映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

残念ながら中止になってしまった『トレニックワールド 彩の国 2021』で履こうと思っていたアルトラ・オリンパス4.0をレビューしたいと思います。


この前の箱根外輪山でも使用しました。調子よかったです。
(別件ですが、さかいやスポーツ×STRIDE LAB限定のTeton Bros.のランパンも最高なので是非チェックしてみてください。)


オリンパス4についてはRunBoys! RunGirls!のこちらのブログで詳しく書かれています。ぜひ読んでみてください。私も購入にあたって参考にさせていただきました。
今回の記事はそれをふまえて、私が感じたことをレビューします。



まずはサイズ感から。私の素足の実測ですが、左右違っていて24.8~25.0という感じです。アルトラはモデルによってもサイズ感が違うので、サイズ選びが難しいです。そしてここが何より重要ですが、ほとんどのモデルで25.5cmがありません。なので25cmか26cmという二択にならざるを得ませんでした。

以下は私が今まで履いてきた靴のメーカーとサイズです。

・Altra レペティション → 25cm
・Altra インスティンクト2.0 → 25cm
・HOKA クリフトン5 WIDE → 25.5cm
・NIKE ペガサストレイル1 → 25.5cm
・NIKE テラカイガー3 → 26cm
・Altra ワン2.5 → 26cm

そんな私の足ですが、実際にオリンパス4を試着してみた感想は、25センチ(EU40)ではジャストすぎて、26センチ(EU41)ではゆったり過ぎました。25.5センチ(EU40.5)欲しいです。Altraさん、作ってください!

仕方ないのでレディースの26センチ(EU40.5 ※メンズの25.5センチ相当)を購入しました。ではでは、1か月使用した感想を書いていきます。




気になる箇所をあえて挙げるとすれば、少し小指が当たります。つま先の補強部分が干渉します。

その解決策として「ホシノインソール」です。長距離・長時間の連続使用に最適な【B+LD Long Distance】をチョイスしました。ゼロドロップで作られているインソールなのでアルトラとの親和性が高いです。


足のアーチが改善されたせいか、小指の位置が多少変わりました。その結果、箱根外輪山を一周してもトラブルなくバッチリでした。小指も無傷でした。


ちなみにインソールが白っぽいのはなぜかというと、「グランズレメディ」を使用しています。環境先進国・ニュージーランド生まれの靴用除菌・消臭パウダーです。天然由来の安心・強力な除菌・消臭効果で、靴のイヤな臭いの元となるバクテリアを根源から除去してくれます。


この粉をインストールに振りかけて伸ばしておくと、どんなに蒸れ蒸れな靴の中でも臭いゼロです。靴下も全く臭くなりません。足の臭いでお困りの方に朗報です。是非試してみてください。

さて、シューズのレビューに戻ります。


厚底の特性としてソールが柔らかいので、登りで踏み込んだ時に多少の沈み込みがあります。こちらもランボーイズのブログに書いてありましたが、実際は思ったほどではありませんでした。でも気になる人には…

はい、こちらもホシノインソールが解決してくれました。インソール自体に剛性があるので、最初に入っていたものを使用しているときより、地面を踏んだ感覚は固い感じになります。これで沈み込みの疲れやすさも軽減しました。まさに、一石二鳥でした。

最後にすごいなと思ったのはVibram MEGAGRIPです。


ビブラムのメガグリップは滑らないと聞いていましたが、ほんとに滑らないです。普段だったら滑るだろうなぁ、という斜面も大丈夫でした。宣伝に偽りなし!最高ですね。



補足として購入店についてですが、日本では黒(濃紺?)が売っていなかったのでオーストラリアにあるアウトドアショップ(通販サイト)で買いました。
海外通販は慣れれば簡単です。日本で買うより安かったりしますし。未発売のカラーがあったりとか…。
ですが、トラブルに対しては自己責任。届かなかったり、違うものが送られてきたときに対応できる英語力は必要かと思います。



トレイルランニングだけじゃなく、登山やハイキングでも大いに活躍してくれそうなアルトラ オリンパス4.0。これはベストバイです。