボ!作品の発表から販売、ワークショップも行われます。レンタル自転車(2時間まで無料)に乗って秋の奥浅草をループしてみませんか!

出店店舗:ASAKUSA MADE/REND/WIRED HOTEL/喫茶あかね/CHARI YA TOKYO/UUTO café/Thought-FACTORY/うんすけ/madei/et vous?

出展作家:グラスドロップ/nekineki/今井茂淑/高橋絵里子/Decibell BY SATOH SHOTEN/テラムラリョウ/ホソノ ケンジ/Keeenue | キーニュ/リン/アトリエ正樹/オオシロムネユミ/T-F PRODUCTS/保立葉葉/cookliroliro/アサクサカッポウギ/Keepsmile Shoko/Tre./marse/長谷川風子/生形由香/島岡桂

先日の一本下駄の記事でもお伝えしましたが、有明で行われたシューズトライアルにセムコのスタッフとして参加してきました。

有名メーカーが目白押しでたいへん盛り上がっていました!


ALTRAです。エスカランテが今回のベストでした。アッパーが柔らかく走っていてとても気持ち良いです。


ONです。想像していたより軽くて履き心地抜群でした。やはり実際に走ってみないと分らないですね。


SALOMONです。ランニングベストが凄すぎて絶句しました。これなら通勤ランもストレスフリーです。


MERRELLです。足裏感覚抜群のベアフット系シューズ、ベイパーグローブ欲しくなりました。


HOKA ONEONEです。柔らかいクッションには感動を覚えました。ただ、僕には足幅が狭く合いませんでした。

残念なことに、時間が足りなくてすべてのメーカーは試せませんでした。


KARHUです。クマのぬいぐるみに息子が興奮していました。


MBTです。正直、一番気になります。次回は試したいと思います!




UNDER ARMOURとREEBOKとRAID LIGHTは後回しにしちゃいました。すみません。

ランニングシューズは、やはり一度コンクリートの上を走ってみないと分らないですね。とても良い経験ができました。次回もおそらくセムコスタッフとして行くので、興味がありましたら是非ご参加ください。

新潟県長岡市の長岡まつり大花火大会に行ってきました。長岡の花火大会といえば日本三大花火大会の一つに数えられ、戦時中の空襲からの復興を願って行われたのが始まりといわれています。日本全国から毎年たくさんの見物客が訪れ、歴史ある花火大会です。

参加したのは二日目の8月3日。会場の信濃川土手には何時間も前からたくさんのお客さんで賑わっていました。



長岡市長のお話しが終わり、長岡まつり大花火大会始まりです。
花火の演目は40ほどあり、演目ごとに花火の種類、スポンサー名、打ち上げる花火への思いがアナウンスされます。今までなんとなく見ていた花火ですが、各演目に気持ちが入ります。

ナイアガラ、~スターマイン、フェニックス等、たくさんの花火がBGMとともに打ち上げられます。

中でも平原綾香さんの「Jupiter」に乗せ、打ち上げられるフェニックスはすごい迫力です。
あちらこちらから打ち上げられた花火が空一面に広がり圧倒されました。
打ちあがった後はシャワーのように火花が落ちてきます。

最後は川の中州の打ち上げ場所にいる花火師さん達にみんなで画面を明るくしたスマートフォンを振り、お礼を言います。


長岡の花火、この感動は忘れられない夏一番の思い出になりました。


ビズバレー映像制作部のインスタグラムが始まりました。厳密には(ずいぶん前に)始まっていました。

仕事関連や、スタッフのプライベート、水道橋・神保町の耳寄り情報など無作為にアップしていきます。

まずはフォロアー100人を目指します。何卒よろしくお願いいたします!

私の伯父が考案開発した「コンパクト一本下駄」を家の中やロードで試してます。

伯父は長距離専門の本格派で、下諏訪~日本橋の215キロ走る大会(制限時間36時間)も完走してます。全盛期の月間走行距離はなんと600kmです。

そんな伯父がランニングをさらに快適に(より速く、より遠くに)するために試行錯誤の上に開発されたコンパクト一本下駄は、伯父の会社で製造まで受け持っている安心のメイド・イン・ジャパンです。


特徴はランニングシューズを履いたまま装着できるところです。


二本のゴムで止める仕組みです。単純ですがこれで脱げません。ちゃんと重心と着地を意識すれば走れます。踏み込む感じ(フラット着地)も理解(体感)できます。


室内用もあります。


フローリングで使用する場合はそこそこ音が出るので注意が必要です。うちは階下に住人がいないのでそこは安心です。


一歳児が履くとこんなサイズ感です。

そして、2017年9月30日にいろいろなメーカの靴が試履きできるイベント「クリール・シューズトライアル」が有明で開催されます。コンパクト一本下駄も去年に引き続き出店します。(私もお手伝いに行く予定です)

出店メーカーも豪華です!
・アルトラ/ALTRA
・アンダーアーマー/UNDER ARMOUR
・MBT
・オン/ON
・カルフ/KARHU
・サロモン/SALOMON
・セムコ(コンパクト一本下駄)
・ホカ オネオネ/HOKA ONEONE
・メレル/MERRELL
・リーボック/REEBOK
・レイドライト/RAID LIGHT


この日本最大規模の試し履きイベントの申し込みはスポーツ・エントリーから。

是非この機会に自分に合ったランニングシューズを探してみてください!