映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saitou
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。


弊社で一緒に働いてくれるスタッフ(正社員)を募集しております。転職をお考えの方々、詳しい要項は"コチラのページ"でご覧ください。※モバイル端末からご覧いただいている方はPC版のトップページに人材募集のリンクがございます。

映像の仕事が好きだけど、この業界はどこも悪い噂ばかりと不安な方、実際に劣悪な環境で働いて困っている方、ご安心ください。株式会社ビスバレーは法令順守のとてもクリーンな会社です。

どれだけクリーンかというと、弊社の有給休暇取得率は100%です。全社員もれなく取得しています。ちなみに私は毎年20日前後取得しています。大企業ならともかく、スタッフ十数名の中小企業(特に映像制作会社)では珍しいのではないかと思います。

知人が会社から残業代が支払われないということで会社を辞めました。まぁ巷ではよく聞く話ですが、弊社ではそんなことは断じてありません。15分刻みでしっかりと支払われます。そもそも残業自体がほとんどありませんが…。夏場は家に着いてもまだ外は明るいです。

パタハラなんて言葉も浸透してきた昨今ですが、弊社は男性の育児休業についても先進的。私は第1子が生まれたときに育児休業を3か月取りました。もちろん復帰してからも以前と変わらずやっております。

最後に職場紹介。

弊社の第1スタジオです(第2スタジオもありますよ)。ここで合成映像の収録を行っております。

映像制作のスキルを存分に発揮したいと思っている貴方、ご応募お待ちしております!


本日はビズバレー映像制作部が所有しているビデオカメラのご紹介です。


AG-UX180(左)/ AG-AC160A(中)/ AG-AC90A(右)

今までは160Aをメインで使っていました。90Aは軽くて機動性がありますが、性能的には落ちるのでサブカメラ的存在です。

そして最近、UX180があらたに加わりました。さすが最新機種だけあって4Kで撮れたり、AVCHDの他にMP4やMOVで撮れたりと大きく変わっています。それ以外に細かいところも改善されています。


レンズカバーが一体型になりました。これすごく便利です。取り外し型のやつだと壊れたり、なくなったりして困ります。(上がUX180)


液晶モニターの位置が変わりました。顔より遠くなったので見やすくなりました。手持ちでモニターをずっと見ていると眼精疲労が蓄積されるので、この改善も嬉しいです。(上がUX180)


キャノンケーブルの入力位置が変わりました。一つは今までどおり前に。もう一つが後ろに来たことで、音をラインでもらう時などすっきりします。今までは前の方にだらーんとケーブルが垂れて、見た目がよくなかったです。(上2枚がUX180)


バッテリーも小型になりました。好改善です。(左がUX180専用)

-

最後にお知らせです。弊社では正社員スタッフを大募集しています。映像制作の経験がある方、これらのカメラを使ってバリバリ撮影してみませんか?
詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。※モバイルページでご覧の方はPC版のTOPにリンクがございます。

今年も残すところあとわずかとなりました。年末のご挨拶をさせていただきます。

とその前に、飯田橋「和伊の介」にてビズバレー映像制作部の忘年会が今年も盛大に行われました。

毎年恒例、店の前で記念撮影です。

弊社の年末年始の休業期間は下記の通りです。
12月28日(金)~1月4日(金)

本年も大変お世話になりました。時節柄、ご多忙のことと存じます。くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気をつけくださいませ。来年も相変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。それではよいお年をお過ごしくださいませ。

幼稚園のロケの時に日差しが明るすぎて(眩しすぎて)液晶モニターが見えずらいことがあります。みなさんも似たような経験はないでしょうか?そこで活躍するのが「モニターフード」です。

弊社はPanasonic AG-AC160Aを使用しているので、液晶の大きさは3.5インチのワイドになります。それにぴったりはまるのがザハトラー(Sachtler SA1009)から出ています。※聞きなれないメーカーですが、ザハトラーは世界的に有名なドイツの機材メーカーです。


平らになります。軽いので持ち運びも楽々。


折りたたみ式で、組み立ても直ぐにできます。


装着も簡単です。ゴムの部分をモニターに付けるだけ。


屋外で撮影するときにはなくてはならない優秀なアクセサリーです。


撮影中に傘のでっぱりが気になる方は外しても問題ありません。


この方が使いやすいかもしれませんね。

晴天下の撮影ストレスがだいぶ軽減されます。皆さんもぜひ試してみてください。

ビズバレーの映像スタジオのご紹介です。まず立地がとても良いのでどなた様もアクセスは容易です。地下鉄神保町駅・九段下駅、JR水道橋駅、から徒歩5~6分の好立地です。


それではスタジオへご案内いたします。


弊社のスタジオはブルーバックを使用したクロマキー合成が可能です。


まずはモデルの村岡さんにポーズをとってもらいます。これだけだと背景が青くて特に面白味もないです。


そこにプールサイドの画像を合成すると、もう気分は夏です。(※実際は動画です)


次はこちらです。


雪山登山の映像に早変わりです。


他にもパソコン画面を背景にすることもできます。


ワイプでの切り抜きなど多種多様なニーズに応えられます。


完全防音のモニターブースからカメラ等を操作できます。

今回はクロマキー合成のほんの一部をご紹介しました。パワーポイントを使ってのプレゼンや、セミナー動画など可能性は無限大です。プロンプターもありますのでカメラ目線で原稿を読むことも可能です。

詳細はこちらのスタジオページをご覧ください。見学も可能ですお気軽にご連絡くださいませ。