映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saitou
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

毎日毎日本当に暑いですね。こうも暑いとヒヤッとするところに遊びに行きたくなります。

そこで今回おすすめするのは埼玉県日高市の「巾着田」です。秋に咲く曼珠沙華の群生で有名な所ですね。そこに綺麗な川があるんです。高麗川というのですが、そこでばっちり涼を取りながら遊べちゃいます。流れもゆっくりで浅いので小さいお子様連れでも安心です。






水の透明度も高いです。小魚もいます。


おたまじゃくしを捕まえたのは何年振りでしょうか(笑)


次の日も遊びたい人はキャンプして泊まりましょう。無料です。
(※曼珠沙華の季節はキャンプ禁止です。駐車料金は1日500円かかります。)


夜はBBQしました。知る人ぞ知る「遠山のジンギス」が最高です。長野県飯田市に行った人はぜひ買ってみてください。病み付きになりますよ。

翌朝は目玉焼きとホットサンドとコーヒーでした。ここでギアのご紹介。


MSRのテフロン製フライパンの使い勝手が良いです。とても軽いですし。


トランギアのケトルは「なんでもっと早く買わなかったのだろう」という具合に最高です。


ヘリノックスの椅子はもはや定番ですよね。欠かせません。

いかがでしたでしょうか?日帰りでも十分楽しめるので是非行ってみてください。電車で行く場合は飯能駅からバスが出ています。セブンイレブンの前にバス停があるので何かと便利です。もちろん高麗駅からも歩けますよ。散歩がてらどうぞ。

都心から1時間で行ける山があります。それは高尾山です。今回は高尾山を起点にして半日あればできる大人の遊びをご紹介します。トレイルランニングを始めて間もない初心者の私でも、半日あればこんなにも満喫できるのかと驚いております。


ランニングという機動力があるのでスタートは高尾駅です。高尾駅なら乗り換えも少なくて着くことができます。トイレを済ませて出発です。遅くとも7時半までにはスタートしたいところです。


まずは高尾山口駅を目指します。このロードランが丁度良いウォーミングアップになります。高尾山頂まではいろんなコースが楽しめます。私は稲荷山コースを選択しました。その次に目指すは城山です。巻けるところはすべて巻いていきます。城山以降は大垂水峠~大洞山~中沢山~草戸山と南高尾山稜を縦走します。


今回初めて導入したハイドレーションシステム(水タンクからホースが伸びていてちゅーちゅー吸うやつです)がとても良かったです。これについてはまた今度詳しく書きます。


最後は四辻から高尾山口駅に降りてゴールです。お疲れ様でした!目の前にある「京王高尾山温泉」で汗を流しましょう。


温泉でさっぱりしたらお昼ごはんです。ここでオススメしたいのが老舗蕎麦屋の「高橋家」です。ぜひ食べてみてください。

行きの電車1時間、トレラン3時間40分、お風呂40分、食事40分、帰りの電車1時間、計7時間でここまで遊べます。温泉・蕎麦好きランナーの皆様、これをやらない手はないですよ。

1、白布温泉(山形県)
~江戸時代には奥羽三高湯に数えられた~

西屋」にて入浴。お湯は熱く、力強い。慣れていないと湯あたりしてしまうパワーがある。


かやぶき屋根の外観に歴史を感じた。いつか宿泊してみたい宿である。




2、沼尻温泉(福島県)
~安達太良山を熱源としている~

田村屋旅館」にて入浴。素晴らしい泉質。肌にしっとりと入ってくる効能を文字通り体感できる。玄人好みの穴場でもある。




3、四万温泉(群馬県)
~名前の由来として四万もの病に効く~

積善館」にて入浴。大正モダンなお風呂は入浴の価値あり。時空を越える感覚に浸れる。


部屋からの景色。この歴史的建築物に宿泊してみるのも一興。値段も手ごろなのでおすすめ。




4、渋温泉(長野県)
~小林一茶、葛飾北斎などの文人がこの地を訪れた~

激熱だったので、水をガンガン入れて入りました。


散歩するだけで楽しい温泉街です。

2018年5月19日、富山県南砺市で「第5回TOGA天空トレイルラン」が開催されました。トレランの師匠である友人に導かれ、ロングの部(距離43.4km、累積標高2,806m)を走ってきました。トレイルランニングを意識して始めてから出る初めての大会です。
実は5年前に一回だけかじってます。


金曜日に現地入りしました。家からなんと8時間もかかりました。今回は特別にスタート地点横にテントを張らせていただきました。関係者のご厚意に感謝。


スタートは午前7時10分です。最後尾に並びました。


序盤は団子で走ります。ゆっくりペースです。


トレイルに入ったらさっそく渋滞です。体力が温存できます。


スキー場を登ります。当たり前ですが、物凄い坂です。


上の方にはまだ雪が残っていました。


普段使わない筋肉が悲鳴を上げます。


エイドで家族と再会です。元気をもらいました!このあとも雨が止まず、ドロドロのアドベンチャーレースでした。


温泉に入ったあとは後夜祭を楽しみました。クマ汁・山菜の天ぷら・イワナ等々、地元の食材のおもてなしの品々。どれも大変おいしかったです!そして嬉しいことにビールも飲み放題なんですよ。ゲストランナーの奥宮選手も気さくで素敵な人でした。

利賀村のみなさんの温かいおもてなしが嬉しいアットホームな大会でした。キャンプ場温泉もあるので、家族で旅行ついで参加するにはもってこいの大会だと思います。

竹富島で2泊し、石垣島へ戻って一泊します。

石垣島では港からレンタカーで西側を回りました。まずは密かに楽しみにしていたテーマパーク「やいま村」に向かいます。
こちらではリスザルが放し飼いになっているスペースがあり、触れ合うことが出来ます。


餌でリスザルをおびき寄せ、たくさん触れ合いました。手の上に乗る彼らはとても可愛くて時間も忘れはしゃいでしまいました。


さらに北上し沖縄でも有名な景勝地、川平湾へ。透き通るような海に、小さな島々が浮かぶ様子は絵に描いたような絶景でした。


都会の喧騒から離れ、南の島のゆっくりした空気に触れてきました。気持ちも新たに、これからも仕事頑張ります!