映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

現在進行中の案件で、Math.exp というエクスプレッションを使用したアニメーションを作成しましたので少しご紹介したいと思います。

Math.exp(任意の数値); と記述した場合、約2.72を任意の数値乗した値が戻ってきます。

約2.72がどこから出てきたかは数学的な話になってしまうので深く考えずに先に行きます。

Math.exp(1); と記述すると 約2.72の一乗で約2.72。

Math.exp(2); と記述すると 約2.72の二乗で約7.39。

Math.exp(3); と記述すると 約2.72の三乗で約20.1。





では、任意の数値を毎度おなじみの time に置き換えましょう。

Math.exp(time);

どんな数値が生成されているか見てみます。



数値が加速して増えているように見えます。

グラフも見てみましょう。

1312xx_1

縮尺の関係で4秒位まで0に見えますが、じわじわと増えています。

この性質を利用して、加速減速を表現させることが出来ます。

試に適当な平面を作り回転にこのエクスプレッションを記述します。

※ここでは説明の便宜上スライダー制御に記述して、ピックウィップで参照しています

1312xx_2



徐々に回転速度が増していき、後半は逆回転して見えるほどのスピードで回転しています。

今度は徐々に遅くしてみます。

適当な数値/Math.exp(time) と記述すれば、時間とともに分母Math.exp(time)が増えていきますので戻ってくる値は徐々に0に近づいていきます。

今回は適当な数値を360としてみました。

360/Math.exp(time);



徐々に減速しました。

以前ご紹介した Math.sin 等と組み合わせれば落下してきたオブジェクトがバウンドして徐々に停止する表現などが簡単に出来ます。

こんにちは。
映像制作スタッフの高橋です。

海外サイトが配布するAfter Effectsのサンプル・プロジェクトやプリセットを開くと
After Effectsの言語を日本語で使用している場合、
エフェクト名やエクスプレッションの記述が英語表記で制作されているため、
エラーになったり、プロジェクトが開かなかったりします。
AfterEffects警告

そのような時は、
After Effectsの言語を日本語から英語に変えて起動すると改善されました。

After Effectsの言語を日本語から英語に変えるには、
まずメモ帳(テキスト)で「ae_force_english.txt」という
ファイル名のテキストデータを作成します。

次に、そのファイルをマイドキュメントに入れたのち、
After Effectsを起動すると言語が日本語から英語に変わっています。
ENGLISH起動
日本語に戻す場合は、
マイドキュメントから「ae_force_english.txt」を削除または移動すれば良いようです。

ちなみに、
englishの部分をほかの言語に変えてみたら、
いろいろな言語で起動ができるのかなと思い、試してみましたが、変わらないようです。

では、失礼します。

今回はアウトドアジャケットの素材についてのお話です。
まずは防水透湿素材のパイオニア"GORE-TEX"から。
GORE-TEX
ゴアテックスは多種多様なブランドで使われているだけあって安心感はあります。ですが雨具という観点からみると、これからの時代「買い」ではない気がします。夏場の登山やフェスでの使用だと、正直蒸れます。雨ではなく汗で中の服が濡れます。しかも半袖の上に着ようものなら、素肌にぺったりとまとわりついて気持ち悪いです。

今までいろいろなシーンで使ってきた印象としては夏場の雨具としては不向き。
冬場(降雪)のアウターとしては効果的。靴での使用が一番有効かと思います。

じゃあ夏場の雨具は何がいいの。正解はみんな使っている「傘」です。蒸れない濡れない最高のギアです。しかし傘が使えないシーンもありますよね。風がとても強いとき、両手を使いたいとき。ではいったいどんな雨具を着ればいいのか。

僕が経験して導いた解答は"eVent"

eVent
この素材はゴアテックスに比べると耐水圧は劣りますが、透湿性で上回ります。
僕が買ったのはMONTANE Spektr Smock。実際着てみるとよく分かります。
Montane_Spektr_SmockeVent
行動中の脱ぎ気が画期的に減りました。この透湿性には毎回驚かされます。
ただし本品はタイトな裁断のプルオーナーなので着るときが面倒です。
これ以外にもイーベントを使用している製品はありますのでチェックしてみてください。

DryQ
最後にマウンテンハードウェアの自社開発素材"DRY.Q"。けっこう評判良いみたいです。でも自分は使ったことないので何とも言えません。詳しくはメーカーページでご確認ください。

他にも、モンベルの「フリーズドライテック」、コロンビアの「オムニテック」、パタゴニアの「H2No」など防水透湿性素材っていろいろあるんですよ。自分のスタイルに合った一枚を見つけてみて下さい。

映像制作スタッフの高橋です。

今日は、「Trapcode Mir」を使って、山を作ってみました。

私が携わる案件での使い道は、あまりあるとは思えませんが、
「Trapcode Mir」の代名詞的な表現手法になっているので、
ちょっと試してみることにしました。



まず、山にするレイヤー(平面に「Trapcode Mir」を適用)、
山のテクスチャー(標準エフェクトのフラクタルノイズを適用して作成)、
空にするレイヤー(平面に標準エフェクトのカラーカーブを適用して作成)、
ライト、カメラを用意しました。

そして、下記が「Trapcode Mir」の初期設定から手を加えた内容です。

Geometoryグループ
Geometory10
Vertices(山頂、頂点)の数を増やし、Sizeで面積を大きくしました。

Fractalグループ
Fractal10
Amplitude(振幅)で山の高さを調整しました。
さらにこのグループのほかの設定で山並みを微調整しました。

Shaderグループ
Shader10
Shaderを「Flat」にしました。

Material、Textureグループ
Material Texture10
山の色の変更、山の質感を指定しました。

Visibilityグループでは、
霧がかった表現を設定できました。

簡単に作成できるかと思いましたが、
理想的な質感や山並みが表現できず、微調整の繰り返しが必要でした。

まだまだ試行錯誤しなくてならないようです。

-

Googleドライブは、ドキュメントの作成や管理などに利用されるオンラインストレージです。もともとは、Googleドキュメントと呼ばれ、文書、スプレッドシート、プレゼンテーションを作成するサービスでしたが、現在は、画像など、どんなファイルでもアップロードして管理することができます。

ここで意外と、知られていない?機能に、動画ファイルもアップロードできて、しかも、インターネット上に公開することができます。今回は、実際に動画をアップロードしてみて、どのような感じかを見てみましょう。

Googleドライブで、動画ファイルをアップロードすると「マイドライブ」の中にファイルが置かれます。

Googleドライブ

ここで、ファイルを選択して、「その他」のメニューから「共有」を選ぶと、自分だけでなく、インターネット上に公開することができます。

「共有するリンク」に表示される長いアドレスが、ほかの閲覧者がアクセスするときのアドレスになります。そして、そのアドレスに対して、アクセスできる共有設定を行います。

URLの取得

検索エンジンに登録されても良い場合は、「ウェブ上で一般公開」を選択して、登録されたくない場合は、「リンクを知っている全員」を指定します。閲覧者が特定されて、Googleのアカウントを持っている場合は、「限定公開」になります。自分で共有設定をしない場合は、この設定がデフォルトとなり自分のアカウントのみが閲覧できる状態になります。

20130111_2

ここでは、「ウェブ上で一般公開」の設定で検索エンジンにも登録されても良い。という設定にしました。アクセスは、閲覧者がコメントを残せるかを指定できます。

Googleドライブ上のファイルは、何人かで共同作業をするためのツールとして考えられているため、ドキュメントにコメントを付けたり、リビジョン管理で変更前の状態に戻すことができます。

公開すると、このような感じで動画を見ることができます。

Googleドライブから再生
https://docs.google.com/file/d/0B0EVjOw7_HKEOWo2T3RqNU12bEk/edit

また動画の埋め込み機能もついていて、ブログなどに埋め込むことができます。

20130111_5

実際に、YouTubeと埋め込みの動画の比較のために、サンプルを作り並べてみました。下のリンク先を見てみてください。

20130111_6 https://bizvalley.co.jp/asset/01/youtube_google_drive.html


よく似ていますが、YouTubeとの違いをざっくり挙げると

  • YouTubeへのリンクが付かない
  • 共有動画サイトに動画をアップロードしなくてよい、安心感
  • Googleドライブのディスク容量を気にする必要がある
  • 最大1GBまでの動画をアップロード公開することができる
  • 自動再生など、パラメータを付けた再生制御などカスタマイズすることはできない
  • YouTubeではアップロード拒否される、著作権的にアレな動画もアップロードできる
  • 再生ボタンなどのツールバーが常に表示される
  • ページ埋め込みにすると、自動的に画面中央に動画を表示(スクロール)しようとする
また共有の制限に関しては、下記リンクを参照してみてください。
http://support.google.com/drive/bin/answer.py?hl=ja&answer=2494827

YouTubeなど動画共有サイトを利用せず、一部の方に動画の確認してもらう方法として、オンラインストレージを利用する方法は、知っておくと良いかもしれません。また、Googleドライブだけでなく、Dropboxなどほかのオンラインストレージでも、動画公開できるものがありますので、いろいろ違いを見てみるのもいいかもしれません。