映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

HTTP Live Streaming(以下 HLS) とは、Appleが開発した、動画配信のテクノロジーで、iPhoneなどで動画をストリーム再生したい場合、利用される形式です。

HSLは、特別なストリーミングサーバーを必要とせず、通常のWebサーバーから配信できるため、レンタルサーバーでも、その気になれば、少しの設定で配信することは可能です。

HLSの動作デバイスは

  • MacOS X10.6以降のSafariブラウザ
  • iOS3.0以降
  • Android3.0以降
Windowsでは、VLC media playerで(一応)動作しますが、IE、Chrome、Firefox、そしてMacOSでもChrome、Firefoxといったメジャーなブラウザでは、動作しません。

※追記 2014/7/25 FlashでHLSを再生できるようにしたベンダーがでてきています。(有償です)

HLSの特徴として、通信速度に応じて映像画質を変えるアダプティブストリーミングで再生することができます。これは、ビットレート・画面サイズの異なる同一の動画を複数作り、クライアント側の通信速度に応じて、再生しながら切り替えるストリーミングのことを言います。

同じWebサーバーからの配信で、HLSとの比較に、プログレッシブダウンロードの動画ストリームがあります。この場合、別のビットレートの動画に切り替えることができないため、柔軟性の面で、HLSのほうが優れています。逆に、HLSのネックは、再生環境が限られるといった所でしょうか。

HLS動画の仕組み
HLSの動画フォーマットは、MPEG TS(映像 コーデックH.264)、AAC(音声)です。そして、1つの動画は、10秒ごとに分割された、細切れのファイル(.ts)になり(※ これをメディアセグメントファイルと言います。)、目次に相当するプレイリストファイル(.m3u8)の2つから構成されます。

HSLの仕組み

ファイルが分割されているので、プレイリストの再生指示により、どのファイルからも読み込むことができ、プレイリストの指定順に、次々とファイルが読み込まれます。見た目には、ファイルが分割されていても、スムーズに一体として再生されます。

再生順

1つ1つのファイルは、プログレッシブダウンロードのように読み込まれるため、10秒を超えてあまり長い分割だと、再生に時間がかかったり、細かすぎるとサーバーに負担がかかるため、推奨は10秒になっています。

またベンダー製品のAdobe Media ServerWowza Media Serverでは、HLSをサポートしています。通常のWebサーバーで配信できるなら、ストリーミングサーバーは、必要なさそうですが、ファイルをあらかじめ分割せず配信できたり、Flashなど別の配信フォーマットにも1つの動画ファイルで対応できるといった、特徴があります。

Appleのサイトでは、HSLについてのドキュメントが公開されているので、気になる方は、一読しておくといいでしょう。また、サンプル動画のURLも記載されているので、参考になると思います。
HTTP Live Streamingの概要 (PDFファイル)

次回は、実際に作ってみようと思います。
HTTP Live Streaming 動画配信のやり方 (実践)

参考
「FlashでHLS(HTTP Live Streaming)を再生するには・・・ただし有償」
https://bizvalley.co.jp/blog/7055.html