映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。


1泊2日のテント泊で尾瀬を堪能してきました。5歳児でも歩けるコースなので、お子様連れの方の参考になればと思います。
夏休みの思い出に是非行ってみてください。生き物・植物好きのお子さんは大満足すると思います。


まずは尾瀬の玄関口である鳩待峠に行きましょう。マイカー規制中なので車を戸倉の駐車場に止めて、乗合タクシーで来ました。


山の鼻に向けて森の中を進みます。少しアップダウンがありますが、スニーカーでも大丈夫な範囲です。(基本は整備された木道なので)


ギンリョウソウです。薄暗い森の中に幽霊のように現れます。


クダホコリという粘菌です。


ヤマナメクジです。巨大なナメクジでした。山の鼻まででも動植物の宝庫です。




尾瀬ヶ原に出ました。さぁ、ここからがハイライトです。


ずーーっとまっすぐな木道です。とても気持ちいです。ただ、日差しを遮るものが無いので帽子は必須です。


カキツバタです。最初はアヤメと勘違いしていました(恥)


尾瀬ヶ原には大小様々な池があり、美しい風景を引き立てています。こうした水たまりは『池塘(ちとう)』と呼ばれています。


飽きるくらいの木道が続きます(笑)。景色は360度最高です。


モウセンゴケです。食虫植物です。ねばねばで虫を捕まえます。


トンボが見事に捕まっていました。もがいても逃げられません。


歩きやすい道とはいえ、徐々に疲れてきた息子を担ぎます。


竜宮小屋で最後のトイレ休憩です。


ようやく見晴キャンプ場がある山小屋群が見えてきました。


テント泊の受付は燧小屋でします。土曜日でしたが結構空いてました。ちなみにですが、燧小屋では生ビールが飲めます!


妻子はテントで、私はタープで寝ました。意外と寒くなかったので寝袋不要でした。




翌日は薄曇りからスタートです。


前日の晴れから打って変わって雲が幻想的です。


ニッコウキスゲもそろそろ開花し始めました。


昨日とは違う風景を楽しみます。同じ道とは思えません。


7月ですが、けっこう肌寒いです。


雨が降ってきました。カメラをしまったので、これ以降の写真はございません。

いかがでしたでしょうか。写真多めでの紹介でした。晴れても雨でもいろんな表情を見せてくれる尾瀬、おすすめです!

毎度のCAMPレビューです。ネタがなくてすみません。

さて、今回行ってきたのは「オレンジ村オートキャンプ場」です。千葉県南房総市千倉にあります。みかん狩りが楽しめる農場が一緒にキャンプ場も経営している感じです。


テントサイトは大きく分けて二つあります。受付近くの海が見える高台サイト(第1キャンプ場)と、みかん畑を抜けた奥にある林間サイト(第2キャンプ場)です。※両方とも車を横付けできます。


今回は受付の近くに張らせてもらいました。眺めが良いです。


すぐ下に手作りのブランコがあります。奥に見えるオレンジ屋根の建物が受付です。


ここのキャンプ場のウリは薪(廃材)が使い放題なところでしょうか。


廃材置き場から使う分だけ持ってきて、鉈で小さくして使いました。


暗くなる空を眺めながらしっぽりと焚火スタートです。キャンプならではの時間が過ごせます。


森に囲まれているので夜はとても静かです。星もきれいでした。フクロウ?の鳴き声が聞こえました。


翌日は朝食のデザートに柑橘狩りです。時期によって収穫できるものが変わります。


今の時期はキンカン、清見オレンジ、甘夏、ハッサクが楽しめました。どれも甘くて、フルーティーで美味しかったです。

こちらのキャンプ場は(繁忙期を除いて)チェックアウトが14時という設定なのでのんびり片付けができます。

いかがでしたでしょうか。5月の連休の予定がない方、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

3月は季節の変わり目で夜はまだまだ寒いですが、キャンプ好きの皆様にとってはシーズンインの頃合いではないでしょうか。まだ虫もいないし、焚火の有難味が十二分に感じられるくらいに寒い(凍えるほど寒くはない)季節でもあります。

そんなキャンプ日和の3月に行ってきた、おすすめのキャンプ場のご紹介です。

【那須野が原公園 オートキャンプ場】
栃木県那須塩原市にある大きな公園内にあるキャンプ場です。アクセスも抜群で、西那須野塩原ICからすぐです。


私たち家族はフリーサイトに泊まりました。車の乗り入れはできませんが、駐車スペースからすぐ近くに設営できるので、大荷物でも不便はありません。


ここのキャンプ場の売りは何といっても好きなだけ温泉に入れるというところです。写真の右奥に見える建物がお風呂棟です。


15時から翌朝の8時まで入浴可能です。寝る前に入れば、全身ぽかぽかで朝までぐっすりです。


もちろん朝風呂も楽しみました。朝起きてすぐに温泉って最高ですよね。


極めつけは炊事場の蛇口からお湯が出ます。これは寒い時期のキャンプに嬉しいです。

値段もとても良心的でフリーサイト1区画2,920円+入浴税です。(冬季はなんと1,870円)
管理人さんも親切で、夜間も見回りをしてくださってとても安心して過ごせます。東北道ユーザーにはおすすめです!

-

【大洗キャンプ場】
お次は茨城県東茨城郡大洗町にあるキャンプ場です。海が近くて、スーパーマーケットと100円ショップが隣接していて便利です。


キャンプ場から歩いて15分ぐらいで行ける大洗海岸では、干潮の時間を狙って磯遊びをしました。

タイドプールがたくさんできていて、生き物がたくさんいました。


立派なアメフラシです。他にはヤドカリ、カニ、イソギンチャク等々。


肝心のキャンプ場ですが、予約なしのフリーサイトです。テント・タープを張る場所は文字通り早い者勝ちです。
トイレは入り口付近の1か所しかないので、奥に場所を取るとトイレに行くのが結構大変です。


薪・炭は受付で売っています。チェックアウトは10時ですが、そこまで厳格ではなさそうでした。
気になるお値段ですが、大人1名1,300円、車一台1,500円です。格安って感じではないですね。

気が付けば4月です。これからますます本格的なキャンプシーズンの到来です。これからも気になるキャンプ場をチェックして、こちらで紹介していければと思います。

湖畔でのキャンプは格別です。今回は中禅寺湖にてキャンプを楽しんできました。場所は「菖蒲ヶ浜キャンプ場」です。レンタカーを借りれなかったので電車とバスで行きました。

行き方は、東武日光駅からバスに乗ります。バスは二日間のフリーパスを使うとお得です。降りるバス停は35番の「菖蒲遊覧船発着所」です。そこから受付まで歩きます。


受付を済ませたら場所探しです。場内はとても広いので、どこに張るか迷います。いろいろ迷って、結局一番奥にはりました。プライベート感があって最高の場所でした。


男体山は雲に隠れていました。体力に自信がある方は登ってみてはいかがでしょうか。


夕暮れ時も美しいです。徐々に夕飯の準備を始めていきましょう。


夜も更けてきました。中禅寺湖は標高が1,200mあるので、日が沈むと想像以上に冷え込みます。


月も美しいです。星も出ています。それでは、おやすみなさい。


夜が明けました。湖畔の静かな朝です。


下が砂浜なのでマットがなくても大丈夫です。枕を忘れたので息子のぬいぐるみを使いました。


起きて目の前が湖、というロケーションは改めて良いなと思います。


夜飲みすぎたのか、まだ誰も起きてきません。湖畔を散歩して過ごします。


息子もなにか感じることがあったでしょう。


温泉は奥日光湯元温泉の「おおるり山荘」に行きました。バスは終点の一つ手前で降りてください。


硫黄の香りが嬉しい、少し緑がかった乳白色の厳選かけ流しの温泉でした。

寒くなってきて焚火も温泉も気持ちよい季節です。皆様もぜひ日光中禅寺湖エリアに行ってみてはいかがでしょうか。

熱帯夜から解放されるべく長野県にある駒出池キャンプ場で避暑してきました。八ヶ岳も近いのでハイキングも楽しめます。


駒出池です。空が映り込むほど水は透き通って奇麗でした。


フリーのテントサイトです。湖畔以外は少し傾斜がありますが、他のお客さんとの距離も取れて快適です。(結果、私と息子はタープの下で寝たのでテント不使用でしたが…)


最近のマイブームです。キャンプに来るたび作っているエビのガーリック炒めは、白ワインとバターで仕上げると最高です。


BE-PAL風に撮ってみました(笑)


夜は満点の星が楽しめます。標高が高いので(1285m)真夏でも涼しいです。


Amazonで購入した中国製フロア付きバグネットが気に入ったみたいです。子供~小柄な大人まで使用できます。


産直で買ったプラムとブルーベリーを朝食に。地産地消です。すごく美味しかったです。ごちそうさまでした。


キャンプの後は麦草峠まで車を走らせて、白駒池からハイキングスタート。


序盤は木道もあるので、小さいお子さんでも安心です。


どんどん森が深くなってきます。


疲れてきたらおんぶです。


「にゅう」までたどり着きました。先ほどまでいた白駒池が眼下に見えます。


登山経験のない方は木道だけ散歩しても楽しいと思います。苔むした深い森の中にいるだけで癒されます。おすすめです。