映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saitou
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

自宅のデカいスピーカーとアンプを処分したので、部屋が広くなりました。DVDで映画を観るとき&音楽を聴くために小型スピーカーの購入を検討しています。

条件は3.5mmステレオミニが繋げられて、Bluetooth対応であること。あとは、場所を取らない小型であること。もちろん音は良いに越したことはありません。

そんな条件で選んだ候補は下記の3機種です。


・Beats Pill+



・Bose SoundLink Mini



・JBL CHARGE3

すべて2万円でおつりがくる価格帯です。秋葉原のヨドバシで実際に観て聴いた感じではBoseが良さそうでした。実際に購入したらまたレビューしたいと思います。

「ファッション断食」という言葉をご存知でしょうか。一言で説明すると、「服を買わない」ということです。「断捨離」「ミニマリスト」などの言葉に反応する人には興味が湧いてくる言葉ではないでしょうか。

昨年の冬、ある記事でこの言葉を知りました。そして「服を買わない」という簡単そうで難しいチャレンジに強く惹かれました。身体はひとつなのに家のクローゼットにはたくさんの服、下駄箱にはたくさんの靴。そんな状況でもまた新しいモノが欲しくなる。十分持っているのにも関わらずです。

昨年の4月から「吾唯知足」を座右の銘に、「ファッション断食」をスタートしました。ようやく1年が経過したので個人的な感想を書いてみます。

まず断食を始める前のルール決めですが、身に着けるものは一切買いません。当たり前ですが、下着・靴下もです。靴・時計・カバン・帽子などもNGです。かなり厳密に決めました。ここで中途半端に下着はOK、小物はOKと決めちゃうとズルズル買ってしまいそうだったので、すべてダメにしました。

結果はどうだったかというと、11ヶ月を経過した時点でランニングシューズとヘアバンドを買ってしまいました。もう少しで断食終了だったのですごく迷いましたが、これはその時にどうしても必要なモノだったので買いました。

1年間続けられなかったことに後悔はありません。服は1年間を通して一度も買わなかったですし、365日で買ったものは靴一足とヘアバンドのみ。とても達成感はあります。野球で例えると完全試合はダメだったけど、ノーヒットノーランというところでしょうか。

今回の経験を通して知れたことは、『欲しいものを買うのではなく、必要なものを買う』ということです。「欲しいから買う」は買うこと自体が目的になり、実際に買った時点で欲求は満たされてしまい、またすぐ次に違うものが欲しくなります。このサイクルは途切れることがありません。

他にもポジティブな気づきがあったのでいくつかご紹介します。

1.時間が増える
お店に行くことがなくなりました。休みの日に街やショッピングモールをぶらぶらするということもなくなりました。通勤の電車でもモノを検索する時間がなくなり、本を読む時間が増えました。

2.整理整頓ができる
必要ない(着ない・履かない)モノが明確になりました。不要なモノは捨てるか、フリマサイトで売ったので家の荷物がだいぶ減りました。

3.今持っているモノを大事にする
モノが減ったぶん、本当に気に入っているモノ、実用的なモノを大事にするようになりました。今まで以上に愛着も湧きます。

4.お金が貯まる
出費がなくなったのでこれは当然の結果ですね。

5.モノ消費からコト消費へ
貯まったお金で旅行に行ったり、美味しいものを食べたり。今まで以上に体験にお金を使うようになりました。

以上が私個人の感想であります。これを読んでみて少しでも興味がありましたら試してみてはいかがでしょうか。損はないと思います。

-

【正社員募集のお知らせ】
当社では、映像制作の経験がある方を広く募集しています。自らの発想力とコミュニケーション力を映像制作の現場で発揮したい熱意ある方からのご応募をお待ちしております。
詳しくは【人材募集】のページをご覧ください。※モバイルページでご覧の方はPC版のTOPにリンクがございます。



2019年はイノシシ年ですので、イノシシが登場する絵本のご紹介です。是非お子様と一緒に読んでみてください。





「しっかりはしれば」五味太郎


「藤吉じいとイノシシ」椋鳩十、保立葉菜


「うりぼうのごちそうさがし」国松エリカ


「ウリオ」室井滋、長谷川 義史


「いのししの夫婦」浅野薫




お子様のお気に入りの1冊が見つかれば嬉しいです。以上、亥年の2019年に読みたい絵本5選でした。

いつもと違う場所で美味しい生ビールを飲んでみたい。そんな方に朗報です。今回は「東京湾納涼船」のご紹介です。


午後7時15分、竹芝桟橋から出港です。


乗船券とフリードリンク(生ビールとソフトドリンク各種)で2,600円です。私は7月にネットで予約したので2,100円でした。ちなみに、浴衣を着ていると1,000円OFFになるそうです。


海風が気持ち良いです。夜景をつまみにビールが最高に美味しいです。


レインボーブリッジをくぐります。


工場地帯の明かりも幻想的でした。

21時に帰港しまた。真夏のクルージングはあっという間に終わってしまいました。また機会があれば利用したいと思っています。

気が付けば桜も散り、日中は暖かい日が続いています。この時期ついつい忘れがちなのが冬物アウターの洗濯です。クリーニングに持っていけば済む話ですが、何着もあると結構コストがかかります。でもご安心ください。少しの手間で、家でも洗えちゃうんです。


用意するものは家庭用中性洗剤。これだけ。

今回はダウンジャケット×1、ダウンパンツ×1、化繊のアウター×2の、計4着です。


風呂場にぬるま湯をためて適量洗剤を投入。すすぎが大変なので入れすぎ注意です。生地を傷めないように優しくじゃぶじゃぶ洗ってください。


バケツがあればそれでも大丈夫です。


一番大事なすすぎです。洗剤を完全に落としましょう。最低4回はやった方が良いです。


そして乾燥機で乾かします。高温は生地に悪影響なので中温で。テニスボールなどを入れるとダウンが均一になってくれます。

最後に天日干しをして完了です。半日作業になりますが。経済的です。是非お試しください。