映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

弊社Youtubeチャンネルに動画がアップされたので、
そのご紹介となります。

ビズバレー Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8JFY_WzjeZ2DXclsuPXs8w

今回アップされた動画は、私たちの業務の一つであるスタジオワーク。
その中でも収録する模様をまとめてみました。



普段収録の裏側を見る機会はなかなか少ないと思いますので、
社会見学のつもりで見てもらえたらと思います。

また、弊社スタッフ、お客様の大事な動画を
1工程1工程丁寧に制作させていただいております。
そんな思いが伝わりましたら幸いです。

また、この動画を見て、何かご質問等ございましたら、
些細な事でも構いませんので、下記までご連絡お待ちしております。
よろしくお願いします。
https://bizvalley.co.jp/contact.html

映像制作スタッフの橋本です。

弊社ではランニングが趣味なスタッフが多いです。
普段パソコンに向かってるから、たまに体を動かしたくなるのでしょうか。
私も休日にそんなに長距離ではありませんが、
自分のペースで楽しんでおります。

そんな中、昨日東京マラソン2016が行われました。
テレビで観戦したり、街で見かけた方も多いのではないのでしょうか?
3万6000人のランナーが東京を駆け抜け、観衆は160万を越えるそうです。
そんな東京マラソンを昨日観戦、応援してきました。

新宿を9時10分にスタート。
招待選手はあっという間に目の前を通過。
その後、少しずつ市民ランナーが通過していきます。その様は圧巻。
また沿道の方々も思い思いに声援を送ります。

1

2

新宿の後は、銀座へ行きました。
デパートの和光やアップルストアなど見慣れた景色も、
ランナーで埋め尽くされると、とても新鮮な景色でした。

3

銀座の後はゴールの有明へ。
途中豊洲で電車の乗り換えのため、外へ出ましたが、
そこも多くのランナーで賑わってました。

ゴールでは家族や友人などが出迎えます。
まだフルマラソンは走ったことがないので、42.195kmを
走れるだけで尊敬してしまいます。

ランナーやその家族、友人、沿道の観衆、ボランティアの方々など
みんなで作り上げるという雰囲気がとても好感が持てました。
また来年も観戦、贅沢を言えばランナーで参加してみたいと思いました。

4

震災被害で困っている人を支援するボランティア団体の活動を記録する仕事でネパールに行ってきました。初めての海外ロケですごくプレッシャーがありました。撮影機材の運搬等、気を使うことがとても多かったです。

復興という言葉が思いつかないくらい、未だに地震直後のような状況でした。手作業で瓦礫を片付けてる人々ばかりで、重機はほとんど見かけなかったです。とても時間がかかる状況です。

ネパールロケ

ネパールロケ
このような風景をよく見ました。

社会福祉省の大臣にもインタビューしました。
ネパールロケ

ネパールロケ
彼らの活動にとても興味をもってくださりました。

歓迎のセレモニーも盛大でした。
ネパールロケ
短い期間でしたが、現地のスタッフとも親密になれました。

普段の撮影とすべてが違い、とても貴重な経験ができました。この経験を生かして更なるステップアップをしていきたいと思っております。

映像制作スタッフの橋本です。

最近iPhone6にしました。それまで、iPhone4だったので速いですね。
今iPhoneは多くのケースが存在しますが、これはといったケースを発見しました。

一見8mmフィルムカメラの形で、今にも撮影できそうですが、そうですカメラです。
すいません、ただのケースではありません。
このケースにiPhoneを入れて、あとはRECを押すだけで撮影できるようです。

Lumenati CS1-2

しかも、専用のアプリで、ピントやシャッタースピードなども調整でき、
その場で音楽を入れたりと編集も可能。
すぐにFacebookやInstagramへのアップもできます。

Lumenati CS1-3

また58mmの標準レンズを初め、ワイド、魚眼レンズなどの多くのレンズに対応し、
照明やライトも装着できるそうです。
商品化は来年2月なのですが、販売予定価格は248ドル。

Lumenati CS1-4

昔知人が携帯付きカメラと冗談を言っていましたが、
実際今電話をするより、カメラを使用する人の方が多い時代、
あながち間違っていない気がしました。
みなさまも、このケースいかがでしょうか?

こんにちは、田口です。今回は、趣味の一眼レフカメラを片手に、神代植物公園に行ってきました。お目当ては、梅の花ので、見頃のタイミングは、ちょうど最終日という感じです。一方、桜の開花もみることができ、こちらは1割程度ですが、これから咲き始める段階でした。天気が良かったこともあり、ほどよい賑わいで撮影される方も多くみられました。

そして、さっそくお目当ての梅をパシャリ。遠目からの撮影だと、すこし萎れていても気にならない感じですね。近めでは、目立つところもありますが。なんとか耐えられる範囲でしょうか。

20150325-7 20150325-9 20510325-8

桜の花もパシャリ。木をまるまる引きで撮影すると、記録写真っぽく面白みがないので、マクロレンズを使い寄りで撮影しました。そのとき、被写界深度と構図を意識して、特に単焦点レンズのため、体を動かして良い構図を探す感じです。

20150324-1 20150324-3 20150324-2

良い感じにボケ具合がでて、水墨画のようですね。ピントが合ってる範囲は5ミリ程度でしょうか。

20150325-6 20150325-5 20150324-4

4月になると、桜の開花が進み、良い見頃になるでしょう。撮影もゆっくりできるので勧めポイントの1つです。

1 / 41234