映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saitou
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

いつもと違う場所で美味しい生ビールを飲んでみたい。そんな方に朗報です。今回は「東京湾納涼船」のご紹介です。


午後7時15分、竹芝桟橋から出港です。


乗船券とフリードリンク(生ビールとソフトドリンク各種)で2,600円です。私は7月にネットで予約したので2,100円でした。ちなみに、浴衣を着ていると1,000円OFFになるそうです。


海風が気持ち良いです。夜景をつまみにビールが最高に美味しいです。


レインボーブリッジをくぐります。


工場地帯の明かりも幻想的でした。

21時に帰港しまた。真夏のクルージングはあっという間に終わってしまいました。また機会があれば利用したいと思っています。

気が付けば桜も散り、日中は暖かい日が続いています。この時期ついつい忘れがちなのが冬物アウターの洗濯です。クリーニングに持っていけば済む話ですが、何着もあると結構コストがかかります。でもご安心ください。少しの手間で、家でも洗えちゃうんです。


用意するものは家庭用中性洗剤。これだけ。

今回はダウンジャケット×1、ダウンパンツ×1、化繊のアウター×2の、計4着です。


風呂場にぬるま湯をためて適量洗剤を投入。すすぎが大変なので入れすぎ注意です。生地を傷めないように優しくじゃぶじゃぶ洗ってください。


バケツがあればそれでも大丈夫です。


一番大事なすすぎです。洗剤を完全に落としましょう。最低4回はやった方が良いです。


そして乾燥機で乾かします。高温は生地に悪影響なので中温で。テニスボールなどを入れるとダウンが均一になってくれます。

最後に天日干しをして完了です。半日作業になりますが。経済的です。是非お試しください。

先週、「大原日本語学院」の卒業式を撮影してきました。

多くの留学生が日本で学び、次のステージへ巣立っていく姿にとても感動しました。私もニュージーランドでの労働経験があるので、違う言語、違う文化で暮らす大変さはよく分かります。

謝恩会ではバンド演奏もあり、大変盛り上がりました。

世界各国の学生がいましたが、一番多いのは中国からの留学生でした。日本に近いですし、そもそも人口が多い国なので自然とそうなるのかもしれませんね。その中国ですが、今ものすごく注目されています。下記の記事をご覧ください。

中国が知的財産権の「強国」になってきた。世界知的所有権機関(WIPO)が21日発表した2017年の特許の国際出願件数によると、中国が日本を抜いて初めて2位となった。企業別でも中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)など中国勢が前年に続いて1、2位を独占。日本の技術立国の地位が揺らぐなか、知財は米中2強時代になりつつある。(日本経済新聞より)


この記事を読むだけでもビジネスの上で中国語の必然性を感じますよね。英語は出来て当たり前の昨今、次に覚えたいのはやはり中国語だと思います。でも語学はちょっとやればできるものではありません。スポーツと同じで、毎日のトレーニングが大切です。根気強く続ける努力が求められます。


勉強方法はいろいろありますが、ラジオでもインターネットでも勉強できるNHKの「まいにち中国語」のご紹介です。4月からの1年間、表紙を版画家の保立葉菜が担当することになったので、ご縁を感じています。私もこの機に中国語にトライしてみようかと考えていますー。

昨年12月に没後30年を迎えた児童文学作家の椋鳩十(むく はとじゅう)の作品が、絵本になって復刊されます!あべ弘士、村上康成、黒井健ら人気画家を起用し、70年前の物語が現代によみがえります。理論社から「えほん・椋鳩十」全部で5作品です。これは売切れる前に要チェックです!

まずは椋鳩十を知らない方にー。

本名・久保田彦穂。1905年長野県生まれ。大学卒業後教員を経て、児童文学に専念。「片耳の大シカ」で文部大臣奨励賞受賞、「大空に生きる」で未明文学奨励賞受賞、「孤島の野犬」でサンケイ児童出版文化賞国際アンデルセン賞国内賞受賞、「マヤの一生」で赤い鳥文学賞・児童福祉文化奨励賞受賞など。大自然の中で生きる動物の姿をリアルに生き生きと描き出し、それを見守る優しい眼差しの中に生きることの厳しさも捉えている巨匠。動物児童文学のジャンルを築き上げる。

大造じいさんとガン」は小学校の国語の教科書にも載っています。知っている人も多いのではないでしょうか。

5作品の中でも注目すべきは「藤吉じいとイノシシ」です。初めて絵本として単行本化されます。

山の斜面に住んでいる藤吉じいさんは、町で育った一郎にこういいます。「かみさまが、おつくりになったままの姿で生きているやつは、なんだってすばらしいのよ」おじいちゃんと孫とイノシシの、ちょっと変わった出会いのお話。登山や、ハイキング、自然遊びが好きな人は必読の1冊です。

このブログを書いている1月22日は椋鳩十の誕生日でした!すごい偶然です。

皆さま、この前のホワイトデーはいかがでしたか?男性の皆様は倍返ししたのでしょうか。

ホワイトデーは3月14日ですね、3.14とも書いたりします。この3.14どこかで見た気がしませんか?そうです、円周率の「π」です。今は3で計算するらしいですが、僕が子供のころは3.14で計算してました。そして延々と果てしなく続く小数点以下を暗記させられたりもしました。

この円周率についてTIMEで面白い記事が出ていたので紹介します。
"Find Your Birthday Hidden in Pi"

この記事によると「πの中には必ずあなたの誕生日が存在する」ということです。

びっくりしました!

この計算機が小数点以下何桁目にあるかもご丁寧に教えてくれます。

ぜひ、試してみてください。あなたの誕生日もきっと見つかります。