映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saito
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

最近「サイド・バイ・サイド」という映画を見たのですが、
とても考えさせられる映画だったので、少し感想を書いてみたいと思います。

「サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ」

キアヌ・リーブスがプロデューサーを務める現在公開中の映画ですが、タイトルにもなっている通り
フィルムからデジタルシネマへの変遷をドキュメンタリーにした作品です。

現在作られている映画は、ほとんどが既にデジタルで作成されていると思っていましたが、
実はそうではなく、今現在まさに変遷の真っただ中だということに驚きました。

フィルムとデジタルシネマのメリット、デメリット、そしてそれぞれの想いを、
映画監督、撮影監督、編集、カラリスト、配給、機材メーカーなどへ、キアヌ・リーブスがインタビューするという形で描かれています。

100年続いたフィルムの歴史、培ってきた芸術性を捨てデジタルの可能性に道を見出す人達。
デジタルには出せない、フィルムならではの奥行きや質感を求めてフィルムにこだわり続ける人達。

フィルムかデジタルか…

映画制作に関わる様々な人達の想いが、芸術面・技術面双方から描かれています。



フィルムとまではいきませんが、デジタル社会を生きる私達の身近でも似たような現象は起きています。

ここ何年かの間で、私達の身近な記録メディアは大きく変化してきました。
カセットテープからMD、CDへ。そしてMP3などのデータ形式へ。
同じことが映像メディアでも起こり、ベータカムやVHSなどの記録媒体が姿を消しつつあります。

メーカーの生産中止やデータ形式の変化により以前の映像や音楽が再生できなくなる…

弊社でもVHSやMini-DVから、DVDやBDへのデータ変換を請け負っていますが、
何年か先にはDVDを別のメディアへ返還する業務が加わっているかもしれません。。

画質が上がるにつれてデータ量が大きくなり、記録媒体もより大容量のものへ変化しています。

しかし、大型テレビが普及する半面、スマートフォンなどの小さな画面での再生も考慮しなければならない…

記録としての映像、誰かに伝えるための映像、エンターテイメントしての映像…
目的に合わせて映像の作り方、撮影機材の選び方も違ってきます。

この辺りでちょっと映像制作の意味みたいなものを考えてみようかな・・・

と。映画の感想からだいぶ離れてしまいましたが、徒然とこんなことを考えてしいました(-∀-`; )

そんな映画です。
みなさまもぜひ。

私は、普段 仕事ではコンタクトレンズを付けていますが、自宅や近所に出るときは、いつもメガネを掛けています。最近、ふともう一つメガネが欲しいと、そして、ちょうど良いと思い、PC用に加工されたメガネを作ってもらいました。PC用メガネは、目が疲れにくいそうで、実際、掛けてみると目につき刺さるようなモニタの光が、緩和されます。ただ、レンズに「色」が付いていたので、そう感じるのかもしれません。

PC用メガネには、レンズに「色付き」と「色なし」があるようです。説明を受けたときは、色が少し入りますと「だけ」案内されて、「そういうものなんだ」という認識でしたが、後から調べてみると、種類があるようで、、ちょっと失敗したかなと、お店によって違うのかもしれません。

実際、どの程度違うか、通常のメガネと、色付きPC用メガネを比べると、このような感じです。
上がPC用メガネで、下が普通のメガネです。

PC用メガネと普通のメガネ

結構、違いますよね。少しブラウンがかった色が付いて、色ズレを気にするグラフィックスをやる方は、少し考えてしまうかもしれませんが、個人的には使いやすいと思います。プログラムを書く人には、特にお勧めです。

そういえば、話は変わりますが、色ズレで1つ思い出しました。Mac OSX 10.5(Leopard)までは、Windowsとのガンマ値が2.2(win)、1.8(mac)と異なっていました、知っていましたか?。どういうことかと言うと、Mac上のモニタで色を合わせると、Windowsでは色が薄暗くなり、逆にするとMacでは明るすぎるという、Webデザインをする人にとっては、困った状態がずっと続いていました。つまるところ、MacとWindowsで共通の色を表現できなかったんですね。Mac OSX 10.6(Snow Leopard)からは、Macもガンマ値がデフォルトで2.2となり、問題はなくなりましたが、色ってなかなか難しいものです。

PC用メガネは、色がついている方が、体感して違うことが分かるので、気になる方は、実際に見比べてみるといいかもしれません。

j.hashimoto
継続は力なり
2012年11月22日 j.hashimoto

映像制作スタッフの橋本です。

先日企業VPの撮影で友人のレストランに撮影に行きました。
普段ビジネスマンの働くオフィスでの撮影はあっても、
レストランは初めてだったので、少し不安でした。

撮影は初日の営業後の深夜と次の日の2日間やったのですが、
友人が協力的で、良い画が撮れたと思っています。
そして、途中友人から『一緒にものづくりができて良かった』と言われました。

自分は映像の専門学校を出て、10年以上になりますが、
現在も同じ仕事をしている人はごく僅かになってしまいました。
友人も料理の専門学校を出てから、その道一筋です。

時にはしくじることもあり、ちょっぴり悲しい時もありますが、
その言葉をもらい、続けてきて良かったなと思いました。
初日の撮影終了後少しお酒も入っていたので、ほろっときそうでした。

シェフである友人は肉や魚を素材として、調理し、
お客様に最高の料理を提供します。
自分は今回撮影した友人のお店や料理を素材として、
大事に編集し、レストランの最高のプロモーションになるよう
頑張りたいと思います。