映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。


子供と一緒に三浦半島の荒崎で遊んできました。10月なのに30℃を超える夏日で、磯遊びがとても楽しめました。

まずはアクセスです。車の方は「荒崎公園」とナビに入れれば大丈夫だと思います。私は電車とバスで行きました。電車は品川駅から京急で三崎口駅まで。普通料金で特急列車のような椅子でした。旅って感じで良いです。三崎口からは荒崎行のバスに乗ります。③番乗り場でした。本数もそこそこあります。

バスは終点で下ります。そしてバス停から歩いて各ポイントに行きます。車の方は駐車場<P>があるのでご安心下さい。


<A>

磯だまりに生き物がたくさんいます。釣りをしている人たちもたくさんいました。波が荒いので潜るには慣れてる人じゃないと難しいかもしれませんね。足場がやや悪いので小さいお子さんと一緒の時は目を離さないようにする必要があります。

<B>
 
奥まっているので波はほとんどありません。磯遊びとシュノーケルが両方楽しめます。簡易テントを張っている家族連れの方がたくさんいました。ただ、水質は若干悪いです。

<C>

一応「なんやの浜」という名前が付いているようです。こじんまりとしてますが、遠浅で安心して遊べます。水は凄いきれいでした。岩場には魚はいませんでしたが、ヤドカリや貝がたくさんいました。

<X>
今回は行きませんでしたが、次回チェックしてみます。



新幹線おでかけ切符を使って海水浴に行くのが定番になってきました。お得ですし、早いですし、お酒飲めます。新幹線おでかけ切符は二日間有効な東京・品川~小田原・熱海間のお得な切符です。※二名以上で利用できます。

今回行ったのは小田原と熱海の間「真鶴」です。小田原から東海道本線で3駅です。途中に通った根府川駅に海に面した良さそうなキャンプ場がありました。


真鶴駅から徒歩15~20分にある岩海岸に向かいます。駅前にセブンイレブンがあります。クーラ―ボックス持参で氷と飲み物を買いました。海までは近そうで遠いのでのんびり歩いてください。※本数少ないですがバスもあります。


目の前を真鶴道路が通っています。海は遠浅でした。

海に向かって左側に磯遊びできる場所があります。

磯だまりに生き物がたくさんいました。
ウミウシ、クラゲ、ヤドカリ、カニ、ナマコなどなど。

なんと、ウツボもいました!

公衆トイレと公衆シャワーもあるのでご安心ください。駅までの帰り道にある干物屋さん(青貫水産)で地魚の干物を買ったのですが、最高に美味しかったです。また買いに行きたいです。

帰りには是非小田原駅前の居酒屋「ふじ丸」に寄ってみてください。安くて居心地よくて地元民に愛されている老舗でした。

-

【正社員募集のお知らせ】

当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。
詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。※モバイルページでご覧の方はPC版のTOPにリンクがございます。

家族で西伊豆に遊びに行ってきました。最近は伊東・熱海方面が多かったので、とても新鮮です。それでは早速おすすめの海水浴場をご紹介します。

「田子瀬浜海水浴場」

奥まったところにある岩場の海水浴場です。駐車場の数に限りがあるので、朝早く行くか、平日がおすすめです。


左奥にテントを張りました。秘境感があります。手漕ぎボートで釣りをしてる人もいました。


目の前には無人島があります。近いので泳いで行けます。無人島には洞窟やプライベートビーチがたくさんあって冒険心がくすぐられます。


右側です。盛り上がっています。公衆トイレ、無料のシャワー、そして海の家もあるので不便なく遊べます。

-

「岩地海水浴場」

松崎から少し南下したところにあります。「東洋のコートダジュール」と言われている海岸です。私も初めて知りました


展望台からの眺めです。毎日眺めたい景色でした。


ビーチ左側。公共の駐車場はトンネルの先にあるのでちょっと不便です。私たちはビーチ前にある民宿の駐車場を利用できました。(1台 1,500円)


写真右側中央に小さく見えるのは浮島です。子供たちが飛び込みの練習をしてました。


写真右側に船が見えると思いますが、温泉が掛け流されていて無料で入れます。海で冷えた体に嬉しいです。浴槽は温度別で区切られていました。ビーチ右奥には磯遊びできる場所もあります。

-

いかがでしたでしょうか。どちらの海水浴場も魚は驚くほどたくさんいます!シュノーケリングするには最適な場所です。魚肉ソーセージを持っていくと怖いぐらい寄ってきます。網で簡単に獲れました。

西伊豆に行く機会があったら是非立ち寄ってみてください。

-

【正社員募集のお知らせ】
当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。
詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。※モバイルページでご覧の方はPC版のTOPにリンクがございます。


羽田空港からわずか55分で着いてしまう八丈島のご紹介です。飛び立ってすぐに着陸態勢に入る、まさにそんな感じでした。


キャンプが好きな人は「底土キャンプ場」に行ってみてください。広い芝生のキャンプ場で、炊事場やトイレもすごく綺麗です。ゴミ捨て場の分別も分かりやすく整然としています。今回は台風の接近に備えて風が通らないところに設置しました。


ちなみにこれが前回行った時に張った場所です。海が見えて気持ちいいですね。

八丈島の魅力の一つは温泉です。泉質がとてもユニークです。


僕が一番好きなのは「ふれあいの湯」です。底土キャンプ場からも一番近いのでおすすめです。


「やすらぎの湯」 は無色透明でした。こじんまりとして好きです。他にも「みはらしの湯」は眺めが壮大なので観光客には一番の人気です。


乙千代ヶ浜(おっちょがはま)はプールや小さな池がつくられており、磯遊びの場所としても子供のプール遊びとしても面白い場所です。




八丈富士の中腹に広がる「ふれあい牧場」では黒毛和牛やジャージーが放牧されています。また、牧場内の展望台からは島の中心部が見渡せて圧巻です。美味しいアイスやプリンも食べられます!


3泊4日の旅行でしたがあっという間でした。またいつか行ける日が来ますように。

海辺で遊ぶとき、砂浜に拠点を作りますよね。そんなときにあると便利なものをご紹介します。

まずはタープです。これは必須です。ないと日焼け地獄&熱中症でダウンしてしまいます。


タイベックシートで自作しているのですが、ビーチが混んでいても白いので遠くから目立ちます。


ヤシの木を拾ってきて、少し広さを出してみました。横からみるとこんな感じです。


砂浜はペグが効きにくいので(キャプテンスタッグのサンドペグ30センチを使いましたけど、あんまりダメでした…)ごみ袋が役立ちます。


袋の中の砂を水で濡らして、さらに砂で壁を作るともう最強です。どんな風にもびくともしません。ガイラインと袋を繋ぐのにカラビナがあると便利です。

つぎに欲しいのは椅子です。地面で寝っころがるのも気持ち良いですが、やはり椅子があると楽です。


小さくて軽くて持ち運びやすいHelinox(ヘリノックス)がおすすめです。座り心地も抜群です。家のリビングでも使えちゃいます。

8月に入りました。夏本番、みなさま海水浴を安全に楽しんでください。

-

【正社員募集のお知らせ】
当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。
詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。※モバイルページでご覧の方はPC版のTOPにリンクがございます。