映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

湖畔でのキャンプは格別です。今回は中禅寺湖にてキャンプを楽しんできました。場所は「菖蒲ヶ浜キャンプ場」です。レンタカーを借りれなかったので電車とバスで行きました。

行き方は、東武日光駅からバスに乗ります。バスは二日間のフリーパスを使うとお得です。降りるバス停は35番の「菖蒲遊覧船発着所」です。そこから受付まで歩きます。


受付を済ませたら場所探しです。場内はとても広いので、どこに張るか迷います。いろいろ迷って、結局一番奥にはりました。プライベート感があって最高の場所でした。


男体山は雲に隠れていました。体力に自信がある方は登ってみてはいかがでしょうか。


夕暮れ時も美しいです。徐々に夕飯の準備を始めていきましょう。


夜も更けてきました。中禅寺湖は標高が1,200mあるので、日が沈むと想像以上に冷え込みます。


月も美しいです。星も出ています。それでは、おやすみなさい。


夜が明けました。湖畔の静かな朝です。


下が砂浜なのでマットがなくても大丈夫です。枕を忘れたので息子のぬいぐるみを使いました。


起きて目の前が湖、というロケーションは改めて良いなと思います。


夜飲みすぎたのか、まだ誰も起きてきません。湖畔を散歩して過ごします。


息子もなにか感じることがあったでしょう。


温泉は奥日光湯元温泉の「おおるり山荘」に行きました。バスは終点の一つ手前で降りてください。


硫黄の香りが嬉しい、少し緑がかった乳白色の厳選かけ流しの温泉でした。

寒くなってきて焚火も温泉も気持ちよい季節です。皆様もぜひ日光中禅寺湖エリアに行ってみてはいかがでしょうか。

熱帯夜から解放されるべく長野県にある駒出池キャンプ場で避暑してきました。八ヶ岳も近いのでハイキングも楽しめます。


駒出池です。空が映り込むほど水は透き通って奇麗でした。


フリーのテントサイトです。湖畔以外は少し傾斜がありますが、他のお客さんとの距離も取れて快適です。(結果、私と息子はタープの下で寝たのでテント不使用でしたが…)


最近のマイブームです。キャンプに来るたび作っているエビのガーリック炒めは、白ワインとバターで仕上げると最高です。


BE-PAL風に撮ってみました(笑)


夜は満点の星が楽しめます。標高が高いので(1285m)真夏でも涼しいです。


Amazonで購入した中国製フロア付きバグネットが気に入ったみたいです。子供~小柄な大人まで使用できます。


産直で買ったプラムとブルーベリーを朝食に。地産地消です。すごく美味しかったです。ごちそうさまでした。


キャンプの後は麦草峠まで車を走らせて、白駒池からハイキングスタート。


序盤は木道もあるので、小さいお子さんでも安心です。


どんどん森が深くなってきます。


疲れてきたらおんぶです。


「にゅう」までたどり着きました。先ほどまでいた白駒池が眼下に見えます。


登山経験のない方は木道だけ散歩しても楽しいと思います。苔むした深い森の中にいるだけで癒されます。おすすめです。


暑くなったら川遊びがしたくなるのが人情ってものですよね。家に小さい子供がいたらなおさらです。そこで行ってきました「長瀞オートキャンプ場」。近くに「長瀞キャンプヴィレッジ」「フォレストサンズ長瀞」とキャンプ場が二つあります。お間違いのないように。


到着してすぐ、川で遊びます。浅くて水も奇麗で最高です。
オタマジャクシ、ヤゴ、子魚がたくさん獲れます。時間も忘れて夢中で遊べます。


川沿いのサイトをチョイスしました。かなり広いです。

テント・タープを設営する前に、まずはクラフトビールで乾杯。


お腹も減ってきたので強火でガンガン作ります!

鉄のフライパンはあると便利ですね。

静かに過ごすお客さんが多いキャンプ場でした。夜も静かで過ごしやすかったです。手持ち花火をやって、タープの下で早々に寝ました。


翌日も快晴。朝から暑いです。

目が覚めて眼下に川という最高のロケーションです。


キャンプの朝にオススメのホットドッグ。
熱いコーヒーと一緒にどうぞ。


チェックアウト前にまた川でひと遊び。


有名な「岩畳」も観光して、

かき氷を食べて大満足です。

長瀞は都心から近くてとても自然を感じれる素敵な場所でした。
キャンプ場もとても清潔で、親切で居心地が良かったです。
公式ホームページはこちらです。


奄美大島にキャンプに行ってきました。とても居心地の良いキャンプ所に泊まったのでご紹介します。

まずは奄美大島へのアクセスですが、LCCのピーチエアがとても安いです。席の指定や預け荷物に追加料金がかかりますが、それでも片道6,000円ほどでした。

現地での移動はレンタカーです。これも格安で、3日間で5,900円でした。空港すぐの奄美レンタカーが在庫車が多くおすすめです。安いから古い車だろうと思っていたのですが、最新の日産デイズでした。バックモニターとか初めて使ってすごく戸惑いました(笑)。

それでは本題です。奄美市大浜海浜公園内の小浜キャンプ場に向かいます。公式HPはこちら。公園内にある奄美海洋展示館で受付します。この展示館もすごく面白いので、また次回に紹介します。

料金は、6人未満の小テントだと一張り300円です。格安です。キャンプ場は毎日清掃が入っているので、トイレも炊事場も清潔です。ゴミも捨てられました。


駐車場からキャンプ場までの道のりです。波打ち際を歩きます。悪天候のときには山側からのアクセスも出来るみたいです。登山道がありました。

少し歩くとビーチが見えてきました。秘境感満点でワクワクしますね。


海きれいです。もう少し暑ければ泳ぎたっかたです。(行ったのは3月上旬)


妻と息子は貝やサンゴを拾い中。その間に私はテントを設営しました。


植生が本州とは違い、南国感満載です。聞いたことない鳴き声のカエルとかいました。


芝生でそこそこ広いです。夏場はここがテントで埋まるのでしょう。 

 
朝食はキャンプ場で食べました。島の美味しいパン屋さん「麦の実 龍郷店」で買いました。ここのパン屋さんはなんと薪窯で焼いているんです。お店に入ると焚き火の匂いがします。


食後のコーヒーも忘れずに。ビズバレースタッフご用達の「豆香房」のドリップパックです。旅先で便利です。

それでは今回はこのへんで。次回は奄美大島のおすすめスポットのご紹介です。


温泉を目当てに蔵王に行ってきました。

東北道をひた走り、山形蔵王ICで下りて、まずは蔵王温泉大露天風呂へ。
蔵王 大露天風呂
ここは自分露天風呂史上ナンバーワンです!本当に最高でした。浴槽からは外れたところに温泉の川が流れていて、そこに入ることができます。温度もちょうど良い。本当の意味での源泉かけ流しです。

温泉街を軽くひやかしたあとは蔵王坊平国設野営場へ。一人350円です。敷地は広大で、好きなところに張れます。BBQと焚火で贅沢な夜を満喫しました。この季節、夜の冷え込みはけっこうなものです。そこで今回初導入のこちら…
タイベック防護服
タイベック防護服です!とても暖かいです。雨が降っても平気です。軽くて着心地最高です。

タイベック防護服で寝る
タイベック防護服が暖かいので寝袋不用でした。シュラフカバーだけで寝ました。ちなみにタープもタイベックです。

翌朝は登山です。ロープウェイが一般的みたいですが、僕らはキャンプ場から登り始めました。中丸山・熊野岳を経由するこのコースは激奨です!
蔵王 登山 お釜
頂上ではお釜見ながらのコーヒータイム。迫力のある火口湖でした。

下山後は遠刈田温泉に寄りました。ここも上質の温泉でとても癒されました。高速乗る前に直売所で桃と梨を買って帰路につきました。

蔵王は冬にスキーでしか行ったことがなっかたので、今回とても印象が変わりました。今度は春か夏に行ってみたいものです。