映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saitou
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。


出版健保の保養施設は組合員だと1泊6000円(2食付き)で利用できます。2月に箱根の宿「おおたいら」に泊まってすごく良かったので、今度は伊東の「栗穂」に行ってきました。

東京駅から熱海駅まで「新幹線お出かけきっぷ」を使うと往復5,450円でお得です。熱海を散策してから伊東に向かうのも良いでしょう。

熱海から伊東まではローカル線でのんびり行きましょう。車窓から海が見えて旅行の気分を盛り上げます。


伊東駅から激急坂を上って栗穂に到着です。坂道トレーニングに最適でした。朝食前に海岸線をランニング&坂道錬からの朝風呂と思ったのですが、翌朝は雨でした(残念)。


最近建て直したらしくとてもキレイです。


真新しい畳の匂いがする、とても快適な部屋でした。大きな窓からは伊東の町と海が一望できます。

子供連れにはありがたいことに、絵本のラインナップがとてもセンスが良かったです。大人向けの雑誌や漫画もたくさんありました。


夕飯は次から次へと美味しい料理が出てきて、お腹いっぱいで動けませんでした。

他にも軽井沢、日光、京都、志摩、淡路島、天橋立、下田、三浦、越後湯沢、ハワイと日本全国いろんなところにあります。次はどこに行こうか迷ってしまいます~。

そしてビズバレーの社員になると、これらの保養施設が格安で利用できます!

-

【正社員募集のお知らせ】

当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。
詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。※モバイルページでご覧の方はPC版のTOPにリンクがございます。


今回は福島県にある「東北サファリパーク」のご紹介です。一生に一度と言ってますが、私はすでに二回行っています。


他のサファリパークと比べたわけではないですが、のんびりした雰囲気と動物と距離が近いというところに一番の魅力を感じます。

まず、おすすめの一つが「ふれあい広場」です。モルモットやウサギとの触れ合いは一般的ですが、ここではワオキツネザルと触れ合えます。

性格は温厚でとても人懐こいので、小さいお子さんでも大丈夫だと思います。

肩に乗ったりもしてきます。あの柔らかい掌の感触が忘れられません。

次はもう少し強烈です。車で回る「放し飼いエリア」です。

日本ではないような景色です。エサをもらえると思ってどんどん集まってきます。轢かないようにゆっくり進みましょう。

遠くから見るぶんには可愛いですが、巨体でガンガン来るので恐怖を感じます。山で野生動物に会う時と一緒です。動物とは本来そういうものかもしれません。車がボロボロになるので代車の利用をお勧めします。


象にもエサをあげれます。器用に鼻でつかんで食べてくれました。


キリンは車内に首を突っ込んできます。舌がものすごく長くて、エサをあげるとよだれまみれになりました。動物は臭くて汚い(これは人間も含めて生き物全般に言えますね)、動物園で遠くから見てるだけでは感じれないことです。息子は終始ビビッて泣きそうでした。


お口直しに心温まるアシカショーもおすすめです。もちろん至近距離で観られます。

大人も興奮して声が出てしまう場面が多々ありました。いつ行ってもガラ空きなので、弊社ブログでしっかり宣伝しておきました。いやはやなかなかのサファリパークだと思います。



連休を利用して東北に行ってきました。そこで入った秘湯をここでご紹介します。

1、中三依温泉


キャンプ場が併設しています。キャンプをしながら温泉を楽しむのも良いですね。

-

2、日景温泉


2014年に営業終了して、その後再開しました。「東北の草津」とも呼ばれています。

-

3、金沢温泉


茶褐色のお湯が最高の公衆浴場。分かりにくい場所にあるのも秘湯らしい。

-

4、新屋温泉


雄大な岩木山の素晴らしい眺め。お湯は緑色。ぬるぬるふわふわ、温度も丁度良い。

-

5、高湯温泉


安達太良山のお膝元。誇り高き、山のいで湯。400年の時を超えた白い濁り湯。

映像制作スタッフの橋本です。
久しぶりのブログ更新です。

今年の夏と先日、バイクパッキングに行ってきました。

まず今年の夏、伊豆大島に。
夜、竹芝桟橋からフェリーで向かいます。



朝の5時に伊豆大島の岡田港に到着。
早速ここは東京かと思わせるような南国の雰囲気。



その後トウシキキャンプ場へ。
キャンプ場の写真は撮り忘れたのですが、
広々としたきれいなキャンプ場でした。
写真はキャンプ場から見えた夕日。



今回のメインは三原山に行く事だったのですが、
山頂まで行くとガスってて、何も見えませんでしたが、
キャンプ場からはきれいな三原山が見えました。



そして、先日紅葉を見に、奥多摩にある川井キャンプ場へ。
紅葉は残念ながら、あまり見れませんでした。



早速テントを張ります。
昨年から愛用しているモンベルのU.L.ドームシェルターです。



今回一番やりたかった焚き火。
ユニフレームのネイチャストーブです。
焚き火はゆったりとした気持ちになり、アルコールも進みます。



翌日は多摩川サイクルロードを走り都内に戻りました。
写真は福生の辺りから見えた奥多摩三山。
とてもきれいでした。



駆け足で紹介しましたが、みなさまもいかがでしょうか?
これからの時期は少し寒いですが、虫も出ないし、
キャンプ場も空いてくると思いますので、
満喫できるのではないでしょうか?

竹富島で2泊し、石垣島へ戻って一泊します。

石垣島では港からレンタカーで西側を回りました。まずは密かに楽しみにしていたテーマパーク「やいま村」に向かいます。
こちらではリスザルが放し飼いになっているスペースがあり、触れ合うことが出来ます。


餌でリスザルをおびき寄せ、たくさん触れ合いました。手の上に乗る彼らはとても可愛くて時間も忘れはしゃいでしまいました。


さらに北上し沖縄でも有名な景勝地、川平湾へ。透き通るような海に、小さな島々が浮かぶ様子は絵に描いたような絶景でした。


都会の喧騒から離れ、南の島のゆっくりした空気に触れてきました。気持ちも新たに、これからも仕事頑張ります!