映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

現在進行中の案件で、Math.exp というエクスプレッションを使用したアニメーションを作成しましたので少しご紹介したいと思います。

Math.exp(任意の数値); と記述した場合、約2.72を任意の数値乗した値が戻ってきます。

約2.72がどこから出てきたかは数学的な話になってしまうので深く考えずに先に行きます。

Math.exp(1); と記述すると 約2.72の一乗で約2.72。

Math.exp(2); と記述すると 約2.72の二乗で約7.39。

Math.exp(3); と記述すると 約2.72の三乗で約20.1。





では、任意の数値を毎度おなじみの time に置き換えましょう。

Math.exp(time);

どんな数値が生成されているか見てみます。



数値が加速して増えているように見えます。

グラフも見てみましょう。

1312xx_1

縮尺の関係で4秒位まで0に見えますが、じわじわと増えています。

この性質を利用して、加速減速を表現させることが出来ます。

試に適当な平面を作り回転にこのエクスプレッションを記述します。

※ここでは説明の便宜上スライダー制御に記述して、ピックウィップで参照しています

1312xx_2



徐々に回転速度が増していき、後半は逆回転して見えるほどのスピードで回転しています。

今度は徐々に遅くしてみます。

適当な数値/Math.exp(time) と記述すれば、時間とともに分母Math.exp(time)が増えていきますので戻ってくる値は徐々に0に近づいていきます。

今回は適当な数値を360としてみました。

360/Math.exp(time);



徐々に減速しました。

以前ご紹介した Math.sin 等と組み合わせれば落下してきたオブジェクトがバウンドして徐々に停止する表現などが簡単に出来ます。



-

【正社員募集のお知らせ】

当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。

詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。


※スマートホンでご覧いただいている方は、PCページのトップにリンクがございます。そちらからご応募お願い致します。

こんにちは。
映像制作スタッフの高橋です。

海外サイトが配布するAfter Effectsのサンプル・プロジェクトやプリセットを開くと
After Effectsの言語を日本語で使用している場合、
エフェクト名やエクスプレッションの記述が英語表記で制作されているため、
エラーになったり、プロジェクトが開かなかったりします。
AfterEffects警告

そのような時は、
After Effectsの言語を日本語から英語に変えて起動すると改善されました。

After Effectsの言語を日本語から英語に変えるには、
まずメモ帳(テキスト)で「ae_force_english.txt」という
ファイル名のテキストデータを作成します。

次に、そのファイルをマイドキュメントに入れたのち、
After Effectsを起動すると言語が日本語から英語に変わっています。
ENGLISH起動
日本語に戻す場合は、
マイドキュメントから「ae_force_english.txt」を削除または移動すれば良いようです。

ちなみに、
englishの部分をほかの言語に変えてみたら、
いろいろな言語で起動ができるのかなと思い、試してみましたが、変わらないようです。

では、失礼します。

-

【正社員募集のお知らせ】

当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。

詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。


※スマートホンでご覧いただいている方は、PCページのトップにリンクがございます。そちらからご応募お願い致します。

映像制作スタッフの高橋です。

今日は、「Trapcode Mir」を使って、山を作ってみました。

私が携わる案件での使い道は、あまりあるとは思えませんが、
「Trapcode Mir」の代名詞的な表現手法になっているので、
ちょっと試してみることにしました。



まず、山にするレイヤー(平面に「Trapcode Mir」を適用)、
山のテクスチャー(標準エフェクトのフラクタルノイズを適用して作成)、
空にするレイヤー(平面に標準エフェクトのカラーカーブを適用して作成)、
ライト、カメラを用意しました。

そして、下記が「Trapcode Mir」の初期設定から手を加えた内容です。

Geometoryグループ
Geometory10
Vertices(山頂、頂点)の数を増やし、Sizeで面積を大きくしました。

Fractalグループ
Fractal10
Amplitude(振幅)で山の高さを調整しました。
さらにこのグループのほかの設定で山並みを微調整しました。

Shaderグループ
Shader10
Shaderを「Flat」にしました。

Material、Textureグループ
Material Texture10
山の色の変更、山の質感を指定しました。

Visibilityグループでは、
霧がかった表現を設定できました。

簡単に作成できるかと思いましたが、
理想的な質感や山並みが表現できず、微調整の繰り返しが必要でした。

まだまだ試行錯誤しなくてならないようです。

-

【正社員募集のお知らせ】

当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。

詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。


※スマートホンでご覧いただいている方は、PCページのトップにリンクがございます。そちらからご応募お願い致します。

以前の記事「AfterEffects エクスプレッション linear(リニア)を使ってシームレスなアニメーションチェンジ(2)」でちらっと出てきたスライダー制御を活用してアニメーションをコントロールしてみたいと思います。

まずは、毎度おなじみMath.sin Math.cosで適当に円運動を作ります。
※Math.sin Math.cosについてはこちらの記事をご覧ください
オブジェクトの位置プロパティに下記の様なエクスプレッションを記述しました。

Distance=250;
Speed=1;
x=Math.cos(Math.PI*time*Speed)*Distance;
y=Math.sin(Math.PI*time*Speed)*Distance;
[x,y]+value;


ここからスライダー制御を使って任意のタイミングで半径を変えられるようにしていきます。
Distance=250; が半径を意味していますので、この250をスライダー制御に置き換えます。

エフェクト→エクスプレッション制御→スライダー制御を選択します。
150611-1

スライダーの値を250に変更します。
150611-2

Distance=250;の"250"を削除して、位置プロパティのピックウィップを引っ張りスライダーまで伸ばします。
150611-3

自動的に effect("スライダー制御")("スライダー") と入力されます。
150611-4

これで「Distanceの値はスライダーを参照してください」と言う命令文になりました。
この状態で再生を行うと、スライダーの値は250ですので、直接250と指定していたときと全く同じアニメーションです。


ここからスライダーの値を変化させていきます。
キーフレームを打ち、スタートから3秒間250、その後2秒かけて0、さらにその後2秒かけて250へ変化させてみました。
150611-5

この様なアニメーションになりました。


これだけ見てもパッとしませんが、例えばTrapcodeParticularに応用するとこのようなアニメーションが作成できます。


今回は以上です。

-

【求人情報】


映像制作正社員スタッフ募集しています!
応募は<こちらのページ>からお気軽にどうぞ。


※スマートホンでご覧いただいたる方はPCページのトップにリンクがございますのでそちらからお願い致します。

ビズバレーの映像スタジオのご紹介です。まず立地がとても良いのでどなた様もアクセスは容易です。地下鉄神保町駅・九段下駅、JR水道橋駅、から徒歩5~6分の好立地です。


それではスタジオへご案内いたします。


弊社のスタジオはブルーバックを使用したクロマキー合成が可能です。


まずはモデルの村岡さんにポーズをとってもらいます。これだけだと背景が青くて特に面白味もないです。


そこにプールサイドの画像を合成すると、もう気分は夏です。(※実際は動画です)


次はこちらです。


雪山登山の映像に早変わりです。


他にもパソコン画面を背景にすることもできます。


ワイプでの切り抜きなど多種多様なニーズに応えられます。


完全防音のモニターブースからカメラ等を操作できます。

今回はクロマキー合成のほんの一部をご紹介しました。パワーポイントを使ってのプレゼンや、セミナー動画など可能性は無限大です。プロンプターもありますのでカメラ目線で原稿を読むことも可能です。

詳細はこちらのスタジオページをご覧ください。見学も可能ですお気軽にご連絡くださいませ。

-

【中途採用・求人情報】

映像制作正社員スタッフ募集しています!
応募は<こちらのページ>からお気軽にどうぞ。


※スマートホンでご覧いただいている方は、PCページのトップにリンクがございます。