映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

映像制作スタッフの橋本です。

最近弊社の登山好きのスタッフや友達に触発され、
自分も登山に興味を持ち始めました。
そして、先日 鎌倉にトレッキングに行ってきました。

今回は今期開幕戦という事もあり、平坦な高低差のないコースでした。
という事もあり、中にはヒールの女の子もいて、お年寄りから子供まで
誰でも登れるようなコースでした。
写真のように梅も所々で咲いていて、春の訪れを感じました。
今年は例年より寒いので、早く暖かくなって欲しいものです。

64889_324146017707113_817036206_n

また、今回のもう一つ目的は写真のトレッキングポールを使用する事でした。
登山に興味を持ったのは、ギアの種類の多さと
一つ一つのデザインに惹かれたのもその一つです。
また、昨年下りの長い山に行った際、ひざが痛くなったので、
これがあるとひざへの負担が軽減される聞き購入しました。
今回はそんなに起伏があるコースではなかったので、あまり効果は発揮されませんでしたが、
新しいギアを持つと“登ってる”という感じがして、テンションが上がりますね。

73475_323644961090552_698785339_n

次回は今週末、同じ鎌倉トレッキングです。
次回は起伏もあり、トレッキングポールが役立ちそうで、今から楽しみです。

MPEG-DASHとは、国際標準(ISO/IEC)として規定されたアダプティブストリーミングの技術です。

動画圧縮技術には、HEVC(H.265)という、次世代のフォーマットがありますが、MPEG-DASHは、圧縮技術を指すのではなく、アダプティブストリーミングの仕組みを標準化したものになります。そのため、MPEG-DASHは、動画フォーマットは規定されておらず、H.264やWebMといった形式で配信することができます。 ※ 何か、HTML5 Videoと似てますね。

今まで、アダプティブストリーミングは、アップル(HTTP Live Streaming)、アドビ(Dynamic Streaming)、マイクロソフト(Smooth Streaming)が、独自の方法で、実現してきましたが、標準化が遅ればせながら出てきたことになります。

アドビは、Adobe Media Serverで、MPEG-DASHに対応することを表明していて、YouTubeも、対応しそうな気配があります。また、ブラウザのChromeは、既にMPEG-DASHをサポートしています。

そして、アドビとアカマイは、Webサイト上にプロトタイプを公開していますので、ちょっと見てみると参考になるでしょう。

MPEG-DASH Prototype Player
MPEG-DASH Prototype Player

標準化によるメリット(期待)は、どのデバイスでもMPEG-DASHなら再生できるという、相互運用性の環境が揃うことです。ベンダーが賛同して、対応する必要がありますが、それが実現できれば、配信する側の負担は、だいぶ楽になるので、今後 期待のフォーマットになる可能性があります。

映像制作会社「ビズバレー」は神保町にオフィスがあります。
そして、神保町と言えばアウトドアショップ街としてもよく知られています。
今回は各お店をランキング形式で紹介していきます。(あくまで僕個人のランキングです)

第1位「さかいやスポーツ
やはりここがダントツの1位ですね。ビズバレーからも一番近いですし。
さかいやは全部で7つの売り場に分かれていて、用途によって細分化されています。

【ウェア館】
3階建のフロアにさまざまなウェアが置いてあります。
街で着れるものから、ランニングウェア、下着までここで揃います。

【LaLaさかいや】
ウェア館の裏手にある、女性用ウェア専門店です。

【モンベルルーム】
LaLaの向かいにあるのはモンベル専門店。
安くて性能の高いモンベル製品が欲しい方はこちらです。

【エコープラザ】
個人的にはここが一番好きです。何度来ても面白い。ギア全般がそろいます。
寝袋、バックパック、ドライフード、カトラリ、スノーシュー、何でもです!

【キャンプ&クライミング館】
エコープラザ向かいです。昔はここが靴売り場でした。
テントやタープはもちろん、アイゼン、ピッケル、本格的な匂いのする売場です。

【シューズ館】
売り場面積が広くなった靴売り場。登山靴からサンダルまで多種多様な靴が試せます。
靴下をよく買いに行きます。僕の好きな靴下はダーンタフです。

以上がさかいやスポーツの全体像です。
1位になった理由は、ポイントの還元率が異様に高い。そして圧倒的な品揃え。

第2位「石井スポーツ
ICI登山本店として靖国通り沿いサイゼリヤの上にあります。
ワンフロアーなので品揃えはさかいやに劣りますが、さかいやに無いものがここにあります!
その一例としては書籍類。雑誌を始め、山地図、山岳小説などが豊富なラインナップ。

第3位「エルブレス
神保町からは結構歩くので最近はめっきり行かなくなった。ヴィクトリア系列のお店です。
小物や街着が豊富で、コールマンなどのキャンプ用品にも強いです。たまに掘り出し物があります。
ここまで来たらパタゴニア神田店も近いので是非そちらにも行ってみて下さい。

アウトドアスポーツを始めたい人はまず神保町に来てみてはいかがでしょうか。
それではまた次回の記事でお会いしましょう。

-

水道橋駅と神保町駅の真ん中にある
映像制作会社で働いている斉藤です。

仕事柄、目がとても疲れているので、
参天製薬の目薬「サンテメディカル10」が
手放せません。
サンテメディカル10

以前は、ロート製薬「ロート ゴールド40」を
愛用していたのですが、こちらは、
中高年の目の悩みに着目した目薬だそうで、
パソコン仕事の目の疲れには、効かないと
薬剤師に言われてしまいました。
全ての成分が最大濃度入っているとパッケージに
書いてあるのですが・・・

それから乗り換えた目薬が
参天製薬の目薬「サンテメディカル10」で、こちらも
眼疲労に有効成分 最大濃度配合と書いてあります。

個人的には、参天製薬の目薬「サンテメディカル10」の
方が効いている感じがあります。
○ ロート製薬「ロート ゴールド40」
◎ 参天製薬の目薬「サンテメディカル10」

そして今日は、目が疲労で疲れていたので、
神保町のハイテクタウンで、高気圧メディカルトレーナーを体験してきました。
正確的には、酸素カプセルと勘違いして入ってしまったのですが・・・
【お店紹介ページ】
ハイテクタウン 神保町
http://www.hi-sports.com/c/relax.php

シエンペクス高気圧メディカルトレーナーの、
「高気圧」と「高濃度酸素」環境の実力!!
期待できる5つの効果!
・ケガの回復を早める効果
・コンディショニング効果
・ダイエット効果
・美容効果
・レオロジー効果
が期待できるそうです。
近年ではプロスポーツ選手やハリウッドスターの間で、
健康・美容法として注目を浴びているそうです。

さっそく、1畳半の箱の中に入り、
箱の中は1.3気圧になっていき、
(水深3メートルの気圧)
体が微妙に押されている感じがします。
耳は気圧で詰まるので、常に耳抜きしてました。
途中から、高濃度の酸素が出てきて、
全身に酸素が行き渡る感じがしました。
高気圧メディカルトレーナー内

高気圧メディカルトレーナーのディスプレー

高気圧メディカルトレーナーから出ると
体の全体が、すっきりした感じがしました。
是非♪お試しあれ♪

動画制作の依頼も承っております。
リクルート、会社説明動画の出張撮影も可能です。
料金や、質問など、お気軽にお問合せください。
USTREAM STUDIO  

こんにちは、映像スタッフの保立です。前回は自立式テントの紹介でした。

今回は、使用方法が限定されますが、さらに持ち運びしやすい簡易テントのお話です。
まずは「ツエルト」から。これは二つの支点により吊り下げられ固定されるテントです。
トレッキングポールや木の枝、とにかく支点が二つ出来れば立ち上がります。
ファイントラック "ツエルトⅡ"はメーカー公称320グラム。驚きの軽さです。
軽い荷物・小さいバックパックで山に行くときはツエルト使用してます。

ツエルト_1

ツエルト_2

居住性はそこまで悪くないですが、稜線などの強風下では厳しいです。
実際、僕は木曾駒ヶ岳のテン場で嵐に遭い、水没・倒壊の目に遭いました。
何度も使った印象ですが、対水圧はメーカー公称ほど高くないと思います。

次に「ビビィ」です。これは簡単に言うと大きいずた袋です。(まだ積極的に使う勇気はないですが)
完全防水の素材で作られていて。外からの雨風はシャットアウト。
ですが、透湿性が無いので朝起きたら内側がびしょびしょということも。
寝ているとき人間は必ず汗をかくので、結露はしょうがないと割り切るしかないのか…
ちなみに僕が使用しているのはアマゾンで3000円以下で買えます。重量は約100グラム。

ビバーク
東京に雪が降ったとき実家の庭で試してみました。
結果は、とても暖かくて朝までぐっすり眠れました。もちろん寝袋は結露で濡れましたけど。

昨今、キャンプ場や山であまりにも快適性を求めるあまり、過剰な装備に包まれてる人を見かけます。
これじゃ家と変わらんという光景にはちょっとした違和感を感じます。
不便や厳しい環境を楽しめたらアウトドアレジャーももっと自由に慣れるのではないかと思います。
僕がアウトドアで意識しているのは「サーファーが板一枚で海と対峙している姿勢」です。
余計なもの、過剰なものは持ち込まないで自然と触れ合っていきたいと思っています。