映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saitou
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

テントを背負って2~3日間、山でアウトドア活動をするときに、(なくても平気だけど)これを持っていくと大変重宝するものを紹介します。

1、トレッキングポール

杖でありストックであり呼び方は様々です。あるとないとでは足へのダメージが違います。歩く日数が長ければ長いほどその差は歴然です。

2、カートリッジホルダー

ガス缶安定器です。お湯を沸かす時など、意外と平らな所は少ないんです。そんなときにコレがあると本当に助かります。

3、水筒各種

水が運べればどんなものでも構わないのですが、行動中はソフトフラスクを利用してます。リュックを下さなくても飲めるようにフロントポケットに入れます。使わないときは小さくなるので大変便利です。


そして大容量の水パック。水場がないルートなどでも安心できます。最低2リットルあれば安心でしょう。以前は違うメーカーのものを使っていたんですが、縦走中に穴が開いて大変な思いをしたことがあるので、今は丈夫なものを使用しています。ハイドラパック社です。


最後になんでも使えるナルゲンボトル。プロテインシェイカーとして、湯たんぽとして、使い道は様々です。昔、雪山に他のボトルを持っていったら凍ってしまい、蓋が歪んで閉まらなくなりました。ナルゲンの場合はそんな心配も不要です。かなり手荒に使っても壊れません。

4、手ぬぐい

アルプスなど高山に行ったとき、晴れた日の稜線では紫外線がものすごく強いです。耳から首筋までカバーできるので最低1枚は必携します。当然、鼻もかめるし、汗も拭ける。下山後の温泉はこれ1枚あれば大丈夫です。洗っても直ぐに乾くのも嬉しいです。

5、厚底シューズ

ハードな登山靴からミニマルなベアフット系シューズまでいろいろ試しましたが、今のところローカットの厚底シューズが一番疲れないです。ハードな登山靴は安心感がありますが、電車やバス、林道・アスファルトの道ではけっこう消耗します。家を出てからのトータルの行程を考えると、そういった部分が一番長いのも事実です。うす底の靴は身のこなしは軽いですが、石などの突き上げが大変痛いのでテント泊縦走のときは履きません。

いかがでしたでしょうか、少しでも参考になれば幸いです。

映像制作スタッフの橋本です。
久しぶりのブログ更新です。

今年の夏と先日、バイクパッキングに行ってきました。

まず今年の夏、伊豆大島に。
夜、竹芝桟橋からフェリーで向かいます。



朝の5時に伊豆大島の岡田港に到着。
早速ここは東京かと思わせるような南国の雰囲気。



その後トウシキキャンプ場へ。
キャンプ場の写真は撮り忘れたのですが、
広々としたきれいなキャンプ場でした。
写真はキャンプ場から見えた夕日。



今回のメインは三原山に行く事だったのですが、
山頂まで行くとガスってて、何も見えませんでしたが、
キャンプ場からはきれいな三原山が見えました。



そして、先日紅葉を見に、奥多摩にある川井キャンプ場へ。
紅葉は残念ながら、あまり見れませんでした。



早速テントを張ります。
昨年から愛用しているモンベルのU.L.ドームシェルターです。



今回一番やりたかった焚き火。
ユニフレームのネイチャストーブです。
焚き火はゆったりとした気持ちになり、アルコールも進みます。



翌日は多摩川サイクルロードを走り都内に戻りました。
写真は福生の辺りから見えた奥多摩三山。
とてもきれいでした。



駆け足で紹介しましたが、みなさまもいかがでしょうか?
これからの時期は少し寒いですが、虫も出ないし、
キャンプ場も空いてくると思いますので、
満喫できるのではないでしょうか?

免許がない方、免許があっても車を持ってない方、帰りもお酒を飲みたい方に朗報です。電車とバスで楽ちんに行けるキャンプ場がありました。


そこは「大洗キャンプ場」です。アクセスはJR上野駅から特急で水戸駅まで。鹿島臨海鉄道に乗り換えたら大洗駅で下車です。循環バスで約6分「幕末と明治の博物館入口」で到着です。健脚の方なら大洗駅から歩けます。

歩くとしても歩かないとしても荷物は軽いに越したことはないです。そこで御提案です。テントを家に置いてみてはいかがでしょうか。タープを張って(雨が降らなければ不要)、シートを敷いて(荷物が汚れてもよければ不要)、蚊帳を吊るして(蚊がいない時期なら不要)寝てみてはいかがでしょう。解放感があっていつもと違うキャンプが楽しめますよ。



こんな感じです。

最初はちょっと抵抗があるかもしれません。でも人間なんでも慣れてくるものです。

以前通勤中に見かけて「なるほどな~」と思ったことがあります。何人かの大学生が(オールで飲み会した後なのか)公園にダンボール敷いてみんな身一つで寝ていました。ウルトラライトの精神です。


あと、海沿いの魚市場に行けば天然の岩ガキ(800円)と養殖のカキ(300円)を好きなだけ食べ比べできます。言うまでもなく天然ものが最高でした。

暑い時期にランニングすると水の消費量がとても多いです。フロントポケットにボトルを2本入れて大体1リットルです。


個人差はあると思いますが、夏に長い距離を走るとこれくらいはすぐに消費してしまいます。自動販売機や水場のない山の中を走る場合、脱水は死活問題になります。そういったコースを走る場合はバッグの中に予備の水を持っていきます。しかし補給のときにバッグを一度おろして、中から出して補充しないといけません。疲れていると、この単純な作業でさえ結構面倒です。

すみません、前置きが長くなりました。ここでハイドレーションパックの登場です。ハイドレーションパックは各メーカーからサイズもいろいろ出ていると思います。(ほとんどがハイドラパック社のOEMだと思いますが、、、)自分はINOV8の1リットルにしました。今のところ良い選択だと思っております。実は2リットルと迷ったのですが、(ドリンクだけで)前後ろ合わせて合計4キロも背負ったらけっこうしんどいかなと思ってやめました。


使い方は簡単です。まずはスライド式の蓋を取って中にドリンクを入れます。洗う時も裏返しにできるので清潔です。


バッグの背中部分に入れます。下にずり落ちないように止める部分がついています。


チューブを前に出して完成です。

夏場に走ってみて分かったのですが、ハイドレーションパックを背中に入れると体温で、中の飲み物がお湯のようになってしまいました。なので私は「LOKSAK」に着替えを入れて身体に直接当たらないようにしています。


滝のような汗をかいたときも、どしゃ降りの雨の中を走った時も、衣服は無事でした。

以前はジップロックを使っていたのですが、意外に汗の匂いが移るんです。そして2か月使って破けました。これはエコじゃないなと思い、少し高いですけど買い換えました。今現在、かなり手荒に半年以上使っていますが破ける気配は微塵もありません。おススメです。


小さいサイズもあります。スマホや財布を雨から守れます。

いかがでしたでしょうか?ランニングやトレランの時に役立つギアの紹介でした。それではまた次回。

先日、第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンに出場してきました。コースは三つに分かれています。五湖を周る118km(制限時間15時間)、四湖の100km(制限時間14時間)、三湖の71km(制限時間11時間)です。私は118キロの部を走りました。


コースはこんな感じです。


スタートは午前4時です。けっこう寒いです。長ズボンで走りたいくらいですが、日中は暑くなる予報でしたので、私はランパンの上にPatagoniaのフーディニパンツを履きました。この製品とても軽くて便利です。途中暑くなってきたので脱いでリュックに仕舞い込みました。


富士山を見ながら走ることができる素晴らしいコースです。雲一つない晴天です。日が出てくると同時に気温も上がりだしました。直射日光がきついです。途中、半袖に着替えようか迷いましたが、ゼッケンを付け替えるのも面倒だったので最初から最後まで長袖でした。

長袖の下にはfinetrackのスキンメッシュを着ました。この組み合わせがものすごく正解でした。朝晩の冷え込み(手袋付けるぐらい寒かったです)にはもちろんのこと、日中の紫外線による消耗を防ぎ、汗冷えによりお腹が冷えてトイレに駆け込むってこともなかったです。ウルトラマラソンを4回走っていますが、ゴールの写真を見返すと4回ともすべて長袖を着ています。そのうち3回は下にスキンメッシュを着ています。私にとってこれはもう鉄板の組み合わせです。(スキンメッシュを着なかった1回は96キロでリタイヤしています。着ないと完走できない??)


ゴールするころには日も暮れてきました。14時間44分でフィニッシュです。チャレンジ富士五湖はアップダウンが少なくて、今まで出てきた大会の中でも一番走れるコースでした。初めてウルトラにチャレンジする人にはオススメだと思います。