映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

残念ながら中止になってしまった『トレニックワールド 彩の国 2021』で履こうと思っていたアルトラ・オリンパス4.0をレビューしたいと思います。


この前の箱根外輪山でも使用しました。調子よかったです。
(別件ですが、さかいやスポーツ×STRIDE LAB限定のTeton Bros.のランパンも最高なので是非チェックしてみてください。)


オリンパス4についてはRunBoys! RunGirls!のこちらのブログで詳しく書かれています。ぜひ読んでみてください。私も購入にあたって参考にさせていただきました。
今回の記事はそれをふまえて、私が感じたことをレビューします。



まずはサイズ感から。私の素足の実測ですが、左右違っていて24.8~25.0という感じです。アルトラはモデルによってもサイズ感が違うので、サイズ選びが難しいです。そしてここが何より重要ですが、ほとんどのモデルで25.5cmがありません。なので25cmか26cmという二択にならざるを得ませんでした。

以下は私が今まで履いてきた靴のメーカーとサイズです。

・Altra レペティション → 25cm
・Altra インスティンクト2.0 → 25cm
・HOKA クリフトン5 WIDE → 25.5cm
・NIKE ペガサストレイル1 → 25.5cm
・NIKE テラカイガー3 → 26cm
・Altra ワン2.5 → 26cm

そんな私の足ですが、実際にオリンパス4を試着してみた感想は、25センチ(EU40)ではジャストすぎて、26センチ(EU41)ではゆったり過ぎました。25.5センチ(EU40.5)欲しいです。Altraさん、作ってください!

仕方ないのでレディースの26センチ(EU40.5 ※メンズの25.5センチ相当)を購入しました。ではでは、1か月使用した感想を書いていきます。




気になる箇所をあえて挙げるとすれば、少し小指が当たります。つま先の補強部分が干渉します。

その解決策として「ホシノインソール」です。長距離・長時間の連続使用に最適な【B+LD Long Distance】をチョイスしました。ゼロドロップで作られているインソールなのでアルトラとの親和性が高いです。


足のアーチが改善されたせいか、小指の位置が多少変わりました。その結果、箱根外輪山を一周してもトラブルなくバッチリでした。小指も無傷でした。


ちなみにインソールが白っぽいのはなぜかというと、「グランズレメディ」を使用しています。環境先進国・ニュージーランド生まれの靴用除菌・消臭パウダーです。天然由来の安心・強力な除菌・消臭効果で、靴のイヤな臭いの元となるバクテリアを根源から除去してくれます。


この粉をインストールに振りかけて伸ばしておくと、どんなに蒸れ蒸れな靴の中でも臭いゼロです。靴下も全く臭くなりません。足の臭いでお困りの方に朗報です。是非試してみてください。

さて、シューズのレビューに戻ります。


厚底の特性としてソールが柔らかいので、登りで踏み込んだ時に多少の沈み込みがあります。こちらもランボーイズのブログに書いてありましたが、実際は思ったほどではありませんでした。でも気になる人には…

はい、こちらもホシノインソールが解決してくれました。インソール自体に剛性があるので、最初に入っていたものを使用しているときより、地面を踏んだ感覚は固い感じになります。これで沈み込みの疲れやすさも軽減しました。まさに、一石二鳥でした。

最後にすごいなと思ったのはVibram MEGAGRIPです。


ビブラムのメガグリップは滑らないと聞いていましたが、ほんとに滑らないです。普段だったら滑るだろうなぁ、という斜面も大丈夫でした。宣伝に偽りなし!最高ですね。



補足として購入店についてですが、日本ではレディースの黒(濃紺?)が売っていなかったのでオーストラリアにあるアウトドアショップ(通販サイト)で買いました。
※2021年7月現在、メンズに関しては黒の発売があります。黒を待っていた人には朗報ですね!

海外通販は慣れれば簡単です。日本で買うより安かったりします。あと、日本未発売のカラーがあったりとかもします。
ですが、トラブルに対しては自己責任。届かなかったり、違うものが送られてきたときに対応できる英語力は必要かと思います。



トレイルランニングだけじゃなく、登山やハイキングでも大いに活躍してくれそうなアルトラ オリンパス4.0。これはベストバイです。

温泉を目当てに蔵王に行ってきました。

東北道をひた走り、山形蔵王ICで下りて、まずは蔵王温泉大露天風呂へ。
蔵王 大露天風呂
ここは自分露天風呂史上ナンバーワンです!本当に最高でした。浴槽からは外れたところに温泉の川が流れていて、そこに入ることができます。温度もちょうど良い。本当の意味での源泉かけ流しです。

温泉街を軽くひやかしたあとは蔵王坊平国設野営場へ。一人350円です。敷地は広大で、好きなところに張れます。BBQと焚火で贅沢な夜を満喫しました。この季節、夜の冷え込みはけっこうなものです。そこで今回初導入のこちら…
タイベック防護服
タイベック防護服です!とても暖かいです。雨が降っても平気です。軽くて着心地最高です。

タイベック防護服で寝る
タイベック防護服が暖かいので寝袋不用でした。シュラフカバーだけで寝ました。ちなみにタープもタイベックです。

翌朝は登山です。ロープウェイが一般的みたいですが、僕らはキャンプ場から登り始めました。中丸山・熊野岳を経由するこのコースは激奨です!
蔵王 登山 お釜
頂上ではお釜見ながらのコーヒータイム。迫力のある火口湖でした。

下山後は遠刈田温泉に寄りました。ここも上質の温泉でとても癒されました。高速乗る前に直売所で桃と梨を買って帰路につきました。

蔵王は冬にスキーでしか行ったことがなっかたので、今回とても印象が変わりました。今度は春か夏に行ってみたいものです。

"MYOG"巷でよく目にするこの言葉。さて、何て読むのでしょうか?
これはメイク・ユア・オウン・ギアの頭文字を取ったものです。
どういう意味か?
簡単に言うと「ギアは自分で作りましょう」ってことです。

何の疑いもなく購入した、山で使っているギアの数々。それをゼロから作ってしまうという。
手間はかかるが愛着は湧く。マスプロダクトに比べればもちろん劣る。
しかし、自分で作るということは自分にとって都合の良い機能、使い勝手の良いサイズなど、すべて思い通りに作れる(はずだ…)。

今回は妻の協力のもと、タープを作ることにした。
まずは生地選びから始めた。耐水性で強度があるもの、そして安くなければ自分で作る意味がない。
選んだものはタイベックシート。買ったお店はここ。3m×3mで2400円でした。

生地の裁断から始めた。サイズは260×300とする。
MYOG-1
次に四辺を三つ折りにして待ち針で止める。
MYOG-2
そしてミシンで縫う。大きいから大変だ。
MYOG-4
次にテンションがかかるところの補強をする。
素材はダイニーマにしました。30cm×30cmで800円です。

ネットでいろいろチェックしながら見よう見まねでどうにか完成までこぎつけました。

キャンプで大活躍です。
 

今回はランニングシューズの紐についての話です。

ランニングシューズの紐が緩んでしまい、結び直した経験は皆さん一度はありますよね。長い距離を走ると尚更です。私は通勤・帰宅ランを時々してるのですが、途中で何度か結び直すことがあります。(紐の結び方が悪いのかもしれませんが)寒い時期は手袋付けているので、けっこう億劫です。手がかじかんで上手くできないこともあります。

その悩みを解消するべく、サロモンのクイックレースに付け替えてみました。
(会社近くのさかいやスポーツで購入)

サロモン クイックレース
今までの紐はこんな感じです。

そしてこれがサロモンのクイックレースキットの中身です。
サロモン クイックレース
付け方はとても簡単です。付属の説明書を見れば誰でもできます。勘の良い人なら見なくてもできると思います。用意するのはハサミとライターのみ。

出来ました!
サロモン クイックレース
見た目はあまり変わりません。紐の色も他に多数(グレー、白、黄、赤、緑)あるので、別の色にしても面白いかもしれません。紐紐の余った部分を切って完成です。切った先はライターで炙るとほつれません。

サロモン クイックレース
しっかり締めてみました。緩む気配ゼロです。脱ぐときもシュルッと緩められるので着脱のストレスがありません。

紐の緩みで悩んでる人にはきっと朗報なのでは?

今回はアウトドアジャケットの素材についてのお話です。
まずは防水透湿素材のパイオニア"GORE-TEX"から。
GORE-TEX
ゴアテックスは多種多様なブランドで使われているだけあって安心感はあります。ですが雨具という観点からみると、これからの時代「買い」ではない気がします。夏場の登山やフェスでの使用だと、正直蒸れます。雨ではなく汗で中の服が濡れます。しかも半袖の上に着ようものなら、素肌にぺったりとまとわりついて気持ち悪いです。

今までいろいろなシーンで使ってきた印象としては夏場の雨具としては不向き。
冬場(降雪)のアウターとしては効果的。靴での使用が一番有効かと思います。

じゃあ夏場の雨具は何がいいの。正解はみんな使っている「傘」です。蒸れない濡れない最高のギアです。しかし傘が使えないシーンもありますよね。風がとても強いとき、両手を使いたいとき。ではいったいどんな雨具を着ればいいのか。

僕が経験して導いた解答は"eVent"

eVent
この素材はゴアテックスに比べると耐水圧は劣りますが、透湿性で上回ります。
僕が買ったのはMONTANE Spektr Smock。実際着てみるとよく分かります。
Montane_Spektr_SmockeVent
行動中の脱ぎ気が画期的に減りました。この透湿性には毎回驚かされます。
ただし本品はタイトな裁断のプルオーナーなので着るときが面倒です。
これ以外にもイーベントを使用している製品はありますのでチェックしてみてください。

DryQ
最後にマウンテンハードウェアの自社開発素材"DRY.Q"。けっこう評判良いみたいです。でも自分は使ったことないので何とも言えません。詳しくはメーカーページでご確認ください。

他にも、モンベルの「フリーズドライテック」、コロンビアの「オムニテック」、パタゴニアの「H2No」など防水透湿性素材っていろいろあるんですよ。自分のスタイルに合った一枚を見つけてみて下さい。