映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

えきねっと限定のおトクな割引きっぷ「えきねっとトクだ値」を使うと新幹線が半額で利用できます。
使える列車が限られているので、その中で行ける山をチョイスしました。今回は五竜岳にします。
登山ルートは白馬五竜のテレキャビンを利用して、一気に標高1,515メートルのアルプス平まで上がり、五竜山荘を目指します。

遠見尾根を歩きます。遠くに五竜岳が見えてきました。


五竜山荘のテン場です。プライベート感の強い一番奥に張りました。


今回使用したテントはMSRの「ハバNX」です。一人用の軽量テントです。


翌朝、朝の散歩がてら五竜岳に登ります。


振り返ると五竜山荘が見えます。


頂上は残念ながら何も見えません。


朝食を済ませたら出発です。霧の作る風景が美しいです。


天気が悪いと雷鳥にも会えます。


八方尾根で下山です。八方池山荘からはリフトとゴンドラが利用できます。


白馬村にはアウトドア関連のお店がたくさんあります。八方の湯で汗を流した後、白馬駅までの道でたくさん立ち寄れます。


スノーピークファンの方はこちらへどうぞ。


スターバックスでコーヒー買ってタープの下でのんびりできます。


ノースフェイスの直営店も大きいです。二階にはカフェもありました。


みんな大好きパタゴニア。見てるだけで楽しいですよね。

その他にモンベル、フルマークス、好日山荘もありました。白馬は盛り上がってますね。以上、アウトドア好きの皆様への耳より情報でした。

おまけ。

長野駅前にある「森乃珈琲店 曇り時々晴れ」ではJazzが流れる店内でゆっくり過ごすことができます。椅子の座り心地も最高でした。もちろんコーヒーも美味しかったです。

下北沢一番街の奥でひときわ異彩を放っている靴屋さんがある。ずっと噂には聞いていた。その名はライプリーズ・シュガー。リメイクシューズの専門店として2012年9月オープン。現在も精力的に新作をリリースしています。

それではさっそくお店の紹介。
リメイク靴専門店 下北沢 ライプリーズシュガー
流木を使ったアーチが見事。すべて店主自らデザインし設置。

リメイク靴専門店 下北沢 ライプリーズシュガー リメイク靴専門店 下北沢 ライプリーズシュガー
お店に入ると所狭しとリメイクスニーカーが並んでいる。類まれないセンスとその世界観に圧倒された!

商品は完全ハンドメイドのオリジナルで、世界に一足の靴を手に入れることができる。百聞は一見にしかず、下北沢にお寄りの際は足を運んでほしい店だ。

以下お店の詳細です。
Ripery's Sugar(火曜定休)
〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-21-1-101 03-6407-8436
オフィシャルホームページ

オンラインショップ

最後に気になるオーナー兼デザイナーの紹介。
リメイク靴専門店 下北沢 ライプリーズシュガー
橋口夫妻。すべてこの二人の手によって生み出されている。
「常識にとらわれない視野の広いクリエイター」という雰囲気がぴったりの仲の良いお二人でした。

映像制作スタッフの橋本です。

先日ボルダリングに初めて行ってきました。
場所はプロ・フリークライマーの平山ユージさん
プロデュースのBASECAMPTOKYOです。

東京オリンピックの正式種目になった影響もあるのか、
多くの人で賑わっていました。


(とても清潔感のあるジム。)


(初めて見ますが、非常に色々な形のホールドがあります
中にはどうやって掴むの?といったものも。)

難易度ごとに、ホールドが色分けされていて、同じ色のホールドを掴んでいきます。
しかし、握力や腕の力がなくなると、もうきつくて登れません。


(この時には、既にヘロヘロです。)

一緒に行った友人に言わせると、力だけで登るのではないとの事。
確かに華奢な女性がスパイダーマンのように壁を登っていく姿を見ましたし、
とてもきれいでした。

今回は楽しさより悔しさの方が残りましたが、非常に充実していました。
次回は今回落とせなかったルートを攻略したいと思います。

来月に調布でアウトドアイベントが開催されます。「アウトドア・スタイルの新しいデザインを提案する2日間」とのうたい文句です。これはどんなイベントなのでしょうか?

まずはイベントタイトルの意味から考えていきましょう。"grid"という単語の意味には「網、基盤の目、電気水道などのインフラ」等いろいろな意味があります。なので、おおざっぱに訳すると「規範・規律・枠組み・組織」から抜け出す(off)というイメージでしょうか。
具体的な言葉にすると「エコ思考」(現代的なインフラに依存しない)、「田舎生活」(都会のハイテク包囲網から抜け出す)という感じでしょうか。
さらに最近では単なるエコロジー思想ではなく、マス・プロダクトやマス・セールのシステムの外に出て自分たちで自立してやっていこうぜ、という意味合いでも使われているみたいです。

このことからも想像がつくように、インディペンデントで活動しているギアメーカーやディストリビューターが自分たちのやっていることを広く知ってもらうためのアウトドアイベントのようです。

4月調布OffTheGrid
オフィシャルHPに書かれているコンセプトを抜粋します。
『Off the Grid(オフ・ザ・グリッド)は、従来のリテーラーに対しての合同展示会では無く、エンドユーザーに向けて開催する日本最大規模のアウトドア・スタイルの展示会となる予定です。(中略)今起きているアウトドアシーンの大きなうねりを体感出来る場所になります』
なんだかとても面白そうですね。

4月調布OffTheGrid
みなさんの知っているロゴはありますか?まだ一部の人にしか知られていない若いメーカーやショップが集まっています。
個人的に気になるのは関西のアウトドアショップ「SKY HIGH MOUNTAIN WORKS」です。東京に住んでいると、なかなか関西のショップには行けませんからね。オーナーの北野さんにもお会いしてみたいものです。

こちらが詳細になります。
日時:2015年4月18日、19日
会場:京王フローラルガーデン アンジェ(東京都調布市多摩川4-38、相模線京王多摩川駅下車すぐ)
入場料:大人500円(小人100円)

気になる方は是非行ってみてください。新しい刺激的な出会いがあると良いですね。

こんにちは、保立です。ビスバレー映像制作部は神保町と水道橋のちょうど中間地点にあります。職場としては最高の立地です。なぜなら近くにアウトドアショップがゴロゴロとありますから。それについては以前の記事で書きました。

今回はちょっと足を延ばして「岩本町」の方に行ってみましょう。自転車なら、ビズバレーから5~10分で着きます。けっこう近いもんですよ。まずは1軒目から~。

「Run boys! Run girls!」 東京都千代田区岩本町2-8-10 1F
ランボーイズ!ランガールズ!ずばりトレイルランニングに特化したお店です。お洒落でかっこいい店長さんがいます。お店に置いていない商品でもメーカーから取り寄せてくれたりと、対応が親切かつ迅速です。自分はここでALTRAのTORINと、finetrackのドラウトセンサーパンツを購入しました。会社からの帰宅ランで重宝しています。まだ参加したことないですが、毎週火曜日の夜にお店の前に集合して走るグループラン(参加自由)もやっているみたいです。
ランボーイズ!ランガールズ!

続きまして2軒目はランボーイズの2階へ…

「Moonlightgear」 東京都千代田区岩本町2-8-10 2F
ムーンライトギア。アウトドアギアのセレクトショップです。軽さに特化しています。今まではWebでしか販売をしていなかったのですが、実店舗オープンによって実際に手に触れることができます。こんなかっこよいメーカーあったんだ!と目から鱗です。店長さんの豊富な知識と視野の広さに感銘を受けました。営業日が水木金のみなので行かれる方は注意してくださいね。
ムーンライトギア

それでは、最後のお店です。

「HIKE+LIKE」 東京都千代田区東神田1-5-8 ソレイユビル1F
ハイク・ライクは女性向け軽量ハイキング用品店です。アウトドアショップでは珍しい、お洒落で清潔感のある店内はまさしく女性向け。普段使いもできる可愛い小物からアパレルまで、見ているだけでも楽しい気分になります。店長さんも温厚そうな素敵な方です。火曜定休です。
ハイク・ライク

いかがでしたか?意外に知られていない小粋なお店の紹介でした。
どのお店にも共通して言えることは店長さんがプライベートでは実際に登るなり走るなりしてフィールドで楽しんでいるということではないでしょうか。店長さんのこだわりや信念がお店の品揃えや雰囲気に反映されていると思いました。

みなさんもお近くにお寄りの際はぜひお立ち寄りください。新しい発見があるかも…。