映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

映像制作スタッフの高橋です。

普段、私は、Adobeの「After Effects」を使用して、映像を制作しています。

今日は、その「After Effects」のプラグ・インの話をしてみたいと思います。

現在、テレビ番組、テレビ・コマーシャルを始め、あらゆるジャンルの映像作品で、
Trapcode社の「Particular」というプラグ・インが使用されています。

例えば、こんな感じのキラキラしたものです。



クリスマス・シーズンは、特に見ることができますので、意識してみてください。

また、こんなレンズ・フレア(光)を見たことがあるかもしれません。



これは、Video Copilot社の「Optical Flares 」を使用したもので、
リアルなレンズ・フレア(光)を表現することができます。

10年来「Knoll Light Factory」というプラグ・インを使用していたのですが、
使い勝手などを考慮した結果、昨年から「Optical Flares 」を使用するように
なりました。

今夏は、革新的なプラグ・インVideo Copilot社の「Element 3D 」が
リリースされました。

このプラグ・インは、高価かつ高度技術を必要とするソフトと変わらない
ハイ・クオリティーな3DCGを「After Effects」上で、安価かつ容易に作成する
ことができます。



以上、現在流行っている3つのプラグ・インを紹介させていただきました。

「After Effects」のプラグ・インは、こんなすごいことができるんだということを
分かっていただければと思います。

多くの映像クリエイターの皆さんが、各々のブログやホーム・ページにおいて、
詳細で高度な最新チュートリアルやTIPSを紹介しています。
(私も参考にし、勉強させていただいています。)

次回私の書くブログでは、あえて流行を逆行して、最近とんと使用しなくなった
プラグ・インを映像的にマッシュ・アップして紹介してみたいと思います。

では、今回はこれまで。

j.hashimoto

映像制作スタッフの橋本です。

今回はAdobe社のAfter Effectという普段編集で使用しているソフトについて記載したいと思います。
Adobe社のHPを見ますと『最先端のビジュアルエフェクトとモーショングラフィックスを実現する、
強力かつ柔軟に対応可能な映像制作・合成ソフトウェア。』と難しい事が書いてあります…。

弊社ではカメラで撮影した映像や写真にエフェクトなどをかけて、
見栄えを良くしたりするのに使用しています。
普段どのような編集をしているか、ほんの一例ですが、
ご紹介できればと思っております。

左が編集前、右が編集後です。



個人的に好き嫌いもあると思いますが、
左の一見普通の写真も右のように愛らしい印象になります。
また下記にあります平面の世界地図も、エフェクトをかけると立体的になり、
更に動かしたりすることもできます。



このようなソフトを使用し、ブライダルの写真や企業のプロモーション映像の見栄えを良くすると共に、
皆様の人生にもほんの少しかも知れませんが、彩りを添えるお手伝いができれば思います。

ご連絡お待ちしております。