映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

ディレクター:保立

<コメント>
ブライダル業界で6年間、撮影・編集に従事していました。その傍ら、東南アジアを放浪しながら自主映画を撮っていました。小さい頃から映画が好きだったので映画は僕の教科書です。今でも年間100本以上は観ています。映像業界は日進月歩なので毎日が勉強です。

<制作実例>
幼稚園年間行事、商品説明ビデオ、教育系映像配信、ベリーダンス講演、結婚式披露宴

<趣味>
登山、マラソン


暑くなったら川遊びがしたくなるのが人情ってものですよね。家に小さい子供がいたらなおさらです。そこで行ってきました「長瀞オートキャンプ場」。近くに「長瀞キャンプヴィレッジ」「フォレストサンズ長瀞」とキャンプ場が二つあります。お間違いのないように。


到着してすぐ、川で遊びます。浅くて水も奇麗で最高です。
オタマジャクシ、ヤゴ、子魚がたくさん獲れます。時間も忘れて夢中で遊べます。


川沿いのサイトをチョイスしました。かなり広いです。

テント・タープを設営する前に、まずはクラフトビールで乾杯。


お腹も減ってきたので強火でガンガン作ります!

鉄のフライパンはあると便利ですね。

静かに過ごすお客さんが多いキャンプ場でした。夜も静かで過ごしやすかったです。手持ち花火をやって、タープの下で早々に寝ました。


翌日も快晴。朝から暑いです。

目が覚めて眼下に川という最高のロケーションです。


キャンプの朝にオススメのホットドッグ。
熱いコーヒーと一緒にどうぞ。


チェックアウト前にまた川でひと遊び。


有名な「岩畳」も観光して、

かき氷を食べて大満足です。

長瀞は都心から近くてとても自然を感じれる素敵な場所でした。
キャンプ場もとても清潔で、親切で居心地が良かったです。
公式ホームページはこちらです。


本日はとても面白いドキュメンタリー作品のご紹介です。

それではまずは1本目。


「ゲーム・チェンジャーズ」
このドキュメントでは食事を変えればパフォーマンスがアップするという事実を描いています。端的に言うと「肉を食べずに野菜を食べましょう」というお話。シュワちゃん、ジャッキー・チェン、ジェームズ・キャメロンが制作しています。ヴィーガントレイルランナーのスコット・ジュレクも出演しています。スポーツ選手以外にも菜食は有効です。集中力や閃きが必要な職種である、アインシュタイン、トーマス・エジソン、スティーブ・ジョブスなども肉を食べなかったそうです。菜食凄いですね。続けられるかは別として。

-

お次はこちら。


「フリーソロ」
アレックス・オノルドのドキュメントです。2017年のエル・キャピタンへのフリーソロ・クライミングでの挑戦が丁寧に描かれています。尋常じゃないことやっているので、観ているこちら側もすごい緊張感を強いられます。心臓が弱い人は閲覧注意です。ですので観終わった後の達成感は半端ないです。他人事ですが、自分事の様に感じてしまう。それだけ映像が素晴らしかったです。そして、この人も肉を食べません。超人は肉を食べないのか。

-

最後はこちら。


「スーパーサイズミー2 ホーリーチキン」
日本でも大ヒットした「スーパーサイズミー」の続編です。本作ではファストフードが出来るまでの舞台裏を暴きます。肉を食べる話です(笑)。「ナチュラル」とか「放し飼い」とか言葉の定義を初めて知りました。食品産業の闇もかなり深くて当事者はかなりキツそうです。成長を早くしたせいでまともに立つこともできない鶏とか大丈夫なの?と思ってしまいます。それでもたまに食べるジャンクフードの美味いこと、、、、(背徳感の味でしょうか)

以上、3本選んでみました。興味ある方はぜひどうぞ~。



トイ・ストーリー3」2010年
監督:リー・アンクリッチ 出演:トム・ハンクス




最強のふたり」2011年
監督:エリック・トレダノ 出演:フランソワ・クリュゼ




桐島、部活やめるってよ」2012年
監督:吉田大八 出演:神木隆之介




プリズナーズ」2013年
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ヒュー・ジャックマン




セッション」2014年
監督:デイミアン・チャゼル 出演:マイルズ・テラー




インターステラー」2014年
監督:クリストファー・ノーラン 出演:マシュー・マコノヒー




ゴーン・ガール」2014年
監督:デイビッド・フィンチャー 出演:ベン・アフレック




この世界の片隅に」2016年
監督:片渕須直 出演:のん




マンチェスター・バイ・ザ・シー」2016年
監督:ケネス・ロナーガン 出演:ケイシー・アフレック




スリー・ビルボード」2017年
監督:マーティン・マクドナー 出演:フランシス・マクドーマンド

いかがでしたでしょうか?洋邦アニメも含めてバランスよく10本選んでみました。どれも観て損はない傑作なのでぜひご覧くださいませ。

「神保町」「ラーメン」と検索するとたくさんヒットしますよね。どこも美味しそうです。そのラーメン激戦区の中でも一際目立っているお店の紹介です。


ひつじそば 人と羊
 東京都千代田区神田猿楽町1丁目3−6 森ビル

ラム肉が好きな人にはたまらないラーメンです。店に入った途端、羊臭がすごいです。

こちらメニューです。


私は「みそひつじそば」と「ラムキーマごはん」を頼みました。
昼からガツンときました!濃厚で美味しかったです。

ビズバレーで働くと、神保町の美味しいラーメン屋に行けます。2020年3月現在、正社員を絶賛募集中でございます。何卒よろしくお願いします!

 



「用心棒」1961年
監督:黒澤明 主演:三船敏郎
オールタイム邦画ベストワンですね。続編的な「椿三十郎」もお忘れなく。




「軽蔑」1963年
監督:ジャン=リュック・ゴダール 主演:ブリジット・バルドー
「気狂いピエロ」と迷いました。でもこっちの方が面白いので。




「シェルブールの雨傘」1964年
監督:ジャック・ドゥミ 主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
ミュージカルが苦手な人にも観てほしい。悶絶必至のラストシーンは必見。




「卒業」1967年
監督:マイク・ニコルズ 主演:ダスティン・ホフマン
サイモン&ガーファンクルのサントラが最高です。あの有名なエンディングも。




「俺たちに明日はない」1967年
監督:アーサー・ペン 主演:ウォーレン・ベイティ
アメリカンニューシネマはこの作品から。見事な邦題をつけましたよね。




「冒険者たち」1967年
監督:ロベール・アンリコ 主演:アラン・ドロン
オープニングからセンス良すぎ!アラン・ドロンがひたすらカッコイイです。




「猿の惑星」1968年
監督:フランクリン・J・シャフナー 主演:チャールトン・ヘストン
衝撃のエンディングとはこのことか。映画史に残る有名なシーンです。




「ローズマリーの赤ちゃん」1968年
監督:ロマン・ポランスキー 主演:ミア・ファロー
心底怖いです。妊娠してる人は絶対観ないでください。




「真夜中のカウボーイ」1969年
監督:ジョン・シュレシンジャー 主演:ジョン・ヴォイド
主題歌「うわさの男」は名曲です。ラストのバスの車内では男泣きです。




「イージーライダー」1969年
監督:デニス・ホッパー 主演:ピーター・フォンダ
劇中のLSDと大麻はすべて本物使用。演出が生々しくてドキドキする。

いかがでしたでしょうか。観たことある作品はありましたでしょうか?
この中に好みに合う作品があれば幸いです。