映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。


9月に一泊二日で北アルプスの鹿島槍ヶ岳に登ってきました。お天気にも恵まれ、素晴らしい山行になりました。そのときの記録です。どうぞご覧ください。

*


扇沢へのアクセスはJR長野駅からバスが出ています。長野駅までは新幹線を利用するとあっと言う間です。
新幹線はえきねっと限定のおトクな割引きっぷを利用しました。最大で半額になる区間もあるので利用してみてください。


柏原新道の入り口です。ここで登山届を出しましょう。


特に急ぐこともなく、淡々と登れば二時間半くらいで種池山荘が見えてきます。後述しますが、ここはピザが有名です。


標高が高くなると、もう秋が始まっていました。


本日の目的地、冷池山荘が山肌に見えてきました。午後になって少しガスってきました。


テント泊の受付をして、水を購入してからテン場に向かいます。小屋からは少し離れています。5分くらい登る感じでした。


端のほうに張りました。平日なので空いていますね。


張れる所は多いですが、平らなところが少ない印象です。


会社近くのコーヒーショップ「豆香房」のドリップパックです。水道橋・神保町で珈琲といえば「豆香房」抜きには語れません。


夕方にはガスも晴れました。剣岳と立山の間に沈む夕日が荘厳でした。


月の光が明るい夜でした。明日に備えて早寝しましょう。

*


夜明け前です。周りのテントの方たちも起きだしました。星が綺麗でした。


いよいよ夜明けです。私はこの時間が大好きです。


最高の一日が始まる予感です。雲海を横目に鹿島槍ヶ岳を目指しましょう。


振り返ればずっと遠くの山まで見えます。


気が付けば山頂(南峰)に着いていました。ずっと景色に見とれていたので、そんなに長く感じませんでした。


時間があるので北峰へも足を延ばしました。北峰から見る鹿島槍ヶ岳(南峰)です。


前回は天気が悪かった五竜岳方面の景色が見事です。


雲上のトレイルを歩いて戻ります。


テン場に戻り荷物をまとめて、昨日来た道を戻ります。


標高を下げると見事に雲の中。あたりは真っ白です。


こういう幻想的な雰囲気の道も好きです。歩いていて気持ちよいですね。


チングルマの綿毛が咲き乱れていました。秋ですね~。


何事もなく種池山荘まで戻ってきました。


小腹も空いてきたので、名物の焼きたてピザを頂きました。1枚ペロッと食べちゃいました。熱々でとても美味しかったです。

最後は、扇沢まで下ってバスに乗って長野駅に戻ります。お風呂は、長野駅近くの「アルプス温泉」という銭湯がおすすめです。ちなみに、途中にあるスーパー「西友」でお土産を買うのが定番となっております。

*

普段はワンウェイ登山が多いのですが、今回は久しぶりのピストンでした。ピストンだと、帰り道が想像できるのでタイムが予想しやすく安心感がありましたね。たまにはピストンも良いかもしれません。


それではまた、次の登山で。


日本百名山の「高妻山」に登るべくして戸隠に向かいました。

アクセスはJR長野駅まで新幹線、そこからは路線バスで行きました。初日は時間もあるので五社巡りをしました。


荘厳な雰囲気が漂います。


登山の安全を祈願して。


戸隠神社の奥社へと続く参道には樹齢約400年を超える杉並木が続き、神々しい空気を漂わせています。


歩くだけでも不思議とパワーが湧いてきます。時の流れを感じます。歩いているだけで、身も心も清められていくような時間でした。


今宵の宿(キャンプ場)まで歩いて来ました。


この日は夏休み前の平日なので貸し切りでした。


受付で氷が売っているので、持参したビールを冷やして、、、それでは早速。


どちらの銘柄もすごく美味しかったです。


明日に備えておやすみなさい。




朝食はパンとトレイルバターでサクッと済ませました。トレイルバターは腹持ちが良いのでお薦めです。


戸隠牧場の横を通って登山口に向かいます。(チェックアウトが16時だったので、テントは張ったままで大丈夫でした)


こちらは向かいにある戸隠キャンプ場です。雰囲気がだいぶ違います。天気はなんだか良さそうな予感。


ここがスタート地点になります。


滝のような川の横を登ります。滑らないように注意しましょう。


名水『氷清水』が最後の水場です。キンキンに冷えていてすきっとした飲み心地です。


この水を使ってコーヒーを淹れるツアーがあるくらい有名な水です。


サルがいました。威嚇してくる個体もいたので怖かったです。


無事に登頂しました~。




キャンプ場に戻って、テントを片付けます。今回の装備です。


バスで戸隠中社下車まで移動して(フリーパスがお得なのでぜひ利用してください)、戸隠蕎麦を堪能してから、


神告げ温泉で汗を流して、今回の旅もそろそろ終わりです。バスで長野駅に戻りましょう。

いかがでしたでしょうか?戸隠の独特の雰囲気を楽しめるコースなのでお薦めです。


1泊2日のテント泊で尾瀬を堪能してきました。5歳児でも歩けるコースなので、お子様連れの方の参考になればと思います。
夏休みの思い出に是非行ってみてください。生き物・植物好きのお子さんは大満足すると思います。


まずは尾瀬の玄関口である鳩待峠に行きましょう。マイカー規制中なので車を戸倉の駐車場に止めて、乗合タクシーで来ました。


山の鼻に向けて森の中を進みます。少しアップダウンがありますが、スニーカーでも大丈夫な範囲です。(基本は整備された木道なので)


ギンリョウソウです。薄暗い森の中に幽霊のように現れます。


クダホコリという粘菌です。


ヤマナメクジです。巨大なナメクジでした。山の鼻まででも動植物の宝庫です。




尾瀬ヶ原に出ました。さぁ、ここからがハイライトです。


ずーーっとまっすぐな木道です。とても気持ちいです。ただ、日差しを遮るものが無いので帽子は必須です。


カキツバタです。最初はアヤメと勘違いしていました(恥)


尾瀬ヶ原には大小様々な池があり、美しい風景を引き立てています。こうした水たまりは『池塘(ちとう)』と呼ばれています。


飽きるくらいの木道が続きます(笑)。景色は360度最高です。


モウセンゴケです。食虫植物です。ねばねばで虫を捕まえます。


トンボが見事に捕まっていました。もがいても逃げられません。


歩きやすい道とはいえ、徐々に疲れてきた息子を担ぎます。


竜宮小屋で最後のトイレ休憩です。


ようやく見晴キャンプ場がある山小屋群が見えてきました。


テント泊の受付は燧小屋でします。土曜日でしたが結構空いてました。ちなみにですが、燧小屋では生ビールが飲めます!


妻子はテントで、私はタープで寝ました。意外と寒くなかったので寝袋不要でした。




翌日は薄曇りからスタートです。


前日の晴れから打って変わって雲が幻想的です。


ニッコウキスゲもそろそろ開花し始めました。


昨日とは違う風景を楽しみます。同じ道とは思えません。


7月ですが、けっこう肌寒いです。


雨が降ってきました。カメラをしまったので、これ以降の写真はございません。

いかがでしたでしょうか。写真多めでの紹介でした。晴れても雨でもいろんな表情を見せてくれる尾瀬、おすすめです!


歩いてしか行けない秘湯『三斗小屋温泉』をご存じでしょうか?それは那須の茶臼岳の麓にあります。


三斗小屋温泉は宿が二軒あります。「大黒屋」と「煙草屋旅館」です。そのうちの煙草屋旅館ではテント泊が可能です。
今回は温泉付きテント泊登山をしに、5歳の息子と一緒に行ってきました。



アクセスは公共の交通機関を利用しました。新幹線で那須塩原駅へ。駅前からバスで終点のロープウェイ乗り場まで行きます。


ロープウェイで一気に九合目まで行けます。標高は1,690m。ここから歩き出します。


茶臼岳には登らず、牛ヶ首~姥ヶ平下~沼原分岐~温泉というコースです。


子供と歩く場合、コースタイムの倍はかかるので、4時間ぐらいで考えています。


休憩を多めにとって、虫や花を愛でながらゆっくり歩きました。


天気も上々の中、煙草屋旅館に到着です。着いて早々、虫取りに夢中です。子供は無邪気で良いですね。そして疲れ知らずです(笑)。


こちらが旅館の入り口です。ここだけ見ると普通の温泉宿ですね。


目の前を温泉の川が流れています。源泉なので激熱です。(やけど注意です)


こちらがテント場です。4張りまでの予約制です。


私たちは到着が一番遅かったので少しごつごつしたところでした。


テント場利用者は露天風呂が利用できます。建物の中を通って露天風呂に向かいます。


待ちに待った温泉です。他に利用客がいなかったので貸し切りでした。
ちなみに露天風呂は混浴です。(女性専用の時間帯もありますし、女性は館内の内湯が利用できます)


源泉かけ流しの温泉は最高です。温度の違う浴槽を行ったり来たりして長風呂を楽しみました。


お風呂を楽しんだらテント場に戻ります。水場で冷やしたビールが待っています。


そして、山の夜は静かに更けていきました。




帰りはロープウェイを利用せず、温泉~沼原分岐~峠の茶屋跡~山麓駅前というコースで下山します。


子供と歩くと、のんびり景色を眺める時間が長くとれますね。
コースタイムの半分くらいであっという間に移動するトレイルランニングやファストパッキングも楽しいですが、コースタイムの2倍以上かけて歩くスローハイキングの良さも、今回発見しました。


事故無く、怪我無く、天気良し。三拍子揃った登山でした。息子はこの二日間でとても成長した気がします。

梅雨が明ければ夏山シーズンです。皆様もお気に入りの山を見つけてみてください。

大岳山は奥多摩にある標高1,266mの眺望の良い山です。

今回は武蔵五日市駅からスタートです。駅スタートだとバスの時間を気にしなくて良いので楽です。


まずは日の出山を目指しましょう。標識に沿って進めば大丈夫です。


途中にトイレもあるので安心です。


日の出山に到着です。市街地が一望できます。ここで夜明けを迎えて、朝日を眺めるのも贅沢ですよね。

それでは先に進みましょう。御岳山を経て、大岳山を目指します。


またしても綺麗なトイレがありました。山というより公園のような配慮ですね。


大岳山に着きました。すごく展望が良いです。


富士山を眺めながらのお昼ご飯って素敵ですよね。

下山は馬頭刈山を経由して「瀬音の湯に下ってゴールです。ここの温泉はとろとろのアルカリ系のお湯です。産直も併設しているので新鮮な野菜も買えます。

お風呂で汗を流したら、武蔵五日市駅にバスで戻り、駅前の「kitchen CANVAS」に寄りました。


とてもお洒落で居心地の良いお店でした。ご飯も美味しかったです。

*

山の次は海です。

都心からアクセスの良い逗子駅から歩き始めましょう。ビーチを散歩して、葉山マリーナの横を通って諏訪海岸に到着です。


ここは学研の図鑑「水の生き物」の磯遊びページで掲載されている場所です。


干潮の時間に合わせて遊べます。


小さい子供でも安心です。たくさん捕まえました。


ウミウシ


ナマコ


ウニ


ヒトデ

他にも小魚・カニ・ヤドカリ・イソギンチャクなど、生き物観察が楽しめます。タコもいました。


黄色い箇所を中心に遊びました。すぐ近くにセブンイレブンがあるので、何かと便利です。

海の生き物は連れて帰っても飼えないので、観察して海に戻しました。代わりに、逗子海岸のビーチで綺麗な貝殻を拾って帰りました。

*

山派の方も、海派の方も、(どちらでもない方も)自然に触れてリラックスしてみてはいかがでしょうか。