映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

アドビクリエイティブクラウドを利用されている方で、同じような経験をしたことがある人が多いのではないかと思います。


プレミアで編集して、いざ書き出そうとキューボタンを押してもメディアエンコーダーが反応しない。


個別に起動を試みてもダメ。これは困った…。

そこでアドビカスタマーセンターに電話しました。番号は【0120-907-512】です。※2021年3月1日現在
曜日と時間帯によっては、かなりの時間待つことになりますので覚悟が必要です。しばらく(ずっと)待っていれば、ちゃんと繋がりますのでご安心ください。

それでは本題です。メディアエンコーダーが立ち上がらなかった原因は(私のPCの場合ですが)ウィルスバスターが原因でした。ウィルスバスターがアプリの起動をストップさせていました。

ヘルプデスクで教えて頂いた解決方法は、ウィルスバスターを停止させるか、メディアエンコーダーを例外登録するかです。私の場合は後者を選択しました。


結果は見事解決。ちゃんと起動しました。解決策が見当たらなくて困っていたので、アドビのヘルプデスクにはとても助けられました。どうもありがとうございます。もし、同じような症状でお困りの方はぜひ試してみてください。

Adobe Premier Pro キャッシュ削除方法

対処1のキャッシュクリア方法はホームページに出ていましたが

対処1のキャッシュクリアだけでは

消えていないキャッシュをクリア方法は

ホームページに見当たらなかったので記事にしてみました。
 

下記のようなトラブルがあった際は

・再生を押してもすぐ再生されない
・映像真っ暗になり音のみ再生
・昨日まで通常通りだったものが音がずれる
等のトラブルの際

 

【対処1】

キャッシュクリア方法

Pemiere Proの編集→環境設定→メディアキャッシュクリア



【対処2】

対処1のキャッシュのクリアでは消えていないキャッシュをクリアする方法

・Premiere Proが起動していたら閉じる

・エクスプローラー→(Cドライブ)→Users→使用しているユーザー名前→AppData(隠しファイル表示)→Roaming→Adobe→Common→Media Cache→全部クリア

・Commonに戻り→Media Cache Files(ファイルがあれば)→クリア

・Commonに戻り→Peak Files(ファイルがあれば)→クリア

・Commonに戻り→PTX(ファイルがあれば)→クリア

 

・エクスプローラー→(Cドライブ)→Users→使用しているユーザー名前→AppData→Local→Temp→全部クリア

(消えないファイルはスキップでOK、こちらはパソコンで使用している一時ファイル)

 

Premiere Proを起動
困った方が

無事作業できることを願ってます♪

 

 

映像制作スタッフの高橋です。

前回は、レトロな雰囲気を出すため、「TMPGEnc Video Mastering Works」のエフェクトを使用して音声にあえてノイズを入れましたが、今回は、ノイズを除去する作業を行ったので、そのことについて覚書してみたいと思います。

使用アプリケーションは、Adobeの「Audition」。

今回は、「ジー」という電子音が常時なっているものを簡易的な操作で除去することを試みました。

まず、波形で消したいバックグラウンドノイズ部分(今回の場合は「ジー」という音)を選択しました。
時間選択ツールで指定2

次に、「ノイズプリントをキャプチャ」で、バックラウンドノイズの質を分析します。
ノイズプリントをキャプチャ2

次に、「Noise Reduction(プロセス)」で、ノイズが聞こえなくなるように削減値を調整して、適用。
Noise Reduction(プロセス)2

簡単です。
適用前、適用後の比較は、以下のようになります。


いかがでしょうか。
「操作が簡単」かつ「きれいにノイズ除去できる」この機能は、非常に重宝しています。

では、今回はこれにて失礼します。

弊社Youtubeチャンネルに動画がアップされたので、
そのご紹介となります。

ビズバレー Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8JFY_WzjeZ2DXclsuPXs8w

今回アップされた動画は、私たちの業務の一つであるスタジオワーク。
その中でも収録する模様をまとめてみました。



普段収録の裏側を見る機会はなかなか少ないと思いますので、
社会見学のつもりで見てもらえたらと思います。

また、弊社スタッフ、お客様の大事な動画を
1工程1工程丁寧に制作させていただいております。
そんな思いが伝わりましたら幸いです。

また、この動画を見て、何かご質問等ございましたら、
些細な事でも構いませんので、下記までご連絡お待ちしております。
よろしくお願いします。
https://bizvalley.co.jp/contact.html

映像制作スタッフの高橋です。

プライベートで映像編集するとき、
仕事の時と同様に、AdobeのPremiereやAfter Effectsを使用しているのですが、エンコード/データ変換する際、補助的にペガシス社の「TMPGEnc Video Mastering Works」を使用することもあります。

この「TMPGEnc Video Mastering Works」は、
エンコード/データ変換以外にも簡単にカット編集やテロップをのせることができ、動画編集になじみのない方に「おススメの映像編集ソフトない?」と聞かれた場合は、これをお勧めしています。

今回は、映像や音声を加工できるフィルターという機能の中から、「ビンテージフィルム」というフィルターとバージョンが6になってから新規追加されたフィルター「レトロサウンド」を使用してみたので、そのことを覚書したいと思います。

「ビンテージフィルム」は文字通り、古いフィルムを映写したような映像加工ができます。

「古いフィルム」、「やや古いフィルム」、「かなり古いフィルム」などのパッと見ても非常にわかりやすい効果を実感できるタイプが用意されていました。

ビンテージフィルム2

「レトロサウンド」も文字通り、音声にヒスノイズという「サー」という音ノイズや「プチ」といったクリックノイズを加えたり低または高周波帯をカットして古いレコードのようなレトロ感を出すことができました。

今回は、After Effectsのプラグ・イン「ParticleIllusion」の中に収められていたエフェクト名「Mouse」で作成した動画を素材として加工してみました。


いかがでしょうか?
「電波乱れTV」については、You Tubeのほうで自動的にノイズをぼかして軽減させてしまっているので、若干分かりにくいかもしれませんが、他はおおよそ良い感じに雰囲気はでたのではないかと・・・。

PremiereやAfter Effectsでもっとリアルに作り込むことはできるのですが、労力をかける必要がない場合(手抜きという意味ではないです)は、このようなツールを利用し、時間を削減した分、他の作業に労力や時間を費やすのも一計かと思います。

では、今回はこれにて失礼します。