映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

荒川土手はランニングをするにはもってこいの場所です。過去のブログでもおすすめコースを紹介しましたが、今回は100マイルを目指す方へ周回コースのご案内です。


新荒川大橋から見た景色です。ここから走り出すには赤羽岩淵駅が便利です。今回は時計回りで走ってみます。


コースは1週16kmです。オレンジ色のルートをご自分の好きな回りで走ります。10周するとちょうど100マイルになります。


広くて空いてて走りやすいコースです。この写真の場所は西台駅近くになります。ASKULの建物が目印です。


残念ながらコンビニは少し離れていますので、補給食はランバッグやポケットに忍ばせておくのをお勧めします。


トイレは走りながら数えたら、13箇所(簡易トイレ含む)くらいあるので安心です。水場はもっとあります。


土手へのアクセスも抜群です。コースへの最寄り駅が10駅あります。
JR埼京線→戸田公園駅駅、北赤羽駅、浮間舟渡駅(地図①⑤⑥)
JR京浜東北線→川口駅(地図②)
埼玉高速鉄道→川口元郷駅(地図③)
東京メトロ南北線→赤羽岩淵駅(地図④)
都営三田線→西台駅、高島平駅、新高島平駅、西高島平駅(地図⑦⑧⑨⑩)
やめたいときにいつでもエスケープできます。


笹目橋南側からみた景色です。笹目橋へは西高島平駅が便利です。


走った後にお風呂に入りたい方にも朗報です。地図の温泉マークをご確認ください。


写真は戸田橋を超えたあたりです。さぁ、もうひとがんばりです。遠くに見える高層ビル群が川口です。

いかがでしたでしょうか。このルートは景色もよく気持ちよいので、私も休みの日に1~2週走ることはあります。いつか10周して100マイラーの仲間入りしたいです。

余談ですが、ウルトラランナーにおすすめのポッドキャストのご紹介です。
100miles100times.
「生涯で100マイルを100本」のスローガンを達成すべく走り続ける 井原知一選手のポッドキャストです。ランニング中に聴いていますが、とても面白いです。ランナーの方は、ぜひ一度聴いてみてはいかがでしょうか。

追記。
先日、高尾に走りに行ったとき駅前で井原選手にばったり会いました。反射的に「トモさんですか?」とお声がけしていました(笑)。初めての生トモさんに感激しました。

こんにちは、秋晴れの日に紅葉の山を走るとスカッとしますよね。仕事のストレスも吹き飛びます。今回はそんなトレイルランニングの記事です。

東京都最高峰の雲取山(標高2,017m)には過去に3度登っています。一度目は2011年に鴨沢から登り、奥多摩小屋でツェルト泊して三峯神社に下山。二度目は2012年に峰谷から登り、鷹巣山避難小屋でテント泊して鴨沢に下山。三度目は2017年、このブログでも紹介しています。

過去の3度の行程ではどれも2日間の日程が必要でしたが、トレランを始めた今、走れば日帰りで行けます。アクセスは、JR奥多摩駅前から7時38分発(※平日の時刻表です)小菅の湯行バスで留浦下車。準備運動していよいよ出発です。


今回のコースは雲取山まで最短距離で登ったのちに、石尾根を使って奥多摩駅まで下ります。


ちなみにヤマレコのルートWikiによると鴨沢から奥多摩駅までは34km、累積標高2290mだそうです。


鴨沢の登山口まではロードで足慣らしです。民家の脇をぬけてトレイルに入ります。序盤はずっと歩きやすい登山道が続きます。さすが人気のルートだけあります。登りは早歩きで平らなところは走ります。水分は1リットル用意しているので、七ツ石小屋(水場)・七ツ石山には寄らず巻き道で進みます。


尾根に上がるともう最高な景色が待っています。ダッシュしたくなる気持ちを抑えつつ進みます。先は長いです。


過去にお世話になった奥多摩小屋が解体されていました。なんだか寂しいですね。


その後しばらくは、遠くに富士山を見ながらの極上トレイルが続きます。


気が付けば頂上です。スタートから2時間半でした。まずまずのタイムです。


頂上直下の見晴らしの良いところで休憩です。天気が良く暖かい日だったのでついつい長居してしまいました。


くだりも小刻みに下りていきましょう。景色に見とれて転ばないように注意です。


七ツ石山に着きました。水もなくなったので、七ツ石小屋まで一旦下ります。


水を汲んだら、また尾根まで登り返して進みます。秋を感じますね。


徐々にへばってきました。鷹ノ巣山でしばし休憩。自撮りにも疲労を感じます(笑)


その後は淡々と走ったり歩いたりで羽黒三田神社まで来ました。ここまで来ればゴールまでもう少しです。しばらく進むと奥多摩駅前に出るので、汗を流しに「もえぎの湯」に向かいました。温泉がゴールって嬉しいですよね。タイムは7時間20分でした。


標高差は私のSUUNTOの表示だと、こんな具合でした。

雲取山・石尾根の印象はとにかく景色が良くて、気持ちよく走れるコースでした。ただ、思っていた以上に後半の細かい登り返しがきつかったです。皆さんも是非楽しんでみてください。それではまた。

紅葉を見に山形県の名峰「月山」に行ってきました。リフトもあるし、登山道は整っているので子供連れでハイキングが楽しめます。(※牛首から頂上までは険しい岩場なので登山の装備が必要です)


山形は遠いので前日入りです。麓でキャンプします。お世話になったのは「志津野営場」です。値段も格安ですし、なにより静かなのでキャンプ好きには嬉しい限りです。


備え付けの机と椅子もあるので助かります。翌日は朝早くから登山なのでお酒は控えめに、夕飯はBBQではなくガスで調理しました。


とても月の明るい夜でした。それではおやすみなさい。

登山当日の朝は産直で買った果物を食べ、さっと準備して出発です。まずは車で姥沢の駐車場まで行きます。キャンプ場からすぐです。


リフトに乗って1520mまで上がります。紅葉真っ盛りです。登りは姥ヶ岳を通らずにまっずぐ月山頂上(1980m)を目指します。


振り返るとリフト乗り場が見えます。


前半は整った木道です。とても歩きやすいので小さいお子さんでも問題なさそうです。



紅葉が大変美しいです。


気が付けば徐々に厳しい道へと変わってきます。


振り返ると歩いて来た道が見えます。ずいぶんと歩いてきました。


さぁ、頂上まで頑張りましょう!


立ち止まっては、美しい山並みに目を奪われます。


息子は前半に頑張りすぎて後半はバテました。


なんとか無事登頂できました。山頂でお昼御飯です。寒い時期は暖かい食事がありがたいですね。下山は姥ヶ岳を通ってリフト乗り場に戻りました。10月上旬の時期で紅葉がドンピシャでした。下界が夏でも、山は冬だったりします。軽装備での登山くれぐれもご遠慮くださいね。

-

おまけ。

登山の次の日は、寒河江で一番美味しい!と地元の人が認めるラーメン屋さんに行きました。


「佐平治食堂」です。噂は本当でした。むちゃくちゃ美味しかったです。必ず再訪します。

それでは、また。

水道橋に人気のカレー店が2020年9月20日オープンしました。

Sitar 水道橋店

Sitar 吉祥寺店

食べログ点数3.49 口コミ 112件

Sitar 吉祥寺2号店

Sitar 習志野店

早速行ってきました。

 



ランチメニュー







頼んだのが



ランチC タンドリーランチ

3分後に

ドーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



鉄板でジュージューな

シークカバブとタンドリーチキン

大きいです♪ 鉄板は20センチくらいです

ナンはモチモチのナンで大好きです
カレーの味も大変美味しいです♪

食べ応えのある量でした。

食べログにランチ50円引きかデザートのクーポンが使えました。

久しぶりにおいしいカレー屋さんがオープンしました
 

【アクセス】

東京都千代田区神田三崎町2-13-5 豊年屋ビル 1F

水道橋駅 徒歩3分



【時間】

11時~23時

【定休日】

なし

 

 

 

------------------------------------------------------------------

当社ビズバレーは水道橋・神保町に

防音の合成撮影スタジオを完備しています。



ウェビナーや出張撮影にも対応しています♪

お気軽にお問い合わせください♪

TEL:03-3221-5025

https://bizvalley.co.jp/

湖畔でのキャンプは格別です。今回は中禅寺湖にてキャンプを楽しんできました。場所は「菖蒲ヶ浜キャンプ場」です。レンタカーを借りれなかったので電車とバスで行きました。

行き方は、東武日光駅からバスに乗ります。バスは二日間のフリーパスを使うとお得です。降りるバス停は35番の「菖蒲遊覧船発着所」です。そこから受付まで歩きます。


受付を済ませたら場所探しです。場内はとても広いので、どこに張るか迷います。いろいろ迷って、結局一番奥にはりました。プライベート感があって最高の場所でした。


男体山は雲に隠れていました。体力に自信がある方は登ってみてはいかがでしょうか。


夕暮れ時も美しいです。徐々に夕飯の準備を始めていきましょう。


夜も更けてきました。中禅寺湖は標高が1,200mあるので、日が沈むと想像以上に冷え込みます。


月も美しいです。星も出ています。それでは、おやすみなさい。


夜が明けました。湖畔の静かな朝です。


下が砂浜なのでマットがなくても大丈夫です。枕を忘れたので息子のぬいぐるみを使いました。


起きて目の前が湖、というロケーションは改めて良いなと思います。


夜飲みすぎたのか、まだ誰も起きてきません。湖畔を散歩して過ごします。


息子もなにか感じることがあったでしょう。


温泉は奥日光湯元温泉の「おおるり山荘」に行きました。バスは終点の一つ手前で降りてください。


硫黄の香りが嬉しい、少し緑がかった乳白色の厳選かけ流しの温泉でした。

寒くなってきて焚火も温泉も気持ちよい季節です。皆様もぜひ日光中禅寺湖エリアに行ってみてはいかがでしょうか。