映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

前回は、HTTP Live Streamingの概要について、書きましたので今回は、実際に作ってみましょう。

動画を用意する

HLSで配信する動画として、「Big Buck Bunny」を素材にします。この動画は、Creative Commonsのライセンスでクレジットを表示すれば、商用、二次的著作物でも利用できる使い勝手の良い動画です。たまに見かける動画ですね。

Big Buck Bunny
(c) copyright 2008, Blender Foundation / www.bigbuckbunny.org

ダウンロード
http://www.bigbuckbunny.org/index.php/download/

1280x720のMP4ファイルをダウンロードします。

エンコードする

今回は、WiFiをターゲットとして下記のようにしました。

コンテナフォーマット MPEG-2 TS
映像 H.264
音声 ACC
サイズ 640 x 360
オーディオサンプルレート 22.05 kHz
オーディオビットレート 40 kbps
ビデオビットレート 1200 kbps
キーフレーム 90
フレームレート 24(元映像のフレームレート)

エンコーダーは、コマンドラインのffmpegなど何でも良いですが、Xmedia Recodeを利用しました。









エンコードすると、tsファイルができあがります。


セグメンターで映像を分割する

動画を分割するには、セグメンターを利用します。ここでは「httpsegmenter」を利用します。

httpsegmenter

Windowsで作業しているため、ready binary for Windows の「segmenter-r6.7z」をダウンロードします。ただ、7zで圧縮されているので、7-Zipなどのファイルアーカイバで解凍して、C:\segmenter-r6 (Cドライブ直下)に配置します。



tsファイルは、Cドライブにmvフォルダを作りコピーします。

コマンドプロンプトで、mvフォルダに移動して、次のパラメータを付けて、segmenter.exeを実行します。

(例)
C:\segmenter-r6\segmenter.exe big_buck_bunny_720p_surround.ts 10 bunny bunny.m3u8 http://localhost/

(意味)
segmenter.exe [指定するMPEG-TSファイル] [セグメント間隔(秒数)] [出力するMPEG-TSファイルのプレフィックス] [出力するm3u8ファイル] [httpプレフィックス]

httpプレフィックスは、動画 .tsファイルへのパスを記載します。ここでは、例として、localhostを指定しています。適宜、書き換えてください。

20130119-12

実行すると、動画がバラバラと分割されます。
20130119-10

m3u8のプレイリストファイルの中身を見ると、一連の動画がリスト化され、httpプレフィックスで指定したパスに、tsファイルが付いていることがわかります。※ 相対パスでも動作します。



作成した、bunny.m3u8と、分割されたtsファイルを、Webサーバーにアップロードします。

Webサーバー MIME タイプの設定

.htaccessファイルを作り下記2行を追加します。

AddType application/x-mpegURL .m3u8
AddType video/MP2T .ts

※ VPSなど、直接Apacheに設定を加える場合は、httpd.conf などのファイルを編集してください。

iPadで確認

すべて整いましたので、動作確認をとります。アップロードしたbunny.m3u8ファイルにアクセスします。この場合は、http://localhost/bunny.m3u8 になります。Windowsで確認したい場合は、VLC media playerや、SMPlayerでm3u8にアクセスすると表示されます。(ただしタイムコード、シークバーの位置は正確に表示されませんでした。)

20130119-11
iPadで、再生されましたね。ただMacのSafariでは、直接bunny.m3u8にアクセスしても再生されません。HTML5 Videoにすると再生できるようになります。

(参考)
<html>
<head>
<title>HTTP Live Streaming サンプル</title>
</head>
<body>
<video controls>
<source src="bunny.m3u8">
</video>
</body>
</html>

いかがでしたでしょうか?。
少し長くなりましたが、作業自体は、簡単なものです。さらにパラメータのチューニングをすることで、もっと良くなると思いますので、試してみてください。

次回は、「HTTP Live Streaming でアダプティブストリーミングのやり方」について説明いたします。https://bizvalley.co.jp/blog/1215.html