映像制作 eラーニングのことならビズバレー
文字サイズの変更 標準 
大きい
ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
k.takahashi
k.taguchi
j.hashimoto
j.katou
y.hotate
m.kawai
s_inomata
t.saitou
ビズバレーは、東京都 千代田区で活動する、映像制作、DVD、eラーニングを扱う会社です。

「早起きは三文の徳」という言葉の意味を理解するのに随分と時間がかかりました。朝の時間を有効に利用することが、このストレス社会を健康に生き抜く秘訣ではないでしょうか。休みの日に午前中だけ使ってトレラン・温泉・グルメと楽しんでみました。

まずは早朝の電車で小田急線渋沢駅に行きます。どれだけ早い時間に行けるかが勝負の分かれ道です。そこからバスに乗って15分。終点の大倉に到着です。準備体操して水を補充して出発です。トイレもありますのでご安心ください。


2時間もあれば頂上に到着です。写真を撮って少し景色を楽しんだら、来た道を一気に下ります。



帰りは眼下に広がる絶景を楽しみながら下りましょう。もちろんハイカー優先でお願いします。

大倉のバス停に無事に降り立ったらバスには乗らずお風呂屋さんまで走ります。「湯花楽」がゴールです。渋沢駅近くに人工温泉があるなんて知りませんでした。


駅に戻る途中でラーメンの名店「なんつッ亭」に寄ってください。初めて食べましたがとても美味しかったです。癖になる味です。ごちそうさまでした!

11年前の冬、初めて一人登山したのが塔ノ岳でした。当時はものすごく大変な思いをした記憶があります。今となってはあっけないくらい簡単な山でした。皆様も半日使って丹沢エリアで汗をかいて楽しく過ごしてみてください。

今回はキャンプと温泉が一緒に楽しめる最高の場所のご案内です。場所は栃木県にあります。鬼怒川温泉駅よりもう少し先の「中三依温泉駅」で下車してください。


アクセスは特急「リバティ会津」で北千住から乗り換えなし、渋滞なしで楽チンです。


キャンプ場は駅から歩いてすぐの場所にあります。


男鹿の湯」が受付場所です。土日でしたが空いてました。


すすきが綺麗なフリーサイトに張ります。元はスキー場だったようです。


タープのポールを忘れたので枯枝をつなぎました。これもキャンプの醍醐味です。


温泉は滞在中何度でも入れます。浴室に入るとほんのりと硫黄の香りがします。温度も丁度良くて冷えた体を温めてくれます。そして最高なのが風呂上りに生ビールも飲めちゃいます。ご飯を作るのが面倒な人はここで食事もできます。


眩しいくらいの月明かりの下で贅沢な時間が過ごせます。


ガス缶を持ってきてないので焚火と炭火の火力で料理を進めていきます。ガスに比べれば不便ですが、これもまたキャンプの醍醐味です。


翌朝、テントはびしょびしょでした。結露が凄かったです。ですが、天気が良いのですぐに乾きます。


忘れたころに電車が通ります。雰囲気のあるローカル線です。電車好きの息子は大喜びでした。


すぐそばに川もあります。夏場はここで盛大に遊べそうです。


帰る前にもう一度温泉を楽しんで、お昼ご飯は手打ちそば。とても美味しかったです。


正直、1泊じゃもったいないです。みなさまも是非行ってみてくださいね。

10月の晴れた日に北アルプスを歩いてきました。日本百名山の「焼岳」です。上高地からも登れますが、私は一筆書きで歩きたかったので今回は中の湯スタートにしました。(※上高地から登ってきた人と話しましたが、中の湯ルートの方が景色が綺麗でオススメだそうです)

頂上までは青空と紅葉のコントラストが美しい道でした。コンデジのSDカードを忘れたので写真はないです(涙)


山頂ではとりあえずスマホで写真を撮りました。


火口です。迫力満点でした。


次の日に登る「笠ヶ岳」が遠くに見えます。


活火山なので硫黄の匂いがもくもくです。これは温泉も期待できそうです。


気持ちの良い道を下って中尾キャンプ場まで行きます。


着きました。登山者専用のサイトです。一人1,500円でした。


ここのキャンプ場の売りは温泉があることなんです。朝から晩まで入り放題です。(※実際は日の出から22時まででした)


もう最高以上のなにものでもありません。ただただ癒されました。


そしてこの源泉を利用して温泉卵まで作れちゃいます。


私は後生大事に生卵を持参してきました。出来たての温泉卵は本当に美味しかったです。


夜は星を見ながら贅沢な気分で入れます。幸せで言葉になりません。

山と温泉とキャンプが十分すぎるほど満喫できるこのコース。ぜひ皆様もお試しください。登山をしない方は平湯温泉経由でバスで来れますよ。

翌日は笠ヶ岳に登ってきました。詳細はこちら

みなさまは「那須町野外研修センター」を知っていますか?私は何回もリピートしているおすすめのキャンプ場です。標高700メートルで那須の大自然を満喫できます。

まずはアクセスから。今回は電車とバスで行く方法をご案内します。JR那須塩原駅が起点になります。ここから「那須どうぶつ王国」までの無料送迎バスがあります。キャンプ場のチェックインまでの時間、動物王国を楽しんじゃってください!

そして動物王国から20~30分歩けばキャンプ場に着いちゃいます。道も1回右折するだけなんで簡単です。しかも途中に「那須高原ジャージー農場」がありまして、ここのイチゴスムージーは本当に絶品なので死ぬまでに1回は食べたほうが良いです。


キャンプ場は広くてきれいです。テントサイトはなんと1泊100円。那須町民は50円です。テントサイトは少し離れた所にあるので静かにやりたい人向きです。
今回は大人数だったのでバンガローを借りました。トイレと洗面所もありまして綺麗です。お値段は定員10名で10,000円。一人1,000円です。安いです。


敷地内に綺麗な川がありまして、夏なら水遊びができます。


小魚もいます。浅いので小さい子供でも安心です。


大人数だったので広場でわいわいやりました。


旅行したときはなるべくその土地のビールを頂くようにしてます!とても美味しかったです~。

車で行く方は近くに温泉もたくさんあるので是非行ってみてください。おすすめ1つ目は小鹿の湯。

ここは那須温泉で全国的に有名な"鹿の湯"から源泉を引いています。みんな鹿の湯に行くのでいつも空いています。

おすすめ2つ目は。北温泉。

これプールじゃなくて混浴露天風呂です。もちろん内湯も充実しているので安心してください。

羽田空港からわずか55分で着いてしまう八丈島のご紹介です。飛び立ってすぐに着陸態勢に入る、まさにそんな感じでした。


キャンプが好きな人は「底土キャンプ場」に行ってみてください。広い芝生のキャンプ場で、炊事場やトイレもすごく綺麗です。ゴミ捨て場の分別も分かりやすく整然としています。今回は台風の接近に備えて風が通らないところに設置しました。


ちなみにこれが前回行った時に張った場所です。海が見えて気持ちいいですね。

八丈島の魅力の一つは温泉です。泉質がとてもユニークです。


僕が一番好きなのは「ふれあいの湯」です。底土キャンプ場からも一番近いのでおすすめです。


「やすらぎの湯」 は無色透明でした。こじんまりとして好きです。他にも「みはらしの湯」は眺めが壮大なので観光客には一番の人気です。


乙千代ヶ浜(おっちょがはま)はプールや小さな池がつくられており、磯遊びの場所としても子供のプール遊びとしても面白い場所です。




八丈富士の中腹に広がる「ふれあい牧場」では黒毛和牛やジャージーが放牧されています。また、牧場内の展望台からは島の中心部が見渡せて圧巻です。美味しいアイスやプリンも食べられます!


3泊4日の旅行でしたがあっという間でした。またいつか行ける日が来ますように。