映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

今回はアウトドアジャケットの素材についてのお話です。
まずは防水透湿素材のパイオニア"GORE-TEX"から。
GORE-TEX
ゴアテックスは多種多様なブランドで使われているだけあって安心感はあります。ですが雨具という観点からみると、これからの時代「買い」ではない気がします。夏場の登山やフェスでの使用だと、正直蒸れます。雨ではなく汗で中の服が濡れます。しかも半袖の上に着ようものなら、素肌にぺったりとまとわりついて気持ち悪いです。

今までいろいろなシーンで使ってきた印象としては夏場の雨具としては不向き。
冬場(降雪)のアウターとしては効果的。靴での使用が一番有効かと思います。

じゃあ夏場の雨具は何がいいの。正解はみんな使っている「傘」です。蒸れない濡れない最高のギアです。しかし傘が使えないシーンもありますよね。風がとても強いとき、両手を使いたいとき。ではいったいどんな雨具を着ればいいのか。

僕が経験して導いた解答は"eVent"

eVent
この素材はゴアテックスに比べると耐水圧は劣りますが、透湿性で上回ります。
僕が買ったのはMONTANE Spektr Smock。実際着てみるとよく分かります。
Montane_Spektr_SmockeVent
行動中の脱ぎ気が画期的に減りました。この透湿性には毎回驚かされます。
ただし本品はタイトな裁断のプルオーナーなので着るときが面倒です。
これ以外にもイーベントを使用している製品はありますのでチェックしてみてください。

DryQ
最後にマウンテンハードウェアの自社開発素材"DRY.Q"。けっこう評判良いみたいです。でも自分は使ったことないので何とも言えません。詳しくはメーカーページでご確認ください。

他にも、モンベルの「フリーズドライテック」、コロンビアの「オムニテック」、パタゴニアの「H2No」など防水透湿性素材っていろいろあるんですよ。自分のスタイルに合った一枚を見つけてみて下さい。

-

【正社員募集のお知らせ】

当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。

詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。


※スマートホンでご覧いただいている方は、PCページのトップにリンクがございます。そちらからご応募お願い致します。

愛用していたアークテリクスのスコーミッシュフーディ(2011年購入)の生地が破れ、チャックも壊れてついに寿命を迎えました。

そこで新しくウィンドシェルを買おうと考えています。オフィスや電車の冷房が寒いとき、山やロード走るときTシャツの上に1枚羽織るとき、インドアもアウトドアも両方で着れる優れものです。軽量で小さくなりますし、カバンに忍ばせておけばオールシーズン重宝します。

以下が候補です。


①Arc'teryx スコーミッシュフーディ
また同じものを購入するか。


②Patagonia フーディにジャケット
パタゴニアの代名詞で落ち着くか。


③Teton Bros. ウィンドリバーフーディー
国内ブランドで挑戦するか。

実際に会社近くの「さかいやスポーツ」で試着してみました。着た印象ではパタゴニアが一番タイトなフィット感でした。走るなら一番良さそうです。アークテリクスは僕が買ったモデルと生地が変わっていました。昔のモデルは絹のような柔らかさがあったのですが、現行モデルはパリッとしていて少し硬さがあります。ティートンブロスはXSがないので少し大きかったです。

実際にどれか購入したら、またレビューしたいと思います。


登山やトレイルランニング、ジョギングのことをいろいろ検索することが増え、他の人のブログを読む機会が増えました。そこで今回は、参考になって面白い登山、ギア、トレラン・ランニングBlogのご紹介をしたいと思います。

神山オンライン → https://kamiyama-online.com/

くわしいマラソン~ときどきトレラン~ → https://kuwashii-marathon.com/

running of the wise man → https://running-life-wealth.com/

以上、保立の3選でした。

-

【正社員募集のお知らせ】

当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。

詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。


※スマートホンでご覧いただいている方は、PCページのトップにリンクがございます。そちらからご応募お願い致します

帰宅ランやキャンプでは、ブラックダイヤモンドのイオンを使っています。軽くて小さくて最高です。

※イオンのスペック
全光束:100ルーメン
照射距離:38m(高照度)
電池寿命:180時間(低照度)
電池:単4リチウム×2本
重量:55g(電池込)

ですが、100mileや100kmのロングレースでサブライトとして使うには心許ないです。正直付けても付けなくてもあんまり変わらない明るさです。サブライト用に一つ明るいヘッドランプが必要だなと考えております。


ちなみに、レースで使用するメインライトはLEDLENSER NEO 10Rです。とても明るくて気に入っております。延長コードを使うことでバッテリーをリュックに入れることも可能で、そうすると頭はとても軽いです。腰に付けてもバッテリーが後ろにあるので光は揺れずに安定します。

そこで、いよいよ本題です。私がサブライトを選ぶ基準は以下の3つ。
①乾電池・充電池が使用できる。→USB充電だとバッテリーが切れたときに困る。
②重さは90g以内。→イオンに慣れてしまったので、軽ければ軽い方が良い。
③ある程度の光量で6時間持続。→レースの途中で1回バッテリー交換する。

それでは以下が候補です、、、

候補①:PETZL ACTIK CORE
照射力:450 ルーメン
重量:75 g

色は2色展開、赤もあります。


候補②:BLACK DIAMOND SPOT325
照射力:325 ルーメン
重量:86g

色は8色展開です。

現在、この二つで迷っております。今後購入したら、使用感含めてご紹介できればと思っております。


荒川ほどランニングに適した場所は他にあるでしょうか?広くて平らで人がいない。水道の蛇口があるので水分補給もできてしまう。

事実、荒川ではたくさんマラソン大会が開催されています。僕も通勤ラン&帰宅ランのときは荒川を走っています。

そんな荒川上流に温泉があるのを発見したので、二回に分けて走ってみました。

荒川ランニングコース_川
スタート地点は赤羽と川口の間にかかる新荒川大橋としました。ここへのアクセスは赤羽駅、川口駅から共に歩いて15分ぐらいです。※写真はこれから走る上流の方を撮影しています。

まずは右岸(下流の方を見て右側)から。
荒川ランニングコース7 荒川ランニングコース4 荒川ランニングコース6 荒川ランニングコース5
とにかく平らなロードが続くのが特徴です。延々と続きます。途中から田んぼが現れ田園風景に癒されます。

川越はつかりおんせん
右岸のゴールは「小江戸はつかり温泉 川越店」です。最寄り駅は南古谷駅です。

つづいて左岸の紹介です。
荒川ランニングコース 荒川ランニングコース2 荒川ランニングコース8 荒川ランニングコース3
こちらはオフロードありの変化に富んだコースです。途中、秋ヶ瀬公園を通ります。

大宮湯けむり横丁2
左岸のゴールは「湯けむり横丁おおみや」です。最寄り駅は大宮駅です。

汗をたっぷりかいた後の温泉は最高です。是非みなさんも走ってみてください!

-

【正社員募集のお知らせ】

当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。

詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。


※スマートホンでご覧いただいている方は、PCページのトップにリンクがございます。そちらからご応募お願い致します。