映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

Googleドライブは、ドキュメントの作成や管理などに利用されるオンラインストレージです。もともとは、Googleドキュメントと呼ばれ、文書、スプレッドシート、プレゼンテーションを作成するサービスでしたが、現在は、画像など、どんなファイルでもアップロードして管理することができます。

ここで意外と、知られていない?機能に、動画ファイルもアップロードできて、しかも、インターネット上に公開することができます。今回は、実際に動画をアップロードしてみて、どのような感じかを見てみましょう。

Googleドライブで、動画ファイルをアップロードすると「マイドライブ」の中にファイルが置かれます。

Googleドライブ

ここで、ファイルを選択して、「その他」のメニューから「共有」を選ぶと、自分だけでなく、インターネット上に公開することができます。

「共有するリンク」に表示される長いアドレスが、ほかの閲覧者がアクセスするときのアドレスになります。そして、そのアドレスに対して、アクセスできる共有設定を行います。

URLの取得

検索エンジンに登録されても良い場合は、「ウェブ上で一般公開」を選択して、登録されたくない場合は、「リンクを知っている全員」を指定します。閲覧者が特定されて、Googleのアカウントを持っている場合は、「限定公開」になります。自分で共有設定をしない場合は、この設定がデフォルトとなり自分のアカウントのみが閲覧できる状態になります。

20130111_2

ここでは、「ウェブ上で一般公開」の設定で検索エンジンにも登録されても良い。という設定にしました。アクセスは、閲覧者がコメントを残せるかを指定できます。

Googleドライブ上のファイルは、何人かで共同作業をするためのツールとして考えられているため、ドキュメントにコメントを付けたり、リビジョン管理で変更前の状態に戻すことができます。

公開すると、このような感じで動画を見ることができます。

Googleドライブから再生
https://docs.google.com/file/d/0B0EVjOw7_HKEOWo2T3RqNU12bEk/edit

また動画の埋め込み機能もついていて、ブログなどに埋め込むことができます。

20130111_5

実際に、YouTubeと埋め込みの動画の比較のために、サンプルを作り並べてみました。下のリンク先を見てみてください。

20130111_6 https://bizvalley.co.jp/asset/01/youtube_google_drive.html


よく似ていますが、YouTubeとの違いをざっくり挙げると

  • YouTubeへのリンクが付かない
  • 共有動画サイトに動画をアップロードしなくてよい、安心感
  • Googleドライブのディスク容量を気にする必要がある
  • 最大1GBまでの動画をアップロード公開することができる
  • 自動再生など、パラメータを付けた再生制御などカスタマイズすることはできない
  • YouTubeではアップロード拒否される、著作権的にアレな動画もアップロードできる
  • 再生ボタンなどのツールバーが常に表示される
  • ページ埋め込みにすると、自動的に画面中央に動画を表示(スクロール)しようとする
また共有の制限に関しては、下記リンクを参照してみてください。
http://support.google.com/drive/bin/answer.py?hl=ja&answer=2494827

YouTubeなど動画共有サイトを利用せず、一部の方に動画の確認してもらう方法として、オンラインストレージを利用する方法は、知っておくと良いかもしれません。また、Googleドライブだけでなく、Dropboxなどほかのオンラインストレージでも、動画公開できるものがありますので、いろいろ違いを見てみるのもいいかもしれません。

昨年リリースされたAfter Effectsのプラグイン「Trapcode Mir」を導入してみました。

ポリゴンメッシュをベースに、3Dシェイプやパーティクルを作成できるという
触れ込みのプラグインで、当初は、他のTrapcodeのプラグインに比べて、
イマイチ使いどころに悩むものでした。

しかし、
実際に使ってみると、今までに無い表現ができて、なかなか面白いと思いました。

新規平面に「Trapcode Mir」を適用すると、しわくちゃになった
ガーゼのようなものが出来上がります。

Mir1

ここから、いろいろ設定や数値を変更して、好みの形にしていきます。

まず、手始めにTexture欄のTexture Layer「なし」を「テキスト」に変更して、
このようなものを作成してみました。


テキスト(文字)のモーフィングです。

最初の文字を「particular」や「CC Pixel Polly」で粉々に弾けさせ、
次の文字にモーフィングする方法でもよいのですが、
これだと「強い、激しい」表現になります。

一方、「Trapcode Mir」を適用したモーフィングだと
「柔らかい、優しい」表現が可能になるのではないでしょうか。

(補足)おしりのキーフレームには、「イージーイーズ」などの「キーフレーム補間」を適用すると
よい感じになります。

他にもこのようなものを作成してみました。


工夫次第で、幅広い表現ができる「Trapcode Mir」は、イチ押しです。

クリスマスも過ぎ、2012年も残すところあと少しになりました。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
僕は気が付いたらコタツの中で寝てしまっている毎日です。
ちゃんと布団で寝ないと疲れが取れないですよね。

さてさて、年の瀬といえば忘年会です。
今年もビズバレー映像制作部の忘年会が盛大に執り行われました。
この日だけは上司も部下も無礼講です。(特にお酒が入った後半から)
普段は言えないあんなことやこんなことで大いに議論しました。
こういう機会を経てますます理解が深まっていくのでしょうか。
会社としてますます一致団結できた夜でした。

ビズバレー 忘年会 2012
滅多に撮らない集合写真。スーツ姿がとても貴重です。

2012年のビズバレーブログはこれで最後になります。
また来年も皆様が満足していただける記事を書いていきたい所存です。

来るべき新しい年が皆様にとって良き年となりますように。

どうもありがとうございました。

最近「サイド・バイ・サイド」という映画を見たのですが、
とても考えさせられる映画だったので、少し感想を書いてみたいと思います。

「サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ」

キアヌ・リーブスがプロデューサーを務める現在公開中の映画ですが、タイトルにもなっている通り
フィルムからデジタルシネマへの変遷をドキュメンタリーにした作品です。

現在作られている映画は、ほとんどが既にデジタルで作成されていると思っていましたが、
実はそうではなく、今現在まさに変遷の真っただ中だということに驚きました。

フィルムとデジタルシネマのメリット、デメリット、そしてそれぞれの想いを、
映画監督、撮影監督、編集、カラリスト、配給、機材メーカーなどへ、キアヌ・リーブスがインタビューするという形で描かれています。

100年続いたフィルムの歴史、培ってきた芸術性を捨てデジタルの可能性に道を見出す人達。
デジタルには出せない、フィルムならではの奥行きや質感を求めてフィルムにこだわり続ける人達。

フィルムかデジタルか…

映画制作に関わる様々な人達の想いが、芸術面・技術面双方から描かれています。



フィルムとまではいきませんが、デジタル社会を生きる私達の身近でも似たような現象は起きています。

ここ何年かの間で、私達の身近な記録メディアは大きく変化してきました。
カセットテープからMD、CDへ。そしてMP3などのデータ形式へ。
同じことが映像メディアでも起こり、ベータカムやVHSなどの記録媒体が姿を消しつつあります。

メーカーの生産中止やデータ形式の変化により以前の映像や音楽が再生できなくなる…

弊社でもVHSやMini-DVから、DVDやBDへのデータ変換を請け負っていますが、
何年か先にはDVDを別のメディアへ返還する業務が加わっているかもしれません。。

画質が上がるにつれてデータ量が大きくなり、記録媒体もより大容量のものへ変化しています。

しかし、大型テレビが普及する半面、スマートフォンなどの小さな画面での再生も考慮しなければならない…

記録としての映像、誰かに伝えるための映像、エンターテイメントしての映像…
目的に合わせて映像の作り方、撮影機材の選び方も違ってきます。

この辺りでちょっと映像制作の意味みたいなものを考えてみようかな・・・

と。映画の感想からだいぶ離れてしまいましたが、徒然とこんなことを考えてしいました(-∀-`; )

そんな映画です。
みなさまもぜひ。

私は、普段 仕事ではコンタクトレンズを付けていますが、自宅や近所に出るときは、いつもメガネを掛けています。最近、ふともう一つメガネが欲しいと、そして、ちょうど良いと思い、PC用に加工されたメガネを作ってもらいました。PC用メガネは、目が疲れにくいそうで、実際、掛けてみると目につき刺さるようなモニタの光が、緩和されます。ただ、レンズに「色」が付いていたので、そう感じるのかもしれません。

PC用メガネには、レンズに「色付き」と「色なし」があるようです。説明を受けたときは、色が少し入りますと「だけ」案内されて、「そういうものなんだ」という認識でしたが、後から調べてみると、種類があるようで、、ちょっと失敗したかなと、お店によって違うのかもしれません。

実際、どの程度違うか、通常のメガネと、色付きPC用メガネを比べると、このような感じです。
上がPC用メガネで、下が普通のメガネです。

PC用メガネと普通のメガネ

結構、違いますよね。少しブラウンがかった色が付いて、色ズレを気にするグラフィックスをやる方は、少し考えてしまうかもしれませんが、個人的には使いやすいと思います。プログラムを書く人には、特にお勧めです。

そういえば、話は変わりますが、色ズレで1つ思い出しました。Mac OSX 10.5(Leopard)までは、Windowsとのガンマ値が2.2(win)、1.8(mac)と異なっていました、知っていましたか?。どういうことかと言うと、Mac上のモニタで色を合わせると、Windowsでは色が薄暗くなり、逆にするとMacでは明るすぎるという、Webデザインをする人にとっては、困った状態がずっと続いていました。つまるところ、MacとWindowsで共通の色を表現できなかったんですね。Mac OSX 10.6(Snow Leopard)からは、Macもガンマ値がデフォルトで2.2となり、問題はなくなりましたが、色ってなかなか難しいものです。

PC用メガネは、色がついている方が、体感して違うことが分かるので、気になる方は、実際に見比べてみるといいかもしれません。