映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

FLV、MP4(H264)ファイルをネットに公開する場合、YouTubeやGoogleドライブを利用する方法がありますが、レンタルサーバーなど自前のサーバーに動画を置きたいことがあります。

その場合、再生プレーヤーを自分で付ける必要がありますが、「Flash Media Playback」を利用するとプレーヤーを簡単に取り付けることができます。

Flash Media Playback とは?
アドビが提供する無料の標準メディアプレーヤーで、YouTubeみたいに動画の埋め込みコードを取得することができます。そして、RTMP、HTTP Dynamic Streaming にも対応していて、プレーヤー自体は adobe.com にホストされています。



プレイヤーのセットアップは、専用のサイトがあります。
http://osmf.org/configurator/fmp/

Flash Media Playback

では、実際に埋め込みコードを取得して試してみましょう。

「Video Source」のフォームに、flvまたはMP4ファイルのURLを指定します。
例)https://bizvalley.co.jp/asset/01/bizvalley_pv.flv

「Width」「Height」には、動画の縦横のサイズを指定します。
例)Width = 640、Height = 360

「Poster frame file location」ポスターフレームは、動画の一番初めに表示されるフレームのことで、ここでは画像を指定できます。
例)https://bizvalley.co.jp/asset/01/poster.png

20130225_1

「Preview」ボタンを押すと、指定した動画ファイルがプレビューに反映されます。
20130225_3

そうすると、埋め込みコードが生成されます。これをコピーして、HTMLに貼り付ければ完成です。簡単ですね。

20130225_2

20130225_4
動画サンプル

このように、Flash Media Playbackを利用すると、動画ファイルに再生プレーヤーを簡単に付けることができます。

また、動画ファイルだけでなく再生プレイヤーも自前のサーバーに置きたい、デザインなどカスタマイズをしたい場合は、オープンソースで公開されてる Strobe Media Playback を利用しますが、ちょっと扱うには難易度が高いので上級者向けです。

(参考)Strobe Media Playback を利用した動画配信のやり方
https://bizvalley.co.jp/blog/2188.html