映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。


赤湯温泉「山口館」の露天風呂に入りたくて苗場山に行ってきました。今年は11月4日までの営業でした。


登山口までのアクセスは越後湯沢駅から路線バスで「二居・田代スキー場前」下車。そこからロープウェイで一気に標高を上げます。


序盤はスキー場のゲレンデを歩きます。上州武尊スカイビューを思い出しました。


振り返るとカッサ湖が見えます。その後、登山道に入っていきます。


2時間くらい歩いたところで苗場山が見えてきました。最後の登りがキツそうです。


ラストの登りをやっつけると、広々とした湿原が目の前に広がりました。草紅葉がとても美しいです。平日だけあって他に登山者がいなかったので、より幻想的でした。


苗場山頂にはとくに眺望はありません。


赤倉山を目指してどこまでも続く木道を進みます。写真では伝わりづらいですが、天国のような景色でした。


人気のない登山道を奥に奥にさらに進むと、クマの糞を多く目にするようになりました。だんだん怖くなってきて、引き返しました。


赤湯までは昌次新道で下りることにします。


温泉までもう少しです。ワクワクしてきました。


最後に川沿いの道を進むと、見えてきました。山奥の一軒宿「山口館」です。


まずは無料の幕営地(テント場)にツェルトを張ります。


そして極上の温泉を頂きました。言うまでもなく最高でした。ほんと贅沢ですよね。ちなみに入浴料は500円です。


左側に見える木の柵は女性専用のお風呂です。(※時間帯によっては男性用・混浴になります)


夜、ツェルトから顔を出してみると、満天の星空に言葉を失いました。山と温泉と星空。病みつきになります (笑)。

<おまけ>

翌日は平標山に登ることにしました。平標山ノ家からの写真です。


仙ノ倉山までのトレイルです。いつかここから谷川岳まで繋げてみたいです。
松手尾根経由で「宿場の湯」に下り、汗を流して路線バスで越後湯沢駅に戻りました。


前回の登山が楽しかったようで、また休みの日に行ってきました。今回は父子二人です。
那須塩原駅まで新幹線を利用しました。息子は新幹線が好きなのでとても喜んでいました。
駅からバスに乗ってロープウェイ乗り場まで行きます。休みの日は道が渋滞するので時間に余裕をもって行きましょう。

ロープウェイ(片道大人1200円、子供600円)に乗れば5分くらいで9合目まで行けます。すでに森林限界を超えています。


だいぶ高度感もあって、ここだけでも十分登山気分を味わえます。

なかなか真剣に歩こうとはしてくれませんが、、、。


それでも話しながら(急かしながら)のんびり歩いていると頂上が見えてきました。カメの歩みでもいつかは着きます。


頂上ではお鉢巡りができます。お昼休憩もしました。


朝日岳方面に向かいます。

 
遠くに赤い屋根の避難小屋が見えてきました。あの分岐を目指します。


だんだん近づてきます。景色も良く、歩きやすい道なので気持ちいです。分岐からは駐車場に下りても良いし、反時計回りでロープゥエイ乗り場に向かうのも良いと思います。


息子は気が付いたら背負子でウトウトしていました。下ろしても起きません。この場所は牛ヶ首の分岐地点です。


私たちは人が少ない高雄口登山道を使って湯元温泉まで下りました。山の上から森の中に入っていく感じがとても面白かったです。植生も変わって興味深いです。


途中のコーヒーブレイク。こういうの大事です。


殺生石にある千体地蔵を通って温泉を目指します。

ゴールは小鹿の湯としました。大人500円、子供300円です。休日は鹿の湯が混んでいるのでオススメです。※源泉は同じです。

那須岳周辺の紅葉はものすごく奇麗なので、是非これからの季節に行ってみてください。

 


まずは丸沼高原スキー場に向かいます。ここからロープウェイに乗ります。往復料金は大人2,000円。未就学児は家族同伴に限り無料です。

約15分で標高2,000メートルです。

セルフタイマーのタイミング合わず(笑)

 

 
初めは林道歩きになります。木漏れ日が美しい道でした。

息子は苔やキノコに興味津々です。

疲れてきたみたいなので背負子に乗せます。私が使っている背負子は「ファウデ Shuttle Base」です。背負子をお探しの方はこちらの記事をご覧ください。

しばらく歩くと森林限界を超えます。

ここからが本番です。

3歳、頑張って歩きました。

どんどん標高が高くなってきます。雲が近いです。

頂上直下で背負子に収納。念のためヘルメットも着用させました。そして、このあと無事に頂上を踏みました。


お昼休憩です。広い場所があるので子連れでもゆっくりできます。大人は食後のコーヒー飲んでまったり。他のハイカーも思い思いの場所でゆっくり過ごしていました。山のこういう雰囲気って好きです。


私たちは山頂から反時計回りに弥陀ケ池方面に下りました。

少し険しい箇所があってヒヤッとしました。心配な方は頂上から来た道を時計回りに戻ると良いかもしれません。

ロープウェイ乗り場前にカフェと足湯があるので下山後のんびり休めます。そして、汗を流したい方は沼田インターの方に車を走らせてください。オススメの日帰り入浴施設があります。

南郷温泉しゃくなげの湯」です。お湯はもちろん源泉かけ流し。野菜の直売所があって、食事のできる広い休憩室があって至れり尽くせりです。沼田市名物「えだまメンチ」是非お試しください!

-

【正社員募集のお知らせ】

当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。
詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。※モバイルページでご覧の方はPC版のTOPにリンクがございます。

息子と一緒に奥武蔵で外遊びしてきました。今回は、「日和田山」でお昼ご飯を食べること、「巾着田」でコーヒーを沸かして飲むこと、この二つだけをあらかじめ決めておきました。

アクセスは池袋から特急で飯能まで。48分で着きます。近くて便利です。日和田山と巾着田へ最短で行くなら飯能駅からバス、もしくは普通列車に乗り換えて高麗駅です。ですがそれだと物足りないので、私は武蔵横手駅から歩きました。


ファウデの背負子に息子を乗せて森の中をテクテク歩きます。子供にはとても刺激的で興味深いみたいです。公園にはない空気を感じてもらえて親としても嬉しいです。


物見山、高指山を経て日和田山へ。頂上から少し下りたところが眺望が良いです。景色が開けた時には歓声を上げていました。


お待ちかねのお昼ごはん。おにぎりもいつもより美味しく感じたのではないでしょうか。


巾着田に降りたらアルコールストーブでお湯を沸かしてコーヒータイム。息子は川に石を投げて遊んでいました。もう少し暖かくなったら川にも入れますよ。魚もいます。


時間もあったので枯枝を集めて焚火もしました。原始的なことほど子供は好きですね。これもなかなか都内では経験できないことかもしれません。

みなさまも是非、奥武蔵エリアでの自然遊びを楽しんでみてください!




テントを背負って2~3日間、山でアウトドア活動をするときに、(なくても平気だけど)これを持っていくと大変重宝するものを紹介します。

1、トレッキングポール

杖でありストックであり呼び方は様々です。あるとないとでは足へのダメージが違います。歩く日数が長ければ長いほどその差は歴然です。

2、カートリッジホルダー

ガス缶安定器です。お湯を沸かす時など、意外と平らな所は少ないんです。そんなときにコレがあると本当に助かります。

3、水筒各種

水が運べればどんなものでも構わないのですが、行動中はソフトフラスクを利用してます。リュックを下ろさなくても飲めるようにフロントポケットに入れます。使わないときは小さくなるので大変便利です。


そして大容量の水パック。水場がないルートなどでも安心できます。最低2リットルあれば安心でしょう。以前は違うメーカーのものを使っていたんですが、縦走中に穴が開いて大変な思いをしたことがあるので、今は丈夫なものを使用しています。ハイドラパック社です。


最後になんでも使えるナルゲンボトル。プロテインシェイカーとして、湯たんぽとして、使い道は様々です。昔、雪山に他のボトルを持っていったら凍ってしまい、蓋が歪んで閉まらなくなりました。ナルゲンの場合はそんな心配も不要です。かなり手荒に使っても壊れません。

4、手ぬぐい

アルプスなど高山に行ったとき、晴れた日の稜線では紫外線がものすごく強いです。耳から首筋までカバーできるので最低1枚は必携します。当然、鼻もかめるし、汗も拭ける。下山後の温泉はこれ1枚あれば大丈夫です。洗っても直ぐに乾くのも嬉しいです。

5、厚底シューズ

ハードな登山靴からミニマルなベアフット系シューズまでいろいろ試しましたが、今のところローカットの厚底シューズが一番疲れないです。ハードな登山靴は安心感がありますが、電車やバス、林道・アスファルトの道ではけっこう消耗します。家を出てからのトータルの行程を考えると、そういった部分が一番長いのも事実です。うす底の靴は身のこなしは軽いですが、石などの突き上げが大変痛いのでテント泊縦走のときは履きません。

いかがでしたでしょうか、少しでも参考になれば幸いです。