映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
m_muraoka
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

先日の一本下駄の記事でもお伝えしましたが、有明で行われたシューズトライアルにセムコのスタッフとして参加してきました。

有名メーカーが目白押しでたいへん盛り上がっていました!


ALTRAです。エスカランテが今回のベストでした。アッパーが柔らかく走っていてとても気持ち良いです。


ONです。想像していたより軽くて履き心地抜群でした。やはり実際に走ってみないと分らないですね。


SALOMONです。ランニングベストが凄すぎて絶句しました。これなら通勤ランもストレスフリーです。


MERRELLです。足裏感覚抜群のベアフット系シューズ、ベイパーグローブ欲しくなりました。


HOKA ONEONEです。柔らかいクッションには感動を覚えました。ただ、僕には足幅が狭く合いませんでした。

残念なことに、時間が足りなくてすべてのメーカーは試せませんでした。


KARHUです。クマのぬいぐるみに息子が興奮していました。


MBTです。正直、一番気になります。次回は試したいと思います!




UNDER ARMOURとREEBOKとRAID LIGHTは後回しにしちゃいました。すみません。

ランニングシューズは、やはり一度コンクリートの上を走ってみないと分らないですね。とても良い経験ができました。次回もおそらくセムコスタッフとして行くので、興味がありましたら是非ご参加ください。

私の伯父が考案開発した「コンパクト一本下駄」を家の中やロードで試してます。

伯父は長距離専門の本格派で、下諏訪~日本橋の215キロ走る大会(制限時間36時間)も完走してます。全盛期の月間走行距離はなんと600kmです。

そんな伯父がランニングをさらに快適に(より速く、より遠くに)するために試行錯誤の上に開発されたコンパクト一本下駄は、伯父の会社で製造まで受け持っている安心のメイド・イン・ジャパンです。


特徴はランニングシューズを履いたまま装着できるところです。


二本のゴムで止める仕組みです。単純ですがこれで脱げません。ちゃんと重心と着地を意識すれば走れます。踏み込む感じ(フラット着地)も理解(体感)できます。


室内用もあります。


フローリングで使用する場合はそこそこ音が出るので注意が必要です。うちは階下に住人がいないのでそこは安心です。


一歳児が履くとこんなサイズ感です。

そして、2017年9月30日にいろいろなメーカの靴が試履きできるイベント「クリール・シューズトライアル」が有明で開催されます。コンパクト一本下駄も去年に引き続き出店します。(私もお手伝いに行く予定です)

出店メーカーも豪華です!
・アルトラ/ALTRA
・アンダーアーマー/UNDER ARMOUR
・MBT
・オン/ON
・カルフ/KARHU
・サロモン/SALOMON
・セムコ(コンパクト一本下駄)
・ホカ オネオネ/HOKA ONEONE
・メレル/MERRELL
・リーボック/REEBOK
・レイドライト/RAID LIGHT


この日本最大規模の試し履きイベントの申し込みはスポーツ・エントリーから。

是非この機会に自分に合ったランニングシューズを探してみてください!

神保町のさかいやスポーツで長距離用のランニングシューズを買いました。今回はそれの使用感をお伝えします。


アルトラのパラダイム2.0です。初めてのマックスクッションシューズです。


ソールはこんな感じです。


サイズ感についてはアルトラの場合普段はUS8.0をはいているんですが、パラダイム2.0は少し大きめに作られてるのでUS7.0を買いました。若干ジャストすぎるかなとも思いましたけど、走ってみたらなんの問題もなくて安心しました。マメもできなかったし、足の爪も痛くならなかったです。紐はサロモンのクイックレースに変えています。これ一度試しちゃうと本当に便利で普通の靴ひもには戻れませんね。


クッションハイトは34mmだそうです。その割にはとても軽く感じます。実測で片足253グラムです。

それではさっそく長距離を走ってみました。川口から飯能までの50キロです。


最初は荒川をひたすら上流のほうに走ります。フラットなロードです。パラダイムはスピードを出して走るには少し不向きなようです。キロ5分くらいで走るともたつきを感じます。


途中ヤギがいました。


砂利道のオフロードの出現です。クッションが厚いので足へのダメージは少ないです。


川越に到着。ここまで30キロ。観光かねて小休止。昔の蔵造りの街並みが美しかったです。がしかし、休んだことで疲労がどっと出てきました。膝が少し痛みます。練習不足でしょうか…。

ここから飯能まではゆっくりのスローペースで。ゴールは「宮沢湖温泉 喜楽里別邸」です。久しぶりの温泉に癒されました。

ビックリしたのは翌日の足の痛みが普段と比べてほとんどなかったことです。これもマックスクッションの効果でしょうか。寝る前まで痛かったのですが朝にはすっきりしていました。クッションの意味あるんですね。総じてパラダイムはそんなにスピードを出さずにゆっくり長い距離を走る人には向いているランニングシューズだと思います。

ダイエットのために、週2回荒川土手のジョギングを始めました。


家を出てすぐ荒川にかかる鉄橋、京浜東北線側から埼京線まで行って帰ってくる約7kmの道のりです。スタートは京浜東北線の鉄橋の下から。昼間の晴れた日は日差しがとても気持ちいいです。


スタートすぐ坂を上って土手に上がり、ひたすら埼京線の鉄橋を目指します。


川沿いにはゴルフ場やサッカー場、逆側には住宅地や学校、工場。川口市と戸田市の街並みを眺めながら走ります。


その中で個人的に楽しみにしているのが、meijiの奥にある神戸屋さんの工場です。パンの美味しそうないい香りが土手まで漂ってきて食欲をそそります。


折り返し地点の埼京線の線路まで行くと新幹線が走っているのが見えたり、快晴の日には富士山が見えたり、見ていて飽きない景色が広がります。

普段運動していない私にとって7kmのジョギングはとてもキツイです。ですが景色を楽しみながら街の雰囲気を感じながらのジョギングはとても気持ちいいです。皆さんもお住まいの街で楽しめるジョギングコースを見つけてみてはいかがでしょうか。

荒川ほどランニングに適した場所は他にあるでしょうか?広くて平らで人がいない、水道があるので水分補給もできてしまう。
事実、荒川ではたくさんマラソン大会が開催されています。僕も通勤ランのときは荒川を走ってきてます。そんな荒川上流に温泉があるのを発見したので、二回に分けて走ってみました。

荒川ランニングコース_川
スタート地点は赤羽と川口の間にかかる新荒川大橋としました。ここへのアクセスは赤羽駅、川口駅から共に歩いて15分ぐらいです。※写真はこれから走る上流の方を撮影しています。

まずは右岸(下流の方を見て右側)から。
荒川ランニングコース7 荒川ランニングコース4 荒川ランニングコース6 荒川ランニングコース5
とにかく平らなロードが続くのが特徴です。延々と続きます。途中から田んぼが現れ田園風景に癒されます。

川越はつかりおんせん
右岸のゴールは「小江戸はつかり温泉」です。

つづいて左岸の紹介です。
荒川ランニングコース 荒川ランニングコース2 荒川ランニングコース8 荒川ランニングコース3
こちらはオフロードありの変化に富んだコースです。途中、秋ヶ瀬公園を通ります。

大宮湯けむり横丁2
左岸のゴールは「湯けむり横丁おおみや」です。

汗をたっぷりかいた後の温泉は最高です。是非みなさんも走ってみてください!

1 / 3123