映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

先日の一本下駄の記事でもお伝えしましたが、有明で行われたシューズトライアルにセムコのスタッフとして参加してきました。

有名メーカーが目白押しでたいへん盛り上がっていました!


ALTRAです。エスカランテが今回のベストでした。アッパーが柔らかく走っていてとても気持ち良いです。


ONです。想像していたより軽くて履き心地抜群でした。やはり実際に走ってみないと分らないですね。


SALOMONです。ランニングベストが凄すぎて絶句しました。これなら通勤ランもストレスフリーです。


MERRELLです。足裏感覚抜群のベアフット系シューズ、ベイパーグローブ欲しくなりました。


HOKA ONEONEです。柔らかいクッションには感動を覚えました。ただ、僕には足幅が狭く合いませんでした。

残念なことに、時間が足りなくてすべてのメーカーは試せませんでした。


KARHUです。クマのぬいぐるみに息子が興奮していました。


MBTです。正直、一番気になります。次回は試したいと思います!




UNDER ARMOURとREEBOKとRAID LIGHTは後回しにしちゃいました。すみません。

ランニングシューズは、やはり一度コンクリートの上を走ってみないと分らないですね。とても良い経験ができました。次回もおそらくセムコスタッフとして行くので、興味がありましたら是非ご参加ください。

私の伯父が考案開発した「コンパクト一本下駄」を家の中やロードで試してます。

伯父は長距離専門の本格派で、下諏訪~日本橋の215キロ走る大会(制限時間36時間)も完走してます。全盛期の月間走行距離はなんと600kmです。

そんな伯父がランニングをさらに快適に(より速く、より遠くに)するために試行錯誤の上に開発されたコンパクト一本下駄は、伯父の会社で製造まで受け持っている安心のメイド・イン・ジャパンです。


特徴はランニングシューズを履いたまま装着できるところです。


二本のゴムで止める仕組みです。単純ですがこれで脱げません。ちゃんと重心と着地を意識すれば走れます。踏み込む感じ(フラット着地)も理解(体感)できます。


室内用もあります。


フローリングで使用する場合はそこそこ音が出るので注意が必要です。うちは階下に住人がいないのでそこは安心です。


一歳児が履くとこんなサイズ感です。

そして、2017年9月30日にいろいろなメーカの靴が試履きできるイベント「クリール・シューズトライアル」が有明で開催されます。コンパクト一本下駄も去年に引き続き出店します。(私もお手伝いに行く予定です)

出店メーカーも豪華です!
・アルトラ/ALTRA
・アンダーアーマー/UNDER ARMOUR
・MBT
・オン/ON
・カルフ/KARHU
・サロモン/SALOMON
・セムコ(コンパクト一本下駄)
・ホカ オネオネ/HOKA ONEONE
・メレル/MERRELL
・リーボック/REEBOK
・レイドライト/RAID LIGHT


この日本最大規模の試し履きイベントの申し込みはスポーツ・エントリーから。

是非この機会に自分に合ったランニングシューズを探してみてください!

以前「背負子の記事」を書きましたが、背負子に子供を乗せて登山に行ってきました。コースタイムが約7時間と長いので前日入りします。「菅平高原ファミリーオートキャンプ場」にお世話になりました。平日だったので貸切でした。小さい子供がいる身としては助かります。


フリーサイトに張る予定でしたが、オートサイトの方が料金が安くなるのでオートサイトに張りました。炊事場・トイレも近く四阿山と根子岳が正面に見える好立地です。


キャンプ場でスラックラインに初挑戦。面白いです!そして難しい。


次の日は朝から登山なのでBBQは早めに切り上げて(ビールも少なめで)就寝です。月が綺麗でした。おやすみなさい。


翌朝、菅平牧場に車を止めて登山スタートです。入山料は大人一人200円でした。



幻想的な霧の中、白樺と笹の道を登ります。VAUDEの背負子が調子よいです。重さが気になりません。安定感もあります。

濃霧のため視界ゼロの四阿山を経て根子岳にむかう途中に最高に気持ち良いトレイルの出現です。テンションあがります。


根子岳直前は崩落個所があります。切り立った崖ですが、そこにはお花畑が展開していて目を奪われます。


無事に根子岳頂上に到着です。頑張りました。


8時間以上背負子に揺られてさすがに限界が来たのか、子供も泣き出しました。牧場までは抱っこで下りました。


下山後は菅平牧場のソフトクリームと牛乳が待ってます。これだけを食べに来る人もいるそうですよ。


〆はやはり温泉ですよね。インター近くの「千古温泉」がおすすめです。地元の人々に愛されている小さな温泉です。源泉かけ流しの良質なお湯に温泉通が遠くから来るそうです。

背負子のおかげで子供と一緒に登山が楽しめるようになりました。次はどこに行こうかと迷ってしまいます(笑)

妻の親戚が福島に住んでいるので、お盆休みは帰省してキャンプを楽しんできました。今回お世話になったのは「猪苗代湖モビレージ」という猪苗代湖畔にあるオートキャンプ場です。


湖畔にきれいな虹がかかりました。虹を見たのはすごい久しぶりな気がします。


息子は水際を行ったり来たり。他の子供たちは沖の方に泳ぎに行ってしまいました。湖水浴は水が冷たそうなイメージがありましたけど、海より水温は高かったです。実際泳いでみると、水がしょっぱくなくて不思議な感じでした。


総勢17名で行ったのでバンガロー組とテントサイト組に分かれます。フェールラーベンとケルティで5~7名分確保。


BBQ会場はバンガローの前としました。人数が多いので肉と野菜を焼きまくりです。ビールもすごいスピードで消費されていきました。


夜は星を見ながらまったりしました。流れ星も観れてラッキーです。ここでもヘリノックスの椅子が調子よいです。ほんと買って良かったです。


今回、私の寝床はこんな感じでした。タープの下に蚊帳を張って寝ました。


夜に雨が吹き込んできたので傘を枕元に置きました。


気温がそんなに下がらなかったのでシュラフカバーのみで大丈夫でした。新調したニーモの枕が寝心地最高でした。


外で寝るのがよほど気持ちよいのか、なかなか起きない息子でした。

ここのキャンプ場は客層もファミリーメインでとても落ち着いています。湖は水も綺麗で遠浅で子供だけでも遊びやすいです。キャンプだけでは物足りない皆様に是非おすすめな場所です。

海辺で遊ぶとき、砂浜に拠点を作りますよね。そんなときにあると便利なものをご紹介します。

まずはタープです。これは必須です。ないと日焼け地獄&熱中症でダウンしてしまいます。


タイベックシートで自作しているのですが、ビーチが混んでいても白いので遠くから目立ちます。


ヤシの木を拾ってきて、少し広さを出してみました。横からみるとこんな感じです。


砂浜はペグが効きにくいので(キャプテンスタッグのサンドペグ30センチを使いましたけど、あんまりダメでした…)ごみ袋が役立ちます。


袋の中の砂を水で濡らして、さらに砂で壁を作るともう最強です。どんな風にもびくともしません。ガイラインと袋を繋ぐのにカラビナがあると便利です。

つぎに欲しいのは椅子です。地面で寝っころがるのも気持ち良いですが、やはり椅子があると楽です。


小さくて軽くて持ち運びやすいHelinox(ヘリノックス)がおすすめです。座り心地も抜群です。家のリビングでも使えちゃいます。

8月に入りました。夏本番、みなさま海水浴を安全に楽しんでください。

1 / 1912345...10...最後 »