映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

こんにちは。株式会社ビズバレーの
登山大好き映像スタッフ保立です。

いきなりですが、株式会社ビズバレーは神保町にあります。
今日はこの神保町という場所とアウトドアについて思うことを書いていきます。
神保町と聞いて思い出すのは、古本街、カレー・ラーメンの激戦区、などなど…

みなさんはどうでしょうか?

僕個人ではまず一番に「アウトドアショップ」です。
大手アウトドアショップから個人店まで多岐にわたってお店が展開されています。
お勧めは、さかいやスポーツ!それに続いて石井、エルブレスといった感じでしょうか。
僕は入社以来足しげく通っています。今では店員さんとも顔見知りになりました。

2009年頃から始まった山ガールブームの影響で、
お店にも若いお客さんが増えた気がします。
アウトドアを楽しむ若年層は今後も確実に増え続けていくでしょう。
人それぞれいろいろなきっかけがあるみたいです。

その一つとして多いのが野外フェス。自然の中で過ごす楽しさに目覚める。
女性に多いのがランニングを中心としたフィットネスブーム。
登山はスポーツとして考えて良いと思います。たくさん汗かきますしね。
まずは奥多摩・丹沢を日帰りで始めて、来年の夏はアルプスという方も多いのでは。
上高地、尾瀬、屋久島、八ヶ岳あたりはいつの時代も人気です。
いつかはテント泊もしたい。そんな声をここ神保町ではよく耳にします。
テント泊は良いですよ。解放感が違います。

話が少し変わって、
数年前からウルトラライト(以下UL)というムーブメントが来ています。
無駄なものを持たない、本当に必要なものだけを持ってハイクするのです。
サーファーがサーフボード一枚で海と対峙しているように、
ハイカーも身一つで自然と対峙していく姿勢です。
しかし、山の過酷な自然環境では手ぶらというわけにはいきません。
雨も降るし腹も減ります。

そこでテントの代わりに軽量タープのようなフロアレスでの野営。
雨さえしのげれば大丈夫という感覚。土の上にダイレクトに寝る。
虫やらなんやらと一緒に夜を過ごす。自然を感じれます。
ガスバーナーも過剰な装備なので、そこはアルコールストーブに。
屈強な登山靴も軽量なランニングシューズに。
一つ一つ心も体も軽くなっていきます。

「何を持っていくかではなく、何を置いていくか」バックパッキングの基本らしいです。

「吾唯足知」われただたるをしる。いい言葉ですよね。ULの基本概念かもしれません。

取りとめもなく書いてきましたが、今回はここら辺で締めたいと思います。
アウトドアに目覚めたらとりあえず神保町へ。
ビズバレーもありますし(笑)
こんな素敵な町で働けることを幸せに思います。

それではまた。

映像制作会社スタッフの斉藤です。

今回は、当社のブルーバックスタジオ
撮影する際の注意点を紹介したいと思います。
ブルーバックスタジオで、合成撮影をする場合
青い物は透けてしまいます。
透けた部分は、後ろの背景が映ってしまいます。
試しに、青い物を使用して撮影をしてみました。



イスの座る青い部分が透けてしまっています。

青いバインダーは表紙が透けてしまっています。
こんなステキなブルーバックスタジオを使って、

セミナーコンテンツ映像制作

企業向け映像制作

イーラーニング教材の映像

インターネット動画など
色々な映像をつくり活用することが出来ます。

みなさま初めまして。
BizValleyのエンタメ担当(自称)河合です( ̄▽+ ̄*)

難しい機材のことなんかは他の方におまかせするとして…

エンタメ担当を自称する私としては、
この夏個人的に面白かったな~という映像作品をご紹介したい!

ということでまずは9月に東京・日本橋で開催されていた「アートアクアリウム展」



5千匹の金魚が泳ぐこの展示、
アートアクアリウムとナイトアクアリウムの2部構成で
2部はお酒を飲みながら金魚を愛でることができるという大人な展示会。

年齢的には大人だけど、精神的にはどうかしら?という私は昼間の参加でしたが、
とにかく金魚がかわいい!



そしてこれ!

・ ・ ・ ・ ・ ( ̄□ ̄;)!!

 

「水中四季絵巻」をお見せしたかったのですが、
すみません。写真を撮り忘れました(´・ω・`)

横8M×縦2Mの水槽に映像を投影し、その中を錦鯉が泳ぐ
というものなんですが、これプロジェクションマッピングという技術だそうです。

プロジェクションマッピング。みなさまご存知ですか?
映像をプロジェクターで建物などの立体物に投影し、
建物自体が光ったり変形したりしているように見せる
リアルとバーチャルが融合した表現方法なんです。

写真を撮り忘れたのが残念でなりません。
ご興味のある方はぜひ検索を。



こちらは「ビョウブリウム」
木や鳥などのグラフィック映像に金魚の影が浮かび上がる、
こちらも幻想的な映像作品でした。
東京での展示は終わってしまいましたが、12月から大阪で開催されるようです。
お近くの方はぜひ行かれてみてはどうでしょうか?

アートアクアリウム

そしてプロジェクションマッピングといえば、もう1つ!
先日開催された「TOKYO STATION VISION」



駅舎の復興工事の完成を祝い、東京駅丸の内駅舎にCGを投影する映像スペクタルショー



東京駅を巨大スクリーンとして映し出される映像はまさに圧巻でした。

そしてこのショーを見逃したという方、朗報です!
12月21日から28日まで東京・丸の内で行われる「東京ミチテラス 2012」で
プロジェクションマッピングを利用したライティングショーが行われるそうです。

このプロジェクションマッピング技術、BizValleyではまだまだ追いつきませんが、
リアルとバーチャルの融合という点では、弊社ブルーバックスタジオでも毎日撮影を行っております。
ブルーバックスタジオって、どんなスタジオ?

様々な映像作品から刺激をいただきつつ、
常に新しいものを創造し、みなさまにご提案させていただきたい!
そんな気持ちで、日々お仕事に、そしてエンタメに!!!力を入れて参ります。

映像制作のご要望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
BizValleyスタッフ一同お待ちしております。
株式会社BizValley
03-5283-9133
営業時間:月曜日~土曜日/午前9時~午後6時(祝祭日は除く)

はじめまして。加藤です。
初投稿ですので軽く自己紹介を。
ビ ズバレーで映像制作に携わっています。
撮影や編集は勿論ですが、隙間時間を使ってこっそりスマホアプリ試作してみたり、
業務上あると便利なちょっとしたツールのプログラミングをしたりと、
割と好き勝手やってます。
そのうち映像で使うBGMとか作りたいと思ってます。

さて、本題に入ります。

いきなりですが、これはでしょう。



1.肩たたき
2.指し棒
3.リンゴ飴
4.マッチ
分かりづらいでしょうか。拡大します。



拡大したところで何のヒントにもなってませんね。

ヒ ントはタイトルにもありますが、弊社ブルーバックスタジオの備品です。

 

そうです



2.指し棒 です。

どこを指し示しているか一目瞭然。
うん。分かりやすいですね。

ちなみに私が知る限り、これが実際に使われている所を見たことは一度もありません。。

実質、私がスタジオにこもっている間の肩たたきと化しています。

よっ て 1.肩たたき も正解とします。

それではまた。

映像制作スタッフの橋本です。

突然ですが、GOPROというカメラをご存知ですか?
最近バラエティやスポーツ番組でよく見られるカメラです。
http://gopro-nippon.com/
幅60mm×高さ42mm×奥行36mmと非常にスマートです。
しかし、視野角が170°と超広角のため、臨場感のある映像が撮影できます。

先日弊社でも飲食店の撮影 で使用しました。メインは業務用カメラを使用しますが、混み合った場所だったり、省スペースが求められるところではサブカメラとしてう使用できます。

弊社では、飲食店だけでなく、様々な企業のプロモーションをサポートしています。是非一回ホームページ をご覧ください。

https://www.bizvalley.co.jp/vp/