映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

桜を見るんだったら荒川。サイクリングするんだったら荒川。荒川土手は春に自転車で走るには最高な場所です。


息子はおんぶされて終始楽しそうでした。抱っこひもはモンベルです。軽くて使いやすいです。


少し走らせると桜並木に到着です。場所は戸田ボートレース場の近くです。


荒川沿いには公園もたくさんあります。今回は彩湖・道満グリーンパークでピクニックしました。


アルコールストーブでお湯を沸かしてカップ麺を頂きました。ちなみにアルコールストーブは"AntiGravityGear"を使っています。火力がとても強いです。湯だけを沸かすには向いています。ゴトクが必要ないのが気に入っています。


彩湖は本来は洪水時の増水による被害に備えた調節池だそうです。ウィンドサーフィンやカヌーなど水上スポーツも楽しめます。とても面白いところでした。

最後に自転車のご紹介。

僕が乗っているのは"FIXIE"(左)で妻のが"CREATE"(右)です。

次回は秋ヶ瀬公園に行ってみます~。

-

福島県にある「聖ヶ岩ふるさとの森」でキャンプしてきました。初めての子連れキャンプでしたが何事もなく楽しく過ごせました。

聖ヶ岩ふるさとの森
整備された林の中にあるキャンプサイトです。お盆でしたが人も少なく静かに過ごせました。

聖ヶ岩ふるさとの森
子どもを寝かせるためにタイベックタープを張ります。

聖ヶ岩ふるさとの森
アブがたくさんいたので蚊帳を張って万全です。

聖ヶ岩ふるさとの森
ボルダリング施設もあります。大人2時間200円と格安です。(シューズ代が別途200円かかります)

朝はアルミ缶で作ったアルコールストーブでお湯を沸かしてコーヒーを入れました。キャンプで飲むコーヒーは格別です。
MUNIEQ テトラドリップ

MUNIEQ テトラドリップ MUNIEQ テトラドリップ MUNIEQ テトラドリップ
MUNIEQのテトラドリップを使用してます。分解して重ねると薄くて軽いので持ち運びに重宝します。家でも使っていますが、もう他のものは使えませんね。

美味しいご飯と美味しいお酒。日暮れ後の花火と焚火。寒いぐらい涼しい夜明け。心も体もリフレッシュできましたー。

昔書いた記事にもありますが、ナルゲンの1リットルボトルに変わるものとしてHydrapakのSTASHを買い、その後もずっと使用してきました。とにかく調子が良く便利です。会社に水を持って行って帰りには小さく畳んで持ち帰れる。もうナルゲンには戻れません。

そんな時、会社からの帰宅ランのときなどに使用していたサロモンのソフトフラスクに穴があいてしまいました。
サロモンソフトフラスク
目視では確認できない小さい穴ですが、一度あいてしまうとおしまいです(泣)

しばらくはペットボトルを代替えとして使っていたのですが、体にあたる感じが固いので少しストレスになります。つぶして小さくすると元には戻らない…。
そこで新しいソフトフラスクの購入に至りました。どれを買うか迷いました。いろいろなメーカーから出てますよね。さんざん悩んだ結果、毎日使っているスタッシュが丈夫で調子良いので、ハイドラパックのソフトフラスクにしました。
ハイドラパック ソフトフラスク
サイズも5種類から選べます。使い勝手の良い500mlにしました。

ハイドラパック ソフトフラスク
サロモンと同量ですが、こちらの方が太くて短いです。素材はこちらの方がしっかりしている気がします。その分少し重いです。

決定的な違いはロック機能です。
ハイドラパック ソフトフラスク
飲み口の部分を回すとロックがかかり、水が出てきません。これには感銘を受けました。今までは持ち運びの時に触れてしまい中身がこぼれるということが多々ありました。これなら家から中身を入れて持っていけます。満員電車でも安心です。

ハイドラパック ソフトフラスク
飲み終わったら小さくできます。やっぱり便利ですねー!

実際に帰宅ランで使ってみた感想は安定感ありです。これは太くて短いからでしょう。自動販売機で買ったポカリを入れ替えるときも、サロモンよりも口が大きいのでこぼれません。

他にも相違点があります。まずは吸い口の堅さです。サロモンのは軽くくわえて本体を押せばドバっと出ました。ストレッチなどしている時に少し触れただけで出てきちゃうのには正直困りました。ハイドラッパックはしっかりくわえて吸い込まないとたくさん出てきません。でも、喉が乾いているときにこれは煩わしいです。せっかくロック機能が付いているのだしロック解除したらドバドバ出てほしいですね。

唯一残念な点は上下についている(補強のための)ゴムの部分が少し硬いのが気になります。まぁ、中身が少なくなったら空気を入れて膨らませれば問題ないのですが、ここはサロモンのしなやかさに軍配が上がりますね。

以上、使ってみた感想です。少しでも参考になればと思います。

あけましておめでとうございます!本年もビズバレーをよろしくお願い致します。ブログの更新も頻繁にしていきたいと思います。何卒お付き合いくださいませ。

秩父の蕨山
先日、秩父の蕨山を歩いてきました。

秩父の蕨山 (2) 秩父の蕨山2
木々の葉もほとんど落ち切っていて、地面は落ち葉の絨毯です。

なんの変哲もない里山ですが、こういう場所でこそゆっくり休憩しながらコーヒーを飲みたいものです。

荷物を軽くするために、道具は最小限に絞りました。火器は固形燃料を使用します。エスビットというメーカーのもを使いました。アウトドアショップで売っています。なければ民宿などでよく見る鍋を温めるものでも大丈夫です。これなら100円ショップに売っています。

シェラカップで珈琲
シェラカップは鍋兼コップになるので便利です。水を入れて固形燃料に火をつけます。この時、固形燃料にアルコールを一滴たらすと着火が楽です。

シェラカップ
燃焼中に煙は出ませんが、独特の臭いがします。この臭いは正直ちょっと苦手です…。

シェラカップ (2)
お湯が湧いたらコーヒーバッグを入れて、好みの濃さになるまで待つだけです。コーヒーバッグは会社の近くにあるカンダコーヒーで買いました。

景色を眺めながら静かな山でゆっくりコーヒーを飲む幸せは何物にも代えがたいです。皆さんも是非試してみたください。

映像制作スタッフの橋本です。

スノーサーフという雪山を波に見立てて、
サーフィンのような動きをするものがあります。
最近そのスノーサーフの板を購入しました。

1

最近のスノーボードは高くジャンプしたり、何回転もするのが主流になっていますが、
この板はどちらかというとカービングがメインのような気がします。
また形状もノーズがサーフボードのように細かったり、テールが割れていたり、
普通のスノーボードの板とは少し異なります。

今年は暖冬なので、雪が少ないのですが、早速今度ゲレンデに行ってきます。
通常のスノーボードとは違う乗り心地を味わってきます。
自分のつたない説明では伝わらないかも知れませんので、
先日発売されたDVD『SNOWSURF』の一部をご覧ください。

途中サーフィンの映像もインサートで使われているので、
サーフィンとの動きとの比較もできると思います。
また音楽もかっこいいので、DVDもおすすめです。


Snowsurf Trailer from My House Pictures on Vimeo.